IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年4月11日(日)

11R

2021年4月11日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第81回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

予想

◎本命はソダシ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.1

希少な白毛馬がデビューから4連勝。前走・阪神ジュベナイルF(G1)では抜け出したかに見えたサトノレイナスを差し返し、無敗のまま2歳女王の座に輝いた。デビュー2戦目の札幌2歳S(G3)でレコードをマークし、3戦目のアルテミスS(G3)では上がり勝負にも対応。トライアルをパスして本番に直行するローテーションは近年のトレンドでもあり、白毛馬初のクラシック制覇に期待がかかる。

○対抗はサトノレイナス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.33.1

新馬戦、サフラン賞(1勝クラス)と2連勝。前走・阪神ジュベナイルFで2着と初黒星を喫したものの、勝ち馬ソダシとハナ差の接戦を演じ、世代トップクラスの力をアピールした。昨年のクラシックで活躍したサトノフラッグ(皐月賞5着、菊花賞3着)の全妹で、父ディープインパクト譲りの末脚が持ち味。逆転で戴冠のシーンも考えておくべきだろう。

▲単穴はアカイトリノムスメ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.3

デビュー2戦目で勝ち上がると、赤松賞(1勝クラス)、クイーンC(G3)と3連勝。父ディープインパクト、母アパパネという3冠馬同士の配合から誕生した超良血馬が、期待通りクラシックに駒を進めた。この中間は抜群の動きを見せており、デキは更に上昇気配。スタートや長距離輸送など課題はあるものの、克服できるだけのポテンシャルは秘めていそうだ。

△抑えはファインルージュ。△穴はソングライン。


今週のワンポイントアドバイス

夢一発、ソングライン


過去10年、連対馬は2−1、2−4、7−2、1−2、5−7、3−2、8−3、2−1、2−7、2−1番人気の組み合わせで決まった。1番人気は4連対とアテにならないものの、2番人気が8連対と期待に応え、3番人気も2連対。上位人気としての信頼度は高い。

馬連配当は
3 け た......4回
1000円台...2回
3000円台...1回
4000円台...1回
7000円台...1回
万 馬 券......1回

上位1、2番人気絡みの2000円未満で堅く収まったケースが6回ある一方で、2017年には8、3番人気のワンツーで1万7000円の万馬券が飛び出す波乱。伏兵馬の食い込みも視野に入れておきたい。

一方、3着に4、3、14、5、8、6、1、3、3、9番人気が入った3連単配当は、5880円、2万円台、67万円台、2540円、23万円台、2万円台、9万円台、3780円、3万円台、4万円台。4けた配当も3回あったが、13年に67万9300円、15年に23万3390円の万馬券となる大荒れ。例年多頭数で行なわれるだけに、人気薄馬の食い込みに警戒したい。

連対馬のクラス別はG1組2頭、G2組4頭、G3組12頭、オープン特別組2頭。20頭中18頭が重賞組で、オープン特別組以下は苦戦し、3着を見てみても10頭すべてが重賞からの臨戦馬となっている。

ステップは本番と同じ舞台で行なわれるチューリップ賞組が【5.7.6.28】と好相性。13、15年に1〜3着を独占するなど、他路線を圧倒している。ただ、チューリップ賞1着馬に限ると14年のハープスターを最後に優勝はない。トライアル同着で駒を進めてきたエリザベスタワーとメイケイエールにはちょっと気になるデータとなっている。

ほかではクイーンC組が【0.2.1.15】。チューリップ賞組ほど活躍はないが、馬券圏を確保した3頭はすべて1着馬。良血馬アカイトリノムスメには追い風となる。なお、フィリーズレビュー組も【1.0.2.53】の成績を残しているが、3着以内の3頭はいずれも1着か2着馬。3着以下から挑戦する馬は割引対象になる。

キャリア別は2〜7戦以上馬が5、26、44、46、31、26頭出走して1、8、7、2、2、0連対。連対率は20、31、16、4、6、0%。昨年、新馬→エルフィンSを制したデアリングタクトがキャリア2戦で勝利を飾ったが、これはレアケース。基本的には3、4戦馬が有力で、キャリア過多の7戦以上は連に絡んでいない。

また、東西対決は関東馬65頭と関西馬113頭で争って、4対16。連対率はそれぞれ6、14%。関西馬が関東馬を圧倒しているが、18、19年にアーモンドアイ、グランアレグリアと関東馬が連勝。今年大挙して西下するアカイトリノムスメなど9頭の関東馬にとっては心強いデータとなっている。

毎年フルゲートの18頭立て(17、18年は3、2番取り消し)の多頭数戦で、枠順も気になるところ。枠番別の成績を調べてみると、
1枠【0.1.1.17】
2枠【0.0.2.17】
3枠【1.1.0.18】
4枠【3.1.0.16】
5枠【3.0.4.13】
6枠【0.2.1.17】
7枠【2.2.1.25】
8枠【1.3.1.25】
(1、2、3着、着外)

内の1〜4枠は7連対(4勝2着3回)、外の5〜8枠が13連対(6勝2着7回)。競馬は内枠有利が定説となっているが、桜の女王を決める舞台は外枠が内枠をリード。3着を見ても3対7となっている。2歳女王ソダシは内枠不振の傾向を打破できるかがカギとなる。

最後に種牡馬に注目すると、ディープインパクト産駒が抜けている。過去10年で【5.4.2.28】の成績で、11〜14年に4連勝して、12、13年にはワンツーを決めた。今年はアカイトリノムスメ、エンスージアズム、サトノレイナスの3頭が参戦する。(たま)


◎......ソングラインは未勝利、紅梅Sを連勝。2走前の走破時計は同日の赤松賞(アカイトリノムスメ)を0秒4上回り、前回開催のアルテミスS(ソダシ)よりも0秒8速い時計で楽々と差し切った。3戦中2戦でレース最速の上がりをマークし、池添騎手はテン乗りで桜花賞2勝の実績。一発に夢を託す。

〇......デビューから3連勝で挑んだ阪神ジュベナイルFでメイケイエールは0秒2差の4着。G1奪取は逃したが、前走チューリップ賞は掛かりながらも1着同着とその底力をアピールした。折り合い面が課題となるが、能力は間違いなく世代トップ級。気分良く走らせれば、突き抜けるスピードを備えている。

▲......サトノレイナスは新馬、サフラン賞をメンバー最速の上がりで差し切り勝ち。2カ月半ぶりだった前走・阪神ジュベナイルFでもハナ差2着と、地力は2歳女王にも見劣らない。父ディープインパクトから受け継いだ末脚は一級品で、阪神の外回りはぴったり。4カ月ぶりでも底を見せていない魅力は大きい。

△1......前走チューリップ賞でエリザベスタワーは〇と1着を分け合った。2走前は口向きの悪さを出して9着に敗れたが、スムーズに折り合って内から鋭く伸びた。気性面に課題を残すものの、2戦2勝の舞台は強み。鞍上もG1・2連勝中の川田騎手。展開ひとつで突き抜けても不思議はない。

△2......デビューから無傷の4連勝でソダシは阪神ジュベナイルFを制し、2歳女王に輝いた素質馬。上りの速い競馬やスピード決着にも対応し、早い段階から桜花賞への直行を決めていた。休み明け、連対実績のない内枠4番で評価を下げたが、実績は最上位。勝てば白毛馬初のクラシック制覇となる。

△3......アカイトリノムスメは父ディープインパクト、母アパパネがともに3冠馬。デビュー戦こそ7着に敗れたが、未勝利→赤松賞→クイーンCと3連勝。前走で重賞初制覇を飾った。一戦ごとにパワーアップし、ためれば切れるし、長くいい脚も使える。初の右回り、関西への長距離輸送をがカギとなる。

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 ストライプ      
1 2 ファインルージュ      
2 3 ブルーバード        
2 4 ソダシ
3 5 アカイトリノムスメ  
3 6 ストゥーティ        
4 7 ククナ        
4 8 メイケイエール  
5 9 エンスージアズム      
5 10 アールドヴィーヴル      
6 11 ジネストラ        
6 12 ヨカヨカ        
7 13 エリザベスタワー      
7 14 ミニーアイル        
7 15 シゲルピンクルビー      
8 16 ソングライン    
8 17 ホウオウイクセル        
8 18 サトノレイナス

買い目

大多4=18 4=5 4-2 4-16 18=5
綾恵4=10 4=18 4-5 4-8 10=18
ナベ15=8 15=18 15=1 15=4 15=9
たま16=8 16=18 16=4 16=5 16=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。