IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年1月9日(土)

11R

2021年1月9日(土) | 1回中山2日 | 15:35発走

ニューイヤーステークス(L)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:2500、1000、630、380、250万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアルーシャ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.3

前走・スワンS(G2)は好メンバー相手に4着。左回り(5勝)がベターだが、右回りの重賞でも通用する力がある。昨年の当レースは、大外枠のロスが響いて3着。内枠(2枠3番)からスムーズな競馬なら、昨年の雪辱を果たせる。

○対抗はクラヴァシュドール。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.9

昨春はチューリップ賞(G2)2着、桜花賞(G1)4着など、重賞で好走。その後は中長距離で結果を残せなかったものの、実績のあるマイルなら見直しが必要になる。休養を挟んで立て直し、仕上がりは良好。適距離できっちり巻き返したいところだ。

▲単穴はロフティフレーズ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.5

△抑えはサトノウィザード。△穴はミラアイトーン。


今週のワンポイントアドバイス

◇中山11R・ニューイヤーS


今週は中山、中京競馬場で、9(土)、10(日)、11(月・祝日)と3日間競馬が開催される。初日は重賞競走がなく、中山はリステッド競走のニューイヤーSがメインレースとなる。過去5年のデータを参考に傾向を見てみたい。

レースは9、16、10、14、16頭立てで、連対馬は3−6、7−1、1−3、3−2、3−9番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は2、1、4連対と悪くない成績だが、6、7、9番人気からもそれぞれ1頭ずつ連対している。

馬連配当は
3 け た......1回
1000円台...2回
6000円台...1回
9000円台...1回

上位3番人気が連から外れたことはないものの、2016年に6120円、昨年も9120円で決着。万馬券こそ出ていないが、波乱含みの傾向を見せている。

また、3着に1、5、8、13、2番人気が入った3連単配当は、3万円台、4万円台、9380円、47万円台、9万円台。こちらは3着に13番人気が飛び込んだ19年に47万8220円の万馬券が飛び出す大荒れ。伏兵馬の食い込みに警戒したい。

連対馬10頭はすべて芝からの参戦で、距離別は1400M組3頭、1600M組6頭、2000M組1頭。このレースと同じ1600Mから出走した馬が好成績を挙げている。

路線別(着順)は阪神C(7、12着)組、リゲルS(1、12着)組、市川S(1、1着)組が2連対で横一線。3勝クラス組は1着が連対条件となるが、オープン組は前走着順に関係なく反撃が可能となっている。

東西対決は、関東馬が7連対(4勝2着3回)、関西馬は3連対(1勝2着2回)。ホームで戦える利を生かした関東馬が関西馬をリードしている。

年齢別は4〜8歳馬が0、4、4、0、2連対。最年少の明け4歳馬に連対がなく、高齢8歳馬が健闘している。

また、性別は牡馬が10連対、牝馬は連対なし。牝馬は苦戦しているが、3着に2頭が入線。今年は大挙出走してきた牝馬の巻き返しに注目が集まる。(たま)


◎......アルーシャは昨年の3着馬。その後、パラダイスS(L)を勝ち、続くここ2戦の重賞でも0秒4差の6着、0秒3差の4着と好走している。57キロを背負うが、このメンバーでは格上。3勝を挙げているルメール騎手とのコンビで7勝目を決める。

○......前走・市川Sをロフティフレーズは直線一気の差し切り勝ち。この舞台は【2.1.2.0】と得意だが、メンバー最速の上がりで、勝ちタイムも速かった。不良馬場の中山牝馬Sで11着と崩れたが、オープンで通用するスピードを備えている。

▲......インターミッションは前走ターコイズSで0秒4差の6着。発馬でダッシュがつかず後方からとなったのが痛かった。中山の芝1600MはアネモネS勝ちを含め、全3勝しているベストの距離。五分のスタートが切れれば好勝負になる。

△1......昨年の牝馬3冠でクラヴァシュドールは4、15、17着。桜花賞が最高成績だったが、チューリップ賞でもハナ差の2着があり、適性はマイルにありそうだ。休み明けとなるが、もともと鉄砲駆けするタイプ。良馬場なら上位争いに浮上する。

△2......ミラアイトーンは2走前にダートを試みたものの13着。3カ月の休みも影響したようだが、ダートは本質的に合わなかったようだ。芝に戻った前走のキャピタルSは、先行して0秒2差の3着。東京→中山へのコース替わりでスピードが生きる。

△3......6カ月ぶりの前走・中日新聞杯でレッドヴェイロンは15着。久々の実戦に加え、距離2000Mも長かったか。今回は【3.2.2.3】と好相性のマイルに替わり、たたき2戦目。さらに新年2勝と好スタートを切った田辺騎手にスイッチ。大駆けが期待できる。

予想印

馬名 大多 綾恵 シン たま
1 1 インターミッション  
1 2 ショウナンライズ        
2 3 アルーシャ
2 4 セラピア        
3 5 メイショウオーパス        
3 6 ロフティフレーズ
4 7 メイショウケイメイ        
4 8 トーセンブレス        
5 9 レッドヴェイロン      
5 10 テーオービクトリー        
6 11 ビッククインバイオ      
6 12 クラヴァシュドール
7 13 ミラアイトーン  
7 14 ミッキーブリランテ        
8 15 グランドロワ        
8 16 サトノウィザード    

買い目

大多3=12 3=6 3-13 3-16 12=6
綾恵6=12 6=1 6-3 6-13 12=1
シン6=1 6=3 6=11 6=12 6=16 1=3 1=11 1=12 1=16 3=11 3=12 3=16 11=12 11=16 12=16
たま3=6 3=1 3=9 3=12 3=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。