IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年7月4日(日)

11R

2021年7月4日(日) | 3回小倉2日 | 15:35発走

第57回CBC賞(GIII)

芝・右 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 |

予想

◎本命はヨカヨカ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.07.9

今年のフィリーズレビュー(G2)2着馬。次走の桜花賞(G1)は大敗したものの、前走・葵Sでハナ差2着と巻き返しに成功した。1週前に栗東坂路で一番時計をマークするなど、この中間も好調キープ。実績のある小倉1200M(2戦2勝)で軽ハンデ51キロとなれば、初タイトル獲得のチャンス大とみる。

○対抗はピクシーナイト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走・NHKマイルC(G1)はハイペースの逃げで失速(12着)。年明けのシンザン記念(G3)勝ちなど1600Mでも結果を出しているものの、現状は短距離戦が合っている印象だ。ひと息入れて立て直され、追い切りの気配は上々。平坦・小回りの小倉コースなら押し切る場面もありそうだ。

▲単穴はタイセイビジョン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.09.5

ここまで重賞2勝の実績。前走・京王杯スプリングC(G2)は出遅れに加え直線でもスムーズさを欠き、12着と不本意な結果に終わった。休み明けをひと叩きされてデキは上向き。1200Mは久々だが、函館2歳S(G3)2着と対応できる下地はある。トップハンデを克服して巻き返したい。

△抑えはメイショウチタン。△穴はビオグラフィー。


今週のワンポイントアドバイス

◇小倉11R・CBC賞


クリノアリエルは格上挑戦になるが、2月に小倉の大濠特別を勝った1分7秒0は持ち時計でメンバー中トップ。その後、惜敗が続いたものの、末脚はかなり切れる。ハンデは軽量50キロ。展開が向けば一発ある。(シン)

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 タイセイビジョン
2 2 メイショウケイメイ        
3 3 ファストフォース        
4 4 クリノアリエル      
4 5 クーファウェヌス        
5 6 ビオグラフィー
5 7 プリカジュール        
6 8 メイショウチタン  
6 9 ヨカヨカ
7 10 アウィルアウェイ  
7 11 ピクシーナイト    
8 12 メイショウカリン        
8 13 ノーワン        

買い目

大多9=11 9=1 9-6 9-8 11=1
綾恵1=9 1=8 1-6 1-10 9=8
ナベ6=10 6=9 6=1 6=4
たま11=10 11=9 11=1 11=6 11=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。