IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2022年1月16日(日)

11R

2022年1月16日(日) | 1回中山6日 | 15:45発走

第62回京成杯(GIII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:4000、1600、1000、600、400万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアライバル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走・新潟2歳S(G3)は外から追い込んで小差2着。勝ち馬セリフォスは次走・デイリー杯2歳S(G2)を制し、朝日杯FS(G1)でも2着に入っている。追って味があるタイプで、距離延長はプラスになりそう。休養を経て心身とも成長しており、タイトル獲得の期待は十分とみる。

○対抗はテンダンス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.01.9

デビュー2戦目で勝ち上がると、前走・東京スポーツ杯2歳S(G2)は強敵相手に3着。半兄スズカコーズウェイ、カデナが重賞勝ち馬で、本馬もまだまだ奥がありそうだ。中山コースは初だが、前走で長距離輸送は克服済み。小回り向きの先行力もあるため、引き続き上位争いになっていい。

▲単穴はオニャンコポン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.7

新馬、百日草特別(1勝クラス)と連勝。前走・ホープフルS(G1)は11着と振るわなかったが、熱発明けで本来のデキではなかったようだ。好位で運ぶレースぶりは安定度が高く、メンバー唯一の2勝馬。巻き返しを期待したい。

△抑えはヴェールランス。△穴はホウオウプレミア。


今週のワンポイントアドバイス

堅実な末脚で重賞V、テンダンス


皐月賞と同じ舞台を試走したいと東西から明け3歳の精鋭が集結。例年ハイレベルの激戦が繰り広げられる。冬場の中山開催らしく、力のいる馬場状態となり、時計のかかるレースになっている。過去10年のデータを参考にレース傾向を見てみたい。

連対馬は2−5、7−5、5−1、3−1、5−7、1−7、1−2、4−2、7−1、1−2番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は6、4、1連対とほめられた成績とはいえず、代わりに7番人気から4頭が連対している。

馬連配当は
3 け た......2回
1000円台...3回
2000円台...3回
4000円台...1回
7000円台...1回

2016年に5、7番人気で決まった7460円が最高配当。能力比較の難しい明け3歳戦でも波乱は起こっていない。特にここ5年は1、2番人気がそろって連から外れたことはなく、すべて3000円未満に収まっている。

一方、3着に1、9、4、6、2、3、6、7、6、6番人気が入った3連単配当は、1万、16万、4万、1万、7万、2万、1万、2万、6万、1万円台で決着。13年に16万馬券が飛び出したが、その後は荒れても7万8050円止まり。近年は10万円を超えるような高配当は出ていない。

連対馬20頭のクラス(着順)別は、重賞(2、4、7、3、5着)組5頭、オープン特別(5着)組1頭、1勝クラス(1、1、1、2、1、2着)組6頭、新馬(全馬1着)組4頭、未勝利(全馬1着)組4頭。格上のオープン組の連対はわずか6頭で、14頭は1勝クラス以下からの連対馬。特にここ5年は10頭すべてを条件組が独占している。

路線別は葉牡丹賞組が4連対と好相性を見せているが、今年この組からの出走はなく、特に強調できるステップはない。

キャリア別は1〜5戦馬以上馬が、4、3、10、2、1連対。連対率はそれぞれ20、9、25、15、3%。キャリア3戦馬が10連対と好成績を残しているが、1戦馬の4連対はここ3年で記録したもの。キャリアが浅いというだけで切り捨てるのは危険か。

所属別は関東馬93頭、関西馬47頭、地方馬2頭で争い、14、5、1連対。連対率は15、11、50%。ホームで戦える関東馬が断然有利という数字が出ている。(たま)


◎......テンダンスはデビュー戦を飾れなかったが、2戦目の未勝利戦を5番手追走からメンバー最速の上がりで4馬身差の圧勝。前走・東京スポーツ杯2歳でも直線内から鋭く伸びて3着を確保した。半兄カデナは弥生賞馬。重賞初制覇で春のクラシック戦線に弾みをつける。

○......ヴェールランスは新馬勝ちの後、レコード決着のエリカ賞でクビ差の2着。直線内から一旦先頭に立ったが、ゴール寸前で勝ち馬の決め手に屈した。とはいえ、1分59秒7の走破時計は優秀でレース内容も文句なし。重賞奪取を決められるか。

▲......サンストックトンはデビューから2、2、1着。初勝利に3戦を要したが、前走は中団追走から危なげなく差し切った。2走前の走破時計2分0秒7は同日のオープン特別・芙蓉Sを0秒2上回る好タイム。このメンバーでも互角に戦える決め手を秘めている。

△1......アライバルは2着馬がその後2連勝する新馬戦を2馬身半差で楽勝した。前走・新潟2歳Sは0秒2差の2着に敗れたが、後の朝日杯フューチュリティS2着馬を相手に大きく崩れていない。ハービンジャー産駒で加速に時間がかかる分、距離延長も歓迎だ。

△2......ホウオウプレミアは札幌芝2000Mの新馬戦をメンバー最速の上がりで差し切り勝ち。前走・百日草特別は2着で連勝はならなかったが、ラスト3ハロン33秒1の決め手を見せた。19年に2億7000万円で落札された高馬。この一戦が試金石となる。

△3......ロジハービンはでデビュー戦をクビ差で逃したが、2戦目の中山芝2000Mを半馬身差で快勝。勝ち時計は目立たないが、直線馬群をさばきながら伸びるレースぶりに勝負強さが伝わる。526キロの大型馬が使われるごとに良化。荒れた今の中山の馬場も合いそう。

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 ニシノムネヲウツ        
1 2 トゥーサン      
2 3 フジマサフリーダム      
2 4 ヴェールランス
3 5 アライバル  
3 6 ルークスヘリオス        
4 7 タイセイディバイン        
4 8 ヴェローナシチー      
5 9 オディロン        
5 10 オニャンコポン      
6 11 テンダンス
6 12 サンストックトン    
7 13 トーセンヴァンノ        
7 14 ホウオウプレミア  
8 15 ロジハービン    
8 16 テラフォーミング        

買い目

大多5=11 5=10 5-4 5-14 11=10
綾恵14=5 14=4 14-8 14-11 5=4
ナベ4=11 4=15 4=2 4=3 4=12
たま11=4 11=12 11=5 11=14 11=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。