IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年10月9日(土)

11R

2021年10月9日(土) | 4回東京1日 | 15:45発走

第7回サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)

芝・左 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3300、1300、830、500、330万円 |

予想

◎本命はコマンドライン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.35.4

デビュー戦を単勝1.1倍の断然人気に応えて快勝。好位から力強く差し切って後続を3馬身引き離し、評判通りの走りを見せた。当時の2、3着馬ものちに勝ち上がっており、相手のレベルも水準以上。ディープインパクト産駒らしい決め手があり、全兄アルジャンナ(マイラーズC2着)より馬格にも恵まれた。連勝でタイトルを奪取し、エリートコースを突き進む。

○対抗はステルナティーア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.36.0

ステルヴィオ(マイルCS覇者)の全妹で、本馬も血統は良質。デビュー戦はスローペースの中団でしっかりと折り合い、豪快な差し切りを決めた。上がり3ハロン32秒7のシャープな末脚を発揮し、後続を3馬身突き放す快勝。17年の当レースで2着に泣いた兄ステルヴィオのリベンジを狙う。

▲単穴はウナギノボリ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

デビュー戦(1400M)はスタートで出遅れ、道中も追走に苦労。それでも直線では馬群を割って伸び、ゴール前で鋭く差し切った。距離が延びた方が良さそうなタイプで、直線の長い東京なら決め手を存分に発揮できる。重賞でも軽視はできない。

△抑えはケッツァー。


今週のワンポイントアドバイス

G1馬の兄に続け、ステルナティーア


今週から舞台を東京、阪神、新潟に移し、本格的な秋競馬シーズンを迎える。

2歳戦はクラシックに直結する重要なレースが目白押し。3歳馬はラスト1冠の秋華賞、菊花賞のトライアル戦に全力投球。古馬は天皇賞(秋)→ジャパンC→有馬記念へとつながる重賞戦線で激戦を繰り広げる。

今年7回目を迎える2歳馬のG3サウジアラビアRC。歴史は浅いが、歴代の優勝馬を見ると、ダノンプレミアム(2017年)とサリオス(19年)が次走で朝日杯フューチュリティSを制覇。昨年のステラヴェローチェは勝利こそならなかったが2着に入線。18年のグランアレグリアも翌年春の桜花賞馬に輝いた。「出世レース」として大きな注目を集めている。過去6回のデータを参照しながら傾向を見てみたい。

レースは12、9、18、8、9、10頭立て。連対馬は4−1、3−2、2−1、1−7、1−2、3−1番人気の組み合わせで決まった。上位1〜4番人気が5、3、2、1連対と期待に応え、人気薄馬の連対は7番人気の1頭だけ。

馬連配当は
3 け た......4回
1000円台...1回
2000円台...1回

最高配当は伏兵馬ドゴールが2着に食い込んだ18年の2080円。上位人気馬の好走で平穏な配当が続いている。

一方、3着に2、1、6、4、3、9番人気が入線した3連単配当は、7220円、5040円、6920円、1万円台、1080円、3万円台。こちらも3、1、9番人気で決着した昨年の3万4420円が最高配当。穴党には物足りないレースが続いている。

連対馬12頭の距離別は、1400M組1頭、1500M組1頭、1600M組7頭、1800M組3頭。1400M以下から距離を延ばした馬は苦戦傾向にある。

クラス別はオープン特別組1頭、新馬組9頭、未勝利組2頭。格上のオープン組が強いというデータはなく、新馬勝ちから直行した1戦1勝馬が勢いそのままに最多連対を果たしている。

また、性別は牡馬が9連対、牝馬は3連対。牝馬は出走数が少なく劣勢だが、現在3年連続で連対中で、昨年は唯一の牝馬が2着に入線。牝馬から目が離せない。

所属別は関東馬が4勝2着2回、関西馬は2勝2着4回。連対数は五分でも勝利数で関東馬が一歩リードしている。(たま)


◎......ステルナティーアは新潟の芝1600Mでデビュー勝ち。スタートを決めて中団で折り合い、直線外からメンバー最速の上がり32秒7で楽々と突き抜けた。ゴール前は流しながらの3馬身差。全兄ステルヴィオは17年の2着馬で、翌年にマイルCSを制覇した。G1に向け、まずは重賞勝ちを決めたい。

○......6月の東京でコマンドラインは1番人気に応えてデビュー戦を勝利。大型馬でエンジンがかかるのに時間を要したが、道中馬混みを経験し、ゴール手前で2着に3馬身差をつけた。2、3着馬が次走以降で勝ち上がるハイレベルの一戦。間隔は空いたが、大物感漂うレースぶりから連勝も十分に狙える。

▲......スタニングローズはデビュー戦で2着に敗れたが、次走で後続を2馬身半突き放して未勝利勝ち。距離を伸ばしてレースぶりが一変した。前走はスタートでつまずき最後方に置かれたが、強敵相手に上がり2位の末脚で5着まで追い上げた。重賞でもまれた貴重な経験を生かせれば、勝利も視野に入る。

△1......ロードリライアブルも2戦目の未勝利勝ち。その前々走はスローペースの後方3番手でじっくりと構え、直線を迎えると馬群をさばいて余裕の末脚で2馬身半ちぎった。前走の野路菊Sは逃げて8着に沈んだが、デビューから3戦連続で2000M戦を使われたキャリアはマイルで意外な強みになる。

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 スタニングローズ    
2 2 ケッツァー    
3 3 ステルナティーア
4 4 ガトーフレーズ      
5 5 ロードリライアブル      
6 6 コマンドライン
7 7 ウナギノボリ    

買い目

大多6=3 6=7 6-2 3=7
綾恵3=6 3=1 3-4 6=1
ナベ2=6 2=7 2=3
たま3=6 3=1 3=5
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。