IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年10月10日(日)

11R

2021年10月10日(日) | 4回東京2日 | 15:45発走

第72回毎日王冠(GII)

芝・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はダノンキングリー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.44.4

前走・安田記念(G1)を制して初のG1タイトルを獲得。東京コースで4勝の実績があり、昨年の当レースも勝っている。夏場は休養して秋初戦となるが、休み明けで重賞3勝と鉄砲は利くタイプ。しっかりと結果を出して更なる飛躍につなげたい。

○対抗はシュネルマイスター。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

NHKマイルC(G1)を制した勢いで挑んだ安田記念は3着。敗れはしたものの、一線級の古馬を相手に0秒1差と力を見せた。春の弥生賞ディープインパクト記念(G2)で2着するなど、中距離にも対応済み。まだ伸びしろが期待できるため、斤量2キロ増も克服可能とみる。

▲単穴はヴァンドギャルド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.46.6

海外初遠征の前走・ドバイターフ(国際G1)で2着に健闘。休養を挟み帰国初戦となるが、9〜11月は(5.0.1.1)と秋競馬を得意にしている。昨年10月には東京マイルの富士S(G2)で重賞初制覇。課題の気性面にも進境を見せており、警戒が必要な一頭だ。

△抑えはポタジェ。△穴はトーラスジェミニ。


今週のワンポイントアドバイス

東京得意、シュネルマイスター


秋の東京開幕を飾る日曜メインは伝統の「第72回毎日王冠」。例年よりやや小粒なメンバーとなったが、天皇賞(秋)やマイルチャンピオンSなどG1に狙いを定めた13頭が集結した。過去10年のデータを参考にレース傾向を見てみたい。

連対馬は1−2、1−12、4−6、8−11、1−4、1−3、3−5、1−3、1−2、1−4番人気の組み合わせで決まった。1番人気は7勝と期待に応えているが、2、3番人気が2、3連対とひと息の成績。代わりに、人気薄の6番人気以下から4頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た......5回
1000円台...1回
2000円台...1回
3000円台...1回
万 馬 券......2回

フルゲート18頭で行われたことはないが、16頭と15頭立ての2012、14年に1万2640円、2万7780円の万馬券が飛び出している。しかし、3けた配当で堅く決まった年も5回あり、荒れるか堅いかの見極めが肝心なレースとなっている。ちなみに、今年は13頭立て。データ的には大荒れは望み薄で、本命党の出番か。

一方、3着に5、9、5、5、7、11、4、6、3、5番人気が入線した3連単配当は、5660円、32万円台、5万円台、38万円台、2万円台、6万円台、2万円台、1万円台、1000円、3430円。ここ2年は4けた配当に収まっているが、過去には30万馬券が2回も飛び出す大荒れ。穴党にはこちらをお勧めしたい。

連対馬20頭はすべて重賞から参戦。その内訳はG1組11頭、G2組3頭、G3組6頭。最上格のG1組が55%を占め、その貫録を見せている。なお、3着を見てみても10頭中9頭が該当。オープン特別組以下からの臨戦馬は大きな減点対象となる。

路線別(着順)は安田記念(1、1、2、2着)組、ダービー(11、8、2、2着)組、エプソムC(1、1、1、1着)組が4連対で並んでトップ。2連対で札幌記念(5、1着)組と関屋記念(2、7着)組が続く。上記5路線が有力ステップで、16頭中12頭が前走も1、2着に入線した好調馬。前走成績はチェックしておきたい。なお、残る4頭はNHKマイルC(1着)、クイーンエリザベス2世カップ(3着)、宝塚記念(16着)、中山記念(8着)からの参戦だった。

決め手は逃げ4頭、先行5頭、差し7頭、追い込み4頭。東京は直線526Mと長いが、開幕週のスピード馬場の影響か、逃げ、先行馬の健闘が目立っている。

年齢別は3〜7歳以上馬が17、32、29、23、23頭出走して、6、6、4、4、0連対。連対率は35、19、14、17、0%。3歳馬が連対数でトップタイだが、率で年長世代を大きくリードしている。

性別は、牡馬が119頭出走して17連対(連対率14%)、牝馬は5頭で3連対(同60%)の成績だが、残念ながら今年は牝馬の参戦はない。


◎......シュネルマイスターは春クラシックには向かわず、NHKマイルCで3歳マイル王に輝き、安田記念は0秒1差の3着に好走。古馬と互角に戦えることを証明した。ここまで5戦して(3.1.1.0)と崩れ知らずで、東京も好相性。夏に充電した若武者がどんなパフォーマンスを見せるか楽しみだ。

○......ダノンキングリーは前走の安田記念で待望のG1初制覇。昨年の天皇賞(秋)凡走で人気を落としていたが、初コンビの川田騎手が実力を引き出した。1800Mは3戦全勝で、東京でも共同通信杯と昨年の毎日王冠を勝利している。他馬より重い58キロを背負うが、前走G1勝ちを思えば割り引きは必要はない。

▲......ヴァンドギャルドは初の海外遠征だったドバイターフで世界を相手に2着と健闘した。6カ月半ぶりの国内戦となるが、19年に5カ月の休み明けで1勝クラスから3連勝でオープン入り。昨秋も安田記念から4カ月半ぶりの富士Sで重賞初制覇を飾った。久々を苦にしないタイプで、東京も2勝と得意だ。

△1......2走前の七夕賞をトーラスジェミニは57キロを背負って勝利。未勝利勝ち以降の6勝はすべて逃げ切りだったが、2番手に控える競馬で重賞初制覇を飾った。前走の札幌記念は10着に敗れたが、3コーナーで後続にどっと来られて抵抗できなかった。開幕週は高速馬場。リズム良く先行できれば押し切りもある。

△2......ポタジェは1勝クラスから破竹の4連勝で白富士S(L)を快勝。続く金鯱賞は0秒1差3着で、前走新潟大賞典がクビ差の2着。重賞戦で勝ち負けできることをアピールした。デビューから10戦して(5.4.1.0)と馬券圏内100%。半姉がルージュバックという血統から、まだまだ上昇が見込める。

△3......ダイワキャグニーは斤量泣きするタイプ。昨年6月から1、2、6、12、14、4、11着。56キロを背負ってエプソムCを勝ち、毎日王冠2着。4着に敗れたマイラーズCも着差は0秒2差だった。一方、掲示板を外した4回は57.5キロと58キロ。前走の安田記念で失速したが、56キロの斤量なら大駆けも。

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 シュネルマイスター
2 2 サンレイポケット        
3 3 ラストドラフト        
4 4 マイネルファンロン        
4 5 ポタジェ
5 6 カデナ        
5 7 ダノンキングリー
6 8 ダイワキャグニー    
6 9 ヴェロックス        
7 10 ケイデンスコール    
7 11 カイザーミノル      
8 12 ヴァンドギャルド    
8 13 トーラスジェミニ    

買い目

大多7=1 7=12 7-5 7-13 1=12
綾恵1=7 1=5 1-10 1-11 7=5
ナベ7=10 7=5 7=1 7=8
たま1=7 1=12 1=5 1=8 1=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。