IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年1月17日(日)

11R

2021年1月17日(日) | 1回中山6日 | 15:45発走

第61回京成杯(GIII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はヴァイスメテオール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

デビュー戦は2番手から正攻法の競馬で快勝。ラスト2ハロン11秒2−11秒2を力強く差し切り、非凡な瞬発力を見せつけた。あの内容なら小回りの中山コースにも対応できるはず。ひと叩きされて更に良化気配を見せており、初の重賞でも楽しみは大きい。

○対抗はプラチナトレジャー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

重賞初挑戦の前走・東京スポーツ杯2歳S(G3)で4着。勝ち馬ダノンザキッドは次走・ホープフルS(G1)を制し、2着馬も同レース4着とハイレベルな一戦だった。道悪の前々走(1着)とは対照的な瞬発力勝負に対応できた点も収穫。このメンバーなら首位争いは可能とみる。

▲単穴はグラティアス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・2.06.2

デビュー戦は好スタートからハナを切って逃げ切り勝ち。直線での激しい叩き合いを制し、勝負根性をアピールした。一昨年の2歳女王レシステンシアの半弟で、血統的な魅力も十分。引き続き注目したい。

△抑えはタイムトゥヘヴン。△穴はテンバガー。


今週のワンポイントアドバイス

決め手上位、プラチナトレジャー


皐月賞と同じ舞台で争われる明け3歳馬による重賞戦。例年クラシックを意識する素質馬が東西から集結して熱戦を繰り広げる。

過去10年、連対馬は2−8、2−5、7−5、5−1、3−1、5−7、1−7、1−2、4−2、7−1番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は5、4、1連対と威張れる成績ではなく、7、8番人気から伏兵馬が4、1頭連対している。

馬連配当は
3 け た......2回
1000円台...2回
2000円台...3回
4000円台...1回
6000円台...1回
7000円台...1回

最高配当は5、7番人気で決まった2016年の7460円。能力比較の難しい3歳戦でも大荒れは起こっていない。

一方、3連単配当は15万、1万、16万、4万、1万、7万、2万、1万、2万、6万円台で決着。11、13年と早い時期に15、16万馬券が飛び出したが、その後は荒れても16年の7万8050円止まり。近年はほぼ平穏に収まる傾向を見せている。ちなみに、3着には7、1、9、4、6、2、3、6、7、6番人気が入線している。
連対馬20頭のクラス(着順)別は、重賞(2、4、7、3、5着)組5頭、オープン特別(3、5着)組2頭、1勝クラス(1、1、1、2、1、2着)組6頭、新馬(1、1、1着)組3頭、未勝利(1、1、1、1着)組4頭。格上の重賞、オープン特別組は合わせて7連対と半数に届かず、1勝クラス組以下から13頭が連に絡んでいる。なお、前走着順はオープン組なら掲示板を確保していれば巻き返し可能だが、1勝クラス組以下は1、2着に好走していることが連対への条件となっている。

ステップ(着順)は葉牡丹賞(1、2、1、2着)組が4連対と好相性で、次いで、2連対で朝日杯フューチュリティS(2、7着)組、ホープフルS(3、3着)組の順。ただ、今年は上記路線からの参戦馬はなく、ステップによる絞り込みはできない。

キャリア別成績は1戦【1.2.3.11】(連対率18%)、2戦【1.2.2.27】(同9%)、3戦【6.4.2.28】(同25%)、4戦【1.2.0.14】(同18%)、5戦【0.1.2.21】(同4%)、6戦上【0.0.1.15】(同0%)。

キャリア3戦馬が10連対と好成績を残しているが、1戦馬の3連対はここ2年で記録したもの。キャリアが浅いというだけで切り捨てるのは危険か。

関東馬96頭、関西馬48頭、地方馬2頭で争われた所属別は、13、6、1連対。連対率は14、13、50%。出走頭数の多い関東馬が連対数で大きくリードしているが、率はほぼ互角。東西間格差は感じられない。(たま)


◎......前走の東京スポーツ杯2歳Sでプラチナトレジャーは高速決着に対応し、0秒4差の4着。上がり33秒6も勝ち馬ダノンザキッド(次走ホープフルS勝ち)と0秒1差と優秀だった。初勝利が芝の不良馬場。力のいる今の中山なら重賞奪取のチャンスだ。

〇......タイムトゥヘヴンはキャリア3戦目の前走で初勝利。1、2戦目は出遅れ、内にモタれるなど幼い面を見せていたが、スムーズな競馬ができて8馬身差で圧勝した。勝ち時計も同日のホープフルSと0秒2差。力を出し切れれば重賞でも十分通用する。

▲......グラティアスはデビュー戦を好スタートからマイペースの逃げ。道中物見しながらでペースは上がらなかったが、残り200Mで右ムチを入れると一気に加速。後続を0秒2突き放した。阪神ジュベナイルFを制したレシステンシアの弟。まだまだ伸びる。

△1......ヴァイスメテオールは横綱相撲のレース運びで新馬勝ち。スローペースのやや重馬場で時計は地味だったが、33秒9の速い上がりで後続の追い上げを許さなかった。まだ成長途上だが、素質は確か。仕掛どころひとつでV戦線に浮上する。

△2......タイソウは阪神の芝2000M戦でデビュー勝ち。2番手追走から直線で楽々と抜け出した。スローの流れでタイムは平凡だったが、追ってからの反応が良く、内容的には完勝だった。重賞のメンバーが相手でも流れに乗れれば差はないはずだ。

予想印

馬名 大多 綾恵 シン たま
1 1 タイムトゥヘヴン  
2 2 タイソウ    
3 3 グラティアス  
4 4 タケルジャック        
5 5 ヴァイスメテオール
5 6 テンバガー  
6 7 エイカイファントム        
6 8 ブラックロータス        
7 9 アクセル        
7 10 プラチナトレジャー
8 11 ラカン        
8 12 ディクテイター      

買い目

大多5=10 5=3 5-1 5-6 10=3
綾恵5=2 5=10 5-6 5-12 2=10
シン3=1 3=5 3=6 3=10
たま10=1 10=3 10=2 10=5
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。