IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年3月14日(日)

11R

2021年3月14日(日) | 2回中京2日 | 15:25発走

第57回金鯱賞(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:重 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はデアリングタクト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・2.00.6

昨年の秋華賞(G1)を制し、史上初となる無敗での牝馬三冠を達成。前走・ジャパンC(G1)で初めて土がついたものの、アーモンドアイ、コントレイルを相手に小差3着なら評価を下げる必要はないだろう。休養を挟んでリフレッシュし、帰厩後はひと追いごとに良化気配。始動戦をきっちりと制し、更なる飛躍につなげたい。

○対抗はグローリーヴェイズ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.56.6

一昨年の香港ヴァーズ(国際G1)勝ち馬。昨年は京都大賞典(G2)を制し、前走・ジャパンC(G1)でもデアリングタクトと小差の5着に入っている。前走時4キロだったデアリングタクトとの斤量差は2キロに。久々の2000Mに対応できるようなら、首位争いも可能とみる。

▲単穴はポタジェ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.57.8

前走・白富士S(L)は馬群を割って鮮やかな差し切り勝ち。2000Mで4連勝を決め、通算(5.3.0.0)と連対率100%を維持している。初の重賞で相手も強化だが、今の充実ぶりなら出番があってもいいだろう。

△抑えはキセキ。△穴はブラヴァス。


今週のワンポイントアドバイス

脚質転換、グローリーヴェイズ


2017年から大阪杯(G1)のステップレースに指定され、開催時期も12月から3月に変更となった。過去4回のデータで傾向を見てみたい。

レースは16、9、13、12頭立てで行われ、連対馬は1−7、1−8、2−5、1−8番人気の組み合わせで決まった。

馬連配当は
1000円台...2回
3000円台...1回
5000円台...1回

上位1、2番人気が勝利しているものの、2着に人気薄が飛び込む、いわゆるヒモ荒れ。しかし、万馬券となるような波乱はなく、最高配当は18年の5860円止まりとなっている。

一方、3着に13、2、1、6番人気が入った3連単配当は、19万、2万、1万、1万円台。こちらは1番人気が毎年馬券圏に入線しているが、4けた配当で平穏に収まったことはなく、17年には19万2050円の万馬券が出る大荒れとなっている。

連対馬8頭のステップは、(有馬記念=小倉大賞典)、(有馬記念=凱旋門賞)、(ダービー=香港ヴァーズ)、(有馬記念=中日新聞杯)。G1からの臨戦馬が4勝を挙げ、2着も2回。最高ランクの馬が6連対と貫録を見せている。ちなみに今年はグローリーヴェイズなど4頭が参戦する。

東西対決は関西馬が4勝、2、3着各3回、関東馬は0勝、2、3着それぞれ1回。関西馬が強いが、関東馬は昨年初めて2、3着に入線して反撃の兆しを見せた。

年齢別は4〜7歳以上馬が4、3、0、1連対。明け4、5歳馬が好走している。

また、性別は牡馬が4勝2着3回、牝馬は2着1回のみ。牝馬は苦戦している。(たま)


◎......10頭立てながら好調馬、実力馬がそろい難解な一戦となった。本命にグローリーヴェイズを推す。前走のジャパンCは大外枠から好位に付ける積極策で5着。掲示板止まりだったが、4キロの斤量差がありながら3着のデアリングタクトとは0秒1差だった。好位差しを身に付け、鉄砲も得意。Vで春の古馬G1戦線に弾みをつける。

○......サトノフラッグは成績にムラがあるが、弥生賞を勝ち、セントライト記念2着と世代トップ級の成績を残している。前走のアメリカJCC(11着)は1番枠で前半荒れた内を走らされたのが敗因。芝2000Mで全3勝。3冠で見せ場を作った底力を見直す。

▲......昨年無敗で牝馬3冠を達成したデアリングタクトに注目が集まる。前走のジャパンCは勝負所で置かれ気味となり、内でモタレながらも3着と健闘した。今回1番人気は確実な状況だが、過去4回で牝馬は2着1回という成績。手放しでは飛びつけない。

△1......ポタジェはデビューから(5.3.0.0)とパーフェクト連対で、昨年の7月から4連勝と底を見せていない。実績では見劣るものの、ここ4年で3着馬を2頭輩出している白富士Sからの臨戦。4勝2着3回の2000M戦で大駆けを狙う。

△2......2月に解散した角居厩舎のキセキが辻野厩舎から参戦。昨年、宝塚記念2着、京都大賞典2着の実力馬だが、その後は5、8、12着と敗退。ただ、3戦はいずれも強敵相手のG1戦だった。芝2000Mは(2.1.1.1)と好相性。新天地で復活Vを見せたい。

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 デアリングタクト
2 2 サンレイポケット      
3 3 ブラヴァス    
4 4 グローリーヴェイズ
5 5 ギベオン      
6 6 ジナンボー      
7 7 キセキ  
7 8 ペルシアンナイト        
8 9 サトノフラッグ    
8 10 ポタジェ    

買い目

大多1=4 1=10 1-3 1-7 4=10
綾恵1=4 1=3 1-6 1-7 4=3
ナベ9=1 9=2 9=4 9=5
たま4=9 4=1 4=7 4=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。