IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2022年1月15日(土)

11R

2022年1月15日(土) | 1回中京5日 | 15:35発走

第59回愛知杯(GIII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)牝(特指) ハンデ | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアンドヴァラナウト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.58.2

昨年の秋華賞(G1)で0秒2差の3着に好走。現4歳牝馬トップクラスの能力を誇り、デビューから(3.3.1.0)と複勝圏を外していない。中京2000MはローズS(G2)を快勝した舞台で、適性は証明済み。2つ目のタイトルを獲得し、さらなる飛躍を狙う。

○対抗はマジックキャッスル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.7

昨年の当レース勝ち馬。秋華賞(G1)2着、ヴィクトリアマイル(G1)3着とトップ戦線でも上位争いしており、このメンバーでは実績上位の存在だ。前走・府中牝馬(G2)は15着と振るわなかったが、蹄の不安で調整が難しかった印象。立て直しての巻き返しを期待したい。

▲単穴はシゲルピンクダイヤ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.00.0

前走・中日新聞杯(G3)は10番人気の伏兵だったが、0秒2差の3着に健闘。ハミを換えた効果がてきめんで、牡馬相手に差のない競馬を見せた。一昨年の中日新聞杯でも2着したように、中京2000Mへの適性が高く、引き続き注目したい。

△抑えはアナザーリリック。△穴はマリアエレーナ。


今週のワンポイントアドバイス

連覇濃厚、マジックキャッスル


変則日程の正月競馬を経て今週からレギュラー日程に戻り、冬の小倉競馬がスタート。中京、中山と合わせ3重賞競走が行われる。

土曜の注目は牝馬による伝統の愛知杯。ここでは暮れの12月から1月に移行して行われた過去6回のレースを参考に傾向を見てみたい。

レースは18、15、18、14、16、18頭立て。連対馬は8−5、1−10、6−11、8−1、9−5、2−6番人気の組み合わせで決まった。上位人気は1〜3番人気は2、1、0連対と絶望的な成績で、6番人気以下から7頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3000円台...1回
4000円台...1回
7000円台...1回
万 馬 券......3回

3けた配当に収まったことはなく、すべて3000円以上の高配当で決着。2016、18、20年には1万円台の万馬券が飛び出している。仕上げが難しい厳寒期に加え、牝馬のハンデ戦ということで馬券をさらに難しくしている。

一方、3着に4、6、1、4、11、8番人気が入線した3連単配当は、34万、12万、12万、9万、59万、7万円台。こちらも6回中4回で12〜59万馬券となる大荒れ。穴党にはワクワクするG3となっている。

連対馬10頭のクラス別は、重賞組8頭、オープン特別組1頭、3勝クラス組1頭、2勝クラス組2頭。ハンデ戦らしく下級条件からの健闘も見られるが、ここ3年はすべて重賞組。

ステップ(着順)はターコイズS(10、5、6、7着)組が4連対。次いで、エリザベス女王杯(11、5、8着)組3連対の順。今年はターコイズS組からの出走はなく、エリザベス女王杯組から2頭が参戦する。

年齢別は明け4〜7歳以上馬が2、6、3、1連対。連対率はそれぞれ11、17、9、9%。5歳馬が世代をリードしているが、ほかはほぼ横一線となっている。

関東馬は3勝、2着3回、関西馬が3勝、2着3回。所属別は気にする材料にはならない。

連対馬のハンデは(55.5、50)(53、52)(54、51)(54、55)(56、53)(54、54)キロの組み合わせでゴール。55キロ以上の斤量馬は12頭中3頭と少ないが、6回中半数の3回で連に絡んでいる。

また、トップハンデ馬は1、(12、13)、3、(2、6、12)、1、(6、11)着の成績。4頭が馬券圏に好走しているが、その時の人気は8、1、1、9番人気と両極端に分かれていた。ちなみに、今年のトップハンデはルメール騎手騎乗の56キロのマジックキャッスルだ。(たま)


◎......昨年の覇者マジックキャッスルを本命に推す。前走の府中牝馬Sはまさかの15着。敗因は判然としないが、一昨年の秋華賞から5戦連続で重賞3着以内に好走していた馬の走りとは思えなかった。ひと息入れて立て直し、本来の力を発揮できれば連覇は濃厚だ。

○......アンドヴァラナウトは昨秋この舞台でローズSを圧勝。6番手から直線抜け出す横綱相撲を見せた。前走は3着に敗れたが、ゴール寸前までしぶとく勝ち馬に食い下がった。まだ(3.3.1.0)と底を見せておらず、明け4歳馬で伸びシロも十分にある。

▲......シゲルピンクダイヤは秋初戦の府中牝馬Sで10着と伸び切れなかったが、前走の中日新聞杯で0秒2差の3着。スローの流れに恵まれた面もあるが、あと一歩で悲願のタイトルに手が届くところまできた。もともと桜花賞2着の実力馬。大駆けに期待する。

△1......マリアエレーナは格上挑戦の新潟牝馬Sを快勝。軽量51キロも利いたが、馬場の真ん中から抜け出して後続の追撃を封じた。中京は(2.2.1.2)と好相性で、この距離も2勝、3着1回と複勝率100%。ただ今回はG3で相手強化、2キロ増の斤量も鍵となる。

△2......ソフトフルートは3勝クラス勝ちの後、3戦連続で重賞に出走して8、2、4着。前走エリザベス女王杯は11番人気の低評価ながら、後方からメンバー2位の上がりで0秒4差まで追い上げた。展開と馬場の助けが必要だが、この舞台は3戦3勝と得意だ。

△3......デゼルは昨春に阪神牝馬Sを制して重賞初制覇。秋初戦の府中牝馬Sは休み明けで末脚不発だったが、エリザベス女王杯で0秒6差の8着と健闘した。55.5キロのハンデは見込まれたが、阪神牝馬Sでマジックキャッスルを下した決め手は侮れない。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 ルビーカサブランカ      
1 2 マジックキャッスル
2 3 ウインアグライア        
2 4 マリアエレーナ  
3 5 クールキャット        
3 6 アンドヴァラナウト
4 7 スライリー        
4 8 アイコンテーラー        
5 9 ソフトフルート  
5 10 アナザーリリック    
6 11 カセドラルベル        
6 12 デゼル      
7 13 ラヴユーライヴ      
7 14 ホウオウエミーズ        
8 15 シゲルピンクダイヤ  
8 16 ラルナブリラーレ        

買い目

大多6=2 6=15 6-4 6-10 2=15
綾恵2=6 2=9 2-1 2-10 6=9
ナベ15=2 15=6 15=4 15=9 15=13
たま2=6 2=15 2=4 2=9 2=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。