IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年5月30日(日)

11R

2021年5月30日(日) | 2回東京12日 | 15:40発走

第88回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 |

予想

◎本命はエフフォーリア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

皐月賞(G1)を制し、デビューから一気の4連勝で1冠目を奪取。荒れた内の馬場をものともせずに突き抜け、後続を3馬身引き離す圧巻の内容だった。好位で立ち回れるセンスの良さがあり、末脚も非凡。今回の東京では百日草特別(1勝クラス)→共同通信杯(G3)と連勝し、コース適性も証明済みだ。距離は2400Mに延びるが、父エピファネイアと近親のアドマイヤムーンは当舞台でジャパンC(G1)を制しており、血統的に対応できる下地は十分。無敗のまま2冠を達成し、堂々と世代の頂点に立つ。

○対抗はサトノレイナス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

桜花賞(G1)では後方から上がり32秒9の豪脚で猛追したが、クビ差届かず2着に惜敗。マイルは短かった印象が強く、本質的には距離が延びて良さが出るタイプだろう。父ディープインパクト譲りの末脚が持ち味で、直線の長い東京コースに替わるのもプラス。紅一点で牡馬とは初対戦だが、斤量差を生かせばウオッカ(07年)以来となる史上4頭目の牝馬Vも夢ではない。

▲単穴はワンダフルタウン。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.25.2

休養を挟んで重賞連勝。前走・青葉賞(G2)は5カ月ぶりの実戦だったが、接戦を制して改めて力を示した。デビュー以来(3.1.1.0)と崩れておらず、前走は長距離輸送や2400Mにもしっかりと対応。ひと叩きされてさらなる上積みが見込めるため、皐月賞組が相手でも軽くは扱えない。

△抑えはアドマイヤハダル。△穴はタイトルホルダー。


今週のワンポイントアドバイス

戴冠のチャンス、サトノレイナス


オークスは2年連続で無敗の牝馬2冠馬誕生はならなかったが、今週は4戦4勝のエフフォーリアが無敗戴冠に挑戦する。2冠制覇となれば昨年のコントレイルに続き2年連続で8頭目の偉業達成となる。

2018年に誕生したサラブレッド7398頭の頂点に立つのはどの馬か。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は1−10、3−5、1−3、3−1、1−5、3−2、2−3、5−4、12−3、1−2番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は5、3、6連対。1番人気は4勝2着1回と物足りない成績だが、それを6連対の3番人気がカバーしている。

馬連配当は
3 け た......4回
1000円台...2回
3000円台...1回
5000円台...1回
7000円台...1回
万 馬 券......1回

12番人気が勝利した19年に1万1200円と荒れ、その前年にも7950円の高配当が出たが、2000円未満の人気サイド決着も6回。荒れるか、堅いかの見極めが必要となっている。

一方、3着に8、7、8、12、3、1、1、16、2、10番人気が入線した3連単配当は、10万、8万、5万、10万、1万円台、4600円、1万円台、285万円台、19万円台、5140円。こちらは18年の285万馬券を含めて10万円を超す高配当が4回も飛び出す波乱となっている。

路線別(着順)は皐月賞(1、3、2、4、1、1、2、3、5、6、7、1、3、1、2着)組が15連対と他路線を寄せ付けない強さを見せている。ほかでは、京都新聞杯(1、1、2着)組3連対、青葉賞(1、1着)組2連対。ステップは3路線に絞られ、3着を見てみても例外は18年のコズミックフォース(プリンシパルS1着)1頭のみ。上記3路線以外からの参戦馬(牝馬を除く)が連に食い込むのは厳しい状況となっている。なお、前走成績は皐月賞組なら2けた着順でなければ連対可能で、ほかの2組は1、2着に好走していることが条件となっている。

連対馬20頭の前走着順を整理すると、【9.4.3.1.1.2】(左から1〜5着、着外)。18頭が掲示板を確保し、うち16頭は馬券圏内に好走している。ちなみに、着外の2頭は6、7着。大敗馬の巻き返しは厳しい。

勝利数別は1〜4勝以上馬が16、80、71、12頭出走して0、4、13、3連対。連対率はそれぞれ0、5、18、25%。1勝馬に連対実績はなく、2勝以上を挙げていることが必要となっている。

また、キャリア別は3〜8戦以上馬が0、6、8、3、1、1連対。連対率は0、19、21、7、3、7%。キャリア5戦馬が最多8連対で、連対率でもトップ。キャリアの浅い3戦馬や逆に豊富な7戦以上馬には気になるデータとなっている。

東西対決は、関東馬が60頭出走して6連対(連対率10%)、関西馬は119頭で14連対(同12%)。関東馬は関西馬に大きくリードされているが、ここ2年連続で2着を確保している。

発走地点は先週のオークスと同じ直線の坂を上り切ったところ。枠番別の成績は、
1枠【3.2.1.14】
2枠【1.1.2.16】
3枠【2.0.1.17】
4枠【0.2.2.15】
5枠【1.1.0.18】
6枠【1.3.1.15】
7枠【1.1.2.26】
8枠【1.0.1.28】
(フルゲート18頭、14年は7番取り消し)

内の1〜4枠は6勝、2着5回、3着6回(勝率= 8%、連対率=14%、馬券対象率=22%)、外の5〜8枠が4勝、2着5回、3着4回(同=4%、同=9%、同=13%)。発馬から最初のコーナーまで約350Mと短く、勝率、連対率、馬券対象率で内枠が外枠を大きくリードしている。(たま)


◎......サトノレイナスは新馬、サフラン賞と連勝し、阪神ジュベナイルF、桜花賞でソダシとハナ、クビ差の2着だった。重賞勝ちはないものの、能力は明らかにG1級。出遅れ癖のある馬にマイル戦はベストの条件ではなかった。2年ぶりに有観客となる「競馬の祭典」。紅一点レイナスの末脚がさく裂する。

○......強敵は4戦4勝のエフフォーリア。デビューから一貫して中距離戦に参戦。一戦ごとに後続との差を広げながら皐月賞では2着に3馬身差をつけて圧勝した。距離延長に問題はなく、伸びやかなストライドは東京コース向き。若武者・横山武史騎手とのコンビで力を出し切れば、突き抜けても不思議はない。

▲......レッドジェネシスは初勝利に4戦を要したが、目下ゆきやなぎ賞、京都新聞杯と連勝中。前走は中団で脚をため、直線で力強く伸びる快勝だった。差す競馬を完全にマスターし、2走前に2400M戦を経験しているのも大きな強み。ロングスパートの利く直線の長い舞台で戴冠を決めたい。

△1......タイトルホルダーは前走の皐月賞で3馬身差の2着。勝ち馬に並ぶ間もなく抜き去られたが、2番手追走から3コーナーで先頭に立つ強気の競馬で連対を果たしてみせた。2走前に弥生賞ディープインパクト記念を楽々と逃げ切って重賞初制覇。マイペースに持ち込めれば簡単には止まらない。

△2......前走の毎日杯でグレートマジシャンはクビ差の2着。先に抜け出した勝ち馬を捕らえ切れなかったが、JRAレコードタイの時計で駆け抜けた。キャリア2戦での重賞初挑戦、初の長距離輸送で馬体重8キロ減を思えば悲観する内容ではない。今回はデビュー2連勝を決めた地元・東京コースでの競馬。万全の態勢で臨める。

△3......シャフリヤールは新馬勝ちの勢いで挑んだ共同通信杯で0秒4差の3着。格上馬相手にメンバー2番目タイの上がりで素質の片りんを見せた。前走の毎日杯は後手に回ったが、1分43秒9の破格の時計で重賞初制覇。少頭数戦だったとはいえ、一気の末脚で快勝した。全兄のアルアインは17年の皐月賞馬。G1初挑戦でも好勝負が期待できる。

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 エフフォーリア
1 2 ヴィクティファルス        
2 3 タイムトゥヘヴン        
2 4 レッドジェネシス    
3 5 ディープモンスター      
3 6 バジオウ        
4 7 グラティアス      
4 8 ヨーホーレイク      
5 9 ラーゴム        
5 10 シャフリヤール    
6 11 ステラヴェローチェ      
6 12 ワンダフルタウン      
7 13 グレートマジシャン      
7 14 タイトルホルダー  
8 15 アドマイヤハダル    
8 16 サトノレイナス  
8 17 バスラットレオン        

買い目

大多1=16 1=12 1-14 1-15 16=12
綾恵1=5 1=14 1-4 1-15 5=14
ナベ11=1 11=16 11=7 11=8 11=10
たま16=1 16=4 16=10 16=13 16=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。