IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年12月5日(日)

11R

2021年12月5日(日) | 6回中京2日 | 15:30発走

第22回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はチュウワウィザード。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.48.8

昨年は川崎記念(G1)と当レースを快勝し、最優秀ダートホースのタイトルを獲得。その後は勝ち星こそないが、春のドバイワールドC(国際G1)で2着に善戦し、日本馬として同レース10年ぶりの連対を果たした。今回のメンバーなら実績は最上位。休み明けの前走・JBCクラシック(3着)を叩かれ、デキも上向きだ。堂々と連覇を果たし、ダート現役最強を証明する。

○対抗はソダシ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

デビュー5連勝で桜花賞(G1)を制した白毛のアイドルホース。前走・秋華賞(G1)は10着と振るわなかったが、発走前にゲート内で負傷した影響が大きかったようだ。ひと息入れて立て直し、今回はダートに初挑戦。適性は未知数だが、父がクロフネ(芝&ダートG1制覇)で、近親にも砂巧者がズラリ。ダートコースでの調教も上々の動きを見せており、新天地での反撃を警戒したい。

▲単穴はテーオーケインズ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:重・1.49.0

春のアンタレスS(G3)で初タイトルを獲得すると、続く帝王賞(交流G1)も快勝してG1奪取。4歳を迎えて一気に本格化を果たした。秋初戦のJBCクラシック(交流G1)は4着に終わったが、チュウワウィザードと半馬身差なら及第点。広い中京コースに替わるのは歓迎で、1800Mも(4.2.0.1)と相性が良い。出番は十分にある。

△抑えはサンライズホープ。△穴はカフェファラオ。


今週のワンポイントアドバイス

連覇濃厚、チュウワウィザード


今年も残すところあと1カ月。今週は師走のJRAダート頂上決戦「第22回チャンピオンズC」。白毛のアイドル・ソダシがダートに初挑戦することで話題となっているが、歴戦のダート猛者にとっても譲れない舞台。砂の桶狭間決戦を制するのはどの馬か。過去10年のデータでレース傾向を探ってみた。

連対馬は1−5、6−3、3−6、2−8、12−3、6−1、8−1、1−8、2−1、4−3番人気の組み合わせで決まった(2013年まではジャパンCダートとして施行)。上位1〜3番人気は5、2、4連対とひと息の成績で、人気薄の6番人気以下から7頭が連対している。

馬連配当は
3 け た......1回
1000円台...2回
3000円台...1回
4000円台...4回
5000円台...1回
万 馬 券......1回

2015年に12、3番人気でゴールして1万1040円の高配当となったが、9回は6000円未満で決着。毎年のように伏兵馬が連に絡んでいるものの、ここまで大荒れにはなっていない。

一方、3着に2、9、1、3、5、10、9、3、3、10番人気が入線した3連単配当は、6180円、16万円台、2万円台、7万円台、31万円台、8万円台、15万円台、2万円台、8980円、20万円台。こちらは10回中4回で6けた配当が飛び出す波乱傾向を見せている。

所属別は
関東馬【2.1.1.21】
(連対率12%)
関西馬【8.9.9.102】
(同13%)
外国馬【0.0.0.4】
(同0%)
地方馬出走なし。

今年、外国からの参戦馬はいないが、地方・船橋競馬所属のカジノフォンテン(G1・2勝)が参戦して花を添える。勝てば1999年のフェブラリーSのメイセイオペラ以来22年ぶの快挙となる。

性別は牡馬が149頭出走して19連対(連対率13%)、牝馬は8頭で1連対(6歳馬=同13%)。牝馬は出走数が少なく苦戦しているものの、率は互角。軽視できない成績を残している。

ステップ(着順)は7連対でJBCクラシック(2、1、2、4、3、1、3着)組が7連対でトップ。これに4連対で南部杯(5、1、3、6着)組とみやこS(4、2、3、1着)組が続き、武蔵野S(1、1、7着)組3連対の順。上記有力4路線が連対馬の90%を占め、今年も大挙12頭が出走している。ちなみに、残る2頭はJBCレディスクラシック(2着)組と日本テレビ杯(1着)組からの臨戦。着順はクラスに関係なく5着以内が連対への理想となっている。

年齢別は3〜7歳以上馬が17、35、42、36、27出走して3、1、8、6、1連対。連対率はそれぞれ18、3、19、17、7%。8連対の5歳が中心だが、率では3、6歳馬も大差はない。なお、3歳牝馬の出走は皆無。データによる3歳牝馬ソダシの取捨は不可能ということになる。

枠別成績は中京競馬場で行われた7回に限ると、
1枠【0.2.2.8】
2枠【2.2.1.9】
3枠【1.0.1.12】
4枠【1.0.0.13】
5枠【2.0.1.11】
6枠【1.1.1.11】
7枠【0.2.1.11】
8枠【0.0.0.13】
(フルゲート16頭。17〜19年は15頭立て。17年は15番取り消し)。

内の1〜4枠が合計【4.4.4.42】の成績で、外の5〜8枠が【3.3.3.64】。内外による有利不利は特にないと見たい。(たま)


◎......チュウワウィザードは昨年、後続を2馬身半ちぎって圧勝。その後の勝利はないが、春のドバイWCで2着に好走し、軽度とはいえ骨折明けのJBCクラシックでも3着と馬券圏を確保した。今回はたたき2戦目で、距離1800Mも【5.2.1.2】とベスト。連覇濃厚と見た。

○......テーオーケインズは今年、この舞台で行われた名古屋城Sから3連勝で交流G1帝王賞を制覇。昨年11月のオープン入りからわずか7カ月半でダートの頂点に立った。JBCクラシックは出遅れて4着に敗れたが、能力上位は明らか。発馬五分ならタイトル奪取も可能だ。

▲......ソダシは昨年の2歳女王。桜花賞でG1・2勝目を挙げると、札幌記念でも古馬を一蹴と芝では堂々の成績を残している。3歳牝馬の挑戦、初ダートと未知の面はあるが、父クロフネは芝とダートでG1勝利。父に続いて二刀流が誕生しても驚けない。

△1......カジノフォンテンは今年、川崎記念、かしわ記念を制して交流G1・2勝。前々で運ぶ競馬で中央の強敵を寄せつけなかった。2走前はハイペースに巻き込まれ、前走はレース前にイレ込んで力を出し切れなかった。左回り、距離短縮で大駆けが期待できる。

△2......昨年のカフェファラオは中央G1初挑戦。道中追走に忙しく0秒9差の6着が精いっぱいだった。ところが、続くフェブラリーSで一変。好位3番手から力強く抜け出して初タイトルを飾った。前走の初芝・函館記念は参考外。ダートに戻れば侮れない。

△3......インティは一昨年、昨年と3着。今年も久々を使って臨戦過程は過去2回と同じ。前走・南部杯はメンバー最速の上がりで中団から強く伸びて0秒5差の4着と勝ち馬に迫った。7歳の暮れながら極端な衰えは見られず、三度目の正直があるか。

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 ソダシ
1 2 カジノフォンテン      
2 3 サンライズノヴァ        
2 4 インティ    
3 5 エアスピネル        
3 6 テーオーケインズ  
4 7 サンライズホープ      
4 8 スワーヴアラミス        
5 9 オーヴェルニュ        
5 10 ケイティブレイブ        
6 11 アナザートゥルース        
6 12 クリンチャー      
7 13 チュウワウィザード
7 14 ダノンファラオ      
8 15 メイショウハリオ      
8 16 カフェファラオ

買い目

大多13=1 13=6 13-7 13-16 1=6
綾恵16=14 16=13 16-1 16-12 14=13
ナベ15=1 15=13 15=4 15=6 15=16
たま13=6 13=1 13=2 13=4 13=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。