IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年1月24日(日)

11R

2021年1月24日(日) | 1回中山8日 | 15:45発走

第62回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:不良 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアリストテレス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.11.9

昨年の菊花賞(G1)2着馬。三冠を達成したコントレイルとクビ差の接戦を演じ、世代トップクラスの力をアピールした。中山コース初参戦となるものの、ここまで9戦8連対のレース巧者。始動戦でタイトルを獲得し、今後の飛躍につなげたい。

○対抗はヴェルトライゼンデ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.12.8

昨年の日本ダービー(G1)で3着するなど、こちらも世代トップ戦線で活躍。前走・菊花賞(G1)は7着と振るわなかったが、今回の中山コースではホープフルS(G1)、スプリングS(G2)で連続2着の実績がある。適距離に戻って改めて期待してみたい。

▲単穴はラストドラフト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・2.15.5

前走・アルゼンチン共和国杯(G2)は初の2500Mで2着を確保。本来は中距離が主戦場で、中山コースでは京成杯(G3)勝ちの実績もある。昨年の当レースは故障馬のあおりを受けながらも3着。スムーズなら首位争いに絡んできそうだ。

△抑えはサトノフラッグ。△穴はウインマリリン。


今週のワンポイントアドバイス

力量上位、ヴェルトライゼンデ


新春の中山開催を締めくくる伝統のG2戦。2カ月のロング開催の最終日で、芝の傷みも目立ち、スピードだけではなくスタミナやパワーが要求される馬場になっている。

過去10年、連対馬は1−6、1−2、3−5、2−11、4−7、2−3、7−1、2−1、7−1、1−5番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気の6、4、2連対は悪くない成績だが、人気薄の6、7、11番人気から1、3、1頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3 け た......2回
1000円台...3回
2000円台...2回
3000円台...1回
万 馬 券......2回

2014年に1万4960円と荒れ、その翌年にも1万1950円の万馬券が出たが、ここ5年は19年の2820円が最高配当。近年は平穏に収まる傾向を見せている。

一方、3着に3、4、2、6、2、7、3、8、5、4番人気が入線した3連単配当は、1万円台、1270円、2万円台、29万円台、16万円台、3万円台、2万円台、2万円台、12万円台、1万円台。こちらは10万円を超す万馬券が3回も飛び出す大荒れ。2けた人気馬の食い込みは1頭だけだが、波乱を視野に入れておきたい。

連対馬20頭のクラス別は、G1組9頭、G2組3頭、G3組5頭、オープン特別組2頭、3勝クラス組1頭。オープン特別組以下は苦戦中で、重賞組が中心。中では最上格のG1組がその貫録をアピールしている。

ステップは有馬記念(5、4、10、6着)組が4連対でトップ。次いで、2連対で菊花賞(6、1着)組、金鯱賞(8、2着)組、福島記念(1、2着)組、ディセンバーS(1、2着)組が続いている。

関東馬は84頭が出走して12連対(連対率14%)、関西馬は50頭で8連対(同16%)。ホームで戦える関東馬が連対数でリードしているが、率で関西馬が逆転。東西間格差は気になるファクターではない。

年齢別は4〜8歳以上馬が5、6、4、3、2連対。連対率はそれぞれ25、25、12、13、6%。明け5歳馬が他世代を一歩リードしている。(たま)


◎......本命はヴェルトライゼンデ。昨年クラシック3冠に皆勤して8、3、7着。ダービーでは好位から伸びて馬券圏を確保した。ほかに重賞はホープフルS、スプリングS、神戸新聞杯で2着。G2戦ならいつタイトルに手が届いてもいい力量馬だ。

○......ラストドラフトは休養明け2戦目のアルゼンチン共和国杯で1馬身半差の2着。直線ササりながらもキッチリと連を確保した。新馬、G3を連勝した素質馬で、不利があった昨年は3着。スタミナ勝負は望むところで、リベンジVも十分ある。

▲......アリストテレスはデビューから9戦して(3.5.0.1)と好走。連を外したプリンシパルS(6着)は休養明けだった。前走・菊花賞はコントレイルと一騎打ちに持ち込みクビ差2着。重賞初挑戦で見せ場たっぷりの内容だった。別定戦で55キロ。引き続きV争いになる。

△1......サトノフラッグも3冠レースに皆勤して5、11、3着。ダービーでは崩れたが、セントライト記念2着から前走・菊花賞で世代トップクラスの底力をアピールした。アリストテレスに3馬身半差は大きいが、2走前にこの舞台で2着。距離短縮は好材料になる。

△2......タガノディアマンテは長期休養明けの前走・ステイヤーズSでアタマ差の2着。ノドを手術した後の3600M戦を思えば上々の内容だった。近走は長距離戦を使われており、今回は距離不足の感もあるが、たたき2戦目。ノーマークは危険か。

△3......ステイフーリッシュは昨年このレースで0秒2差の2着。やや重馬場の好位に付け、直線先頭に立ち、そのまま押し切るかのスピードを見せた。芝2200Mは(1.2.2.0)と好相性で、昨年と同じ56キロ。時計のかかる馬場になれば、V戦線に浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 サトノフラッグ
1 2 サンアップルトン        
2 3 ノーブルマーズ        
2 4 ヴェルトライゼンデ
3 5 ソッサスブレイ        
3 6 ベストアプローチ        
4 7 タガノディアマンテ      
4 8 ラストドラフト  
5 9 アリストテレス
5 10 モズベッロ        
6 11 ナイママ        
6 12 ステイフーリッシュ  
7 13 マイネルハニー        
7 14 ランフォザローゼス        
8 15 ウインマリリン      
8 16 ジェネラーレウーノ    
8 17 ジャコマル        

買い目

大多9=4 9=8 9-1 9-15 4=8
綾恵9=4 9=1 9-12 9-16 4=1
ナベ4=16 4=1 4=8 4=9 4=12
たま4=8 4=9 4=1 4=7 4=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。