IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年4月18日(日)

11R

2021年4月18日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第81回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

予想

◎本命はエフフォーリア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.02.3

共同通信杯(G3)を快勝し、デビュー3連勝で重賞制覇。負かしたヴィクティファルス、シャフリヤールも直後のレースで重賞を制し、勝利の価値はさらに高まった。好位で立ち回れるセンスの良さがあり、瞬発力も非凡。小回りの札幌でデビュー勝ちしており、初の中山にも難なく対応できそうだ。無敗のまま1冠目を奪取し、クラシックの主役に躍り出る。

○対抗はダノンザキッド。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.02.3

昨年のホープフルS(G1)を快勝。見事に1番人気に応え、デビュー3連勝で最優秀2歳牡馬に選出された。前走・弥生賞(G2)はスローペースに泣いて3着と初黒星を喫したものの、上がり3ハロンは最速。本番を見据えて折り合い重視の競馬を試み、前哨戦としては悪くない内容だった。休み明けをひと叩きされ、気配は順当に良化。きっちりと巻き返し、王者の意地を見せたい。

▲単穴はアドマイヤハダル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.59.5

トライアルの若葉S(L)を快勝した西の新星。デビューから4戦3勝で、唯一敗れたアイビーSは直線で他馬に寄られたのが響いた。3歳春を迎えて馬体はたくましさを増しており、初の一線級相手でも楽しみは大きい。名手・ルメール騎手に手綱を託し、クラシック制覇に挑む。

△抑えはタイトルホルダー。△穴はグラティアス。


今週のワンポイントアドバイス

1冠奪取、ダノンザキッド


弥生賞ディープインパクト記念で昨年の最優秀2歳牡馬ダノンザキッドがまさかの3着。大本命馬の敗退で勢力図が歪み、一転混戦ムードに変わった。3年連続で無敗の皐月賞馬が誕生するか、2歳王者の巻き返しか。それとも新興勢力の台頭か。過去10年のデータで傾向を見てみたい(2011年は東京競馬)。

レースは連対馬は4−1、4−2、1−2、2−1、3−2、8−3、9−4、7−9、1−4、1−3番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は5、4、3連対と胸を張れる成績とはいえず、人気薄の7〜9番人気から4頭が連対している。

馬連配当は
3 け た......5回
1000円台...2回
6000円台...1回
8000円台...1回
万 馬 券......1回

上位1、2番人気が連から消えた16〜18年に、6220円、8710円、1万2880円の穴馬券が出た一方で、2000円未満の配当も7回。堅いか、荒れるか、見極めが必要となっている。

また、3着に8、3、3、8、4、1、12、8、3、8番人気が入線した3連単配当は、5万円台、1万円台、5920円、3万円台、1万円台、7万円台、106万円台、37万円台、4390円、2万円台。こちらは17年に106万馬券が飛び出し、翌年にも37万馬券が出る波乱含みとなっている。

ステップ(着順)は弥生賞(1、4、1、1、4着)組が5連対でトップ。4連対でスプリングS(1、1、2、2着)組と共同通信杯(1、1、2、1着)組が続き、2連対のホープフルS(1、1着)組、若葉S(1、1着)組の順。上記5路線で連対馬の85%を占めている。ちなみに、残りの3頭は毎日杯(1着)組、アーリントンC(1着)組、朝日杯フューチュリティS(1着)からの直行馬だった。なお、連対馬の前走成績は【15.3.0.2】(1、2、3着、着外)。20頭中18頭は前走も1、2着に好走、該当しない2頭はいずれも4着(弥生賞)。前哨戦で掲示板を外した馬は大きな減点になる。

東西対決は関東馬が5連対(4勝2着1回)、関西馬は15連対(6勝2着9回)。関西馬が関東馬を圧倒しているが、1着馬に限ると4勝と6勝。連対数ほど大きな差はなく、関東馬にも出番はある。

距離別は1600M組2頭、芝1800M組9頭、2000M組9頭。中距離からの参戦馬が9割を占めている。

キャリアは2〜8戦以上馬が0、5、7、6、1、1、0連対。キャリアの浅い2戦馬や逆に豊富な8戦以上馬に連対はなく、3〜5戦馬が有力となっている。

また、勝利数は1〜4勝馬が0、6、11、3連対。1勝馬は連に絡んだことがなく、2勝以上が連対への条件となっている。

フルゲート18頭立て(15、18年は15、16頭)の多頭数戦で枠順も気になるところ。枠別の成績を調べてみると、
1枠【2.0.1.16】
2枠【1.2.1.16】
3枠【0.1.1.18】
4枠【2.3.1.14】
5枠【0.1.2.17】
6枠【3.0.2.15】
7枠【1.2.0.25】
8枠【1.1.2.24】


内の1〜4枠は11連対(5勝2着6回)、外の5〜8枠が9連対(5勝2着4回)。内枠が外枠を一歩リードしているものの、3着を見てみると4頭と6頭。馬券対象としては内と外が15対15と全く互角となっている。(たま)


◎......ダノンザキッドは2走前に好位から抜け出す横綱相撲でホープフルSを勝ち、G1初制覇を飾った。前走の弥生賞3着は休み明け、前残りの展開に加え、馬場も差し馬に不向きだった。デビューから3連勝で王道を歩んできたパフォーマンスを高く評価。タイトル奪取を決めてクラシック連覇に向かう。

○......前走の弥生賞をタイトルホルダーは鮮やかに逃げ切り勝ち。スローの流れと馬場が味方したとはいえ、2歳王者をはじめとする有力馬の追撃を全く許さなかった。中山は3戦2勝と得意のコース。外目の13番枠に入ったが、ゲートが速く、二の脚もある。スタートを決めれば一気の押し切りが期待できる。

▲......エフフォーリアは無傷の3連勝で共同通信杯を制覇。好位追走から直線で楽々と抜け出し、後続を2馬身半突き放した。2、3着馬も次走で重賞を勝っており、同馬の評価が一段と高まった。初の多頭数戦となるが、好発から思い通りの競馬ができるのが強み。Vなら3年連続で無敗の皐月賞馬が誕生する。

△1......ヴィクティファルスはデビューから3戦2勝。2戦目の共同新聞杯で2着に敗れたが、スローの展開に泣いた感が強い。前走スプリングSは悪い馬場でもリズムよく走れ、追ってからしっかりと伸びて重賞初制覇。瞬発力に加え、直線での勝負根性も光っていた。距離延長は好材料で、雨予報も歓迎だ。

△2......新馬、紫菊賞をヨーホーレイクは連勝。時計のかかるやや重、重馬場で鋭い伸びを発揮した。前走のきさらぎ賞はクビ差で重賞Vを逃したが、勝ち馬とは内と外のコース取りの差が響いた。デビュー4戦すべてでメンバー最速の上がりをマーク。16頭立てで流れが向けば、突き抜けても不思議はない。

△3......アドマイヤハダルは前走の若葉Sを4番手からレースを進め、メンバー最速の上がりで2着に3馬身差をつけた。ここまで4戦3勝の成績で、2000M戦を連勝中。中山コースは初めてだが、鞍上がG1キラーのルメール騎手なら大駆けも十分にある。

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 アドマイヤハダル  
1 2 ルーパステソーロ        
2 3 ステラヴェローチェ    
2 4 イルーシヴパンサー        
3 5 ヴィクティファルス      
3 6 ヨーホーレイク      
4 7 エフフォーリア
4 8 ダノンザキッド
5 9 ラーゴム      
5 10 シュヴァリエローズ        
6 11 ディープモンスター      
6 12 ワールドリバイバル        
7 13 タイトルホルダー    
7 14 アサマノイタズラ      
8 15 グラティアス      
8 16 レッドベルオーブ      

買い目

大多7=8 7=1 7-13 7-15 8=1
綾恵7=9 7=8 7-3 7-14 9=8
ナベ3=16 3=7 3=1 3=8 3=11
たま8=13 8=7 8=1 8=5 8=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。