IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年4月17日(土)

11R

2021年4月17日(土) | 3回中山7日 | 15:40発走

第23回中山グランドジャンプ(J・GI)

障害・芝・外 4250m | 天気:曇 | 馬場:良 | 障害4歳以上 | オープン (国際) 定量 | 本賞金:6600、2600、1700、990、660万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はメイショウダッサイ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:不・5.03.4

中山大障害(J・G1)を断然の1番人気に応えて快勝。昨年は4戦3勝(重賞3勝)、2着1回の好成績で、最優秀障害馬に選出された。始動戦の阪神スプリングJ(J・G2)は斤量差をものともせずに7馬身差で快勝し、上々の滑り出し。秋春J・G1制覇を飾り、現役最強を証明する。

○対抗はオジュウチョウサン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・4.43.0

障害界の絶対王者が前走・京都ジャンプS(J・G3)でまさかの敗戦(3着)。最終障害で脚をぶつける場面があり、障害重賞連勝記録は13でストップした。左前脚の捻挫で中山大障害を回避したが、立て直して乗り込みは入念。昨年の当レースではメイショウダッサイを破り、5連覇の偉業を達成した。勝手知ったる大障害コースで復権を狙う。

▲単穴はケンホファヴァルト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走・中山大障害は障害重賞初挑戦ながら2着に健闘。早めに動く積極策で粘り込み、実績馬たちを相手に十分な見せ場を作った。初コースや斤量増にもしっかり対応するなど、地力強化が顕著。上昇度に期待したい。

△抑えはスマートアペックス。


今週のワンポイントアドバイス

◇中山11R・中山グランドJ


王者オジュウチョウサンは前走の京都ジャンプSで予想外の3着。障害重賞の連勝記録は13で止まった。しかし10歳になっても元気いっぱいで、最終追い切りは迫力にあふれた。復活し、このレース6連覇を果たす。(シン)

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 ヒロシゲセブン      
2 2 ケンホファヴァルト
3 3 タガノエスプレッソ    
4 4 オジュウチョウサン
5 5 マイネルプロンプト        
6 6 メイショウダッサイ
7 7 スマートアペックス    
8 8 シンキングダンサー      

買い目

大多6=4 6=2 6-7 4=2
綾恵4=6 4=3 4-2 6=3
ナベ4=6 4=8 4=1 4=2
たま3=4 3=6 3=2 3=7
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。