IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年2月14日(日)

11R

2021年2月14日(日) | 1回東京6日 | 15:45発走

第55回共同通信杯(GIII)

芝・左 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はステラヴェローチェ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前々走・サウジアラビアRC(G3)を制して重賞タイトルを獲得。前走・朝日フューチュリティS(G1)でもレコード決着の僅差2着に好走するなど、世代トップクラスの力は証明済みだ。脚質に自在性があり、末脚も非凡。初距離に斤量増と課題はあるものの、あっさり克服してしまっても不思議はない。

○対抗はキングストンボーイ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.53.0

道悪の前々走・サウジアラビアRCは5着に終わったが、前走・ベゴニア賞(1勝クラス)を制して巻き返しに成功。良馬場でパフォーマンスを跳ね上げ、ラスト2ハロン11秒3−11秒2の上がり勝負を競り勝った。1800Mはデビュー戦でクリア済み。決め手が生きる展開となれば、逆転も可能とみる。

▲単穴はエフフォーリア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走・百日草特別(1勝クラス)を制して2連勝。スタート直後に他馬と接触したものの、上がり最速の末脚で堂々と差し切った。500キロ超の好馬体で、使われつつ更に良化気配。跳びが大きく直線の長い東京コースも合いそうだ。重賞でも互角以上のレースを期待したい。

△抑えはディオスバリエンテ。△穴はシャフリヤール。


今週のワンポイントアドバイス

地力上位、ステラヴェローチェ


過去10年、連対馬は3−6、2−1、4−2、1−3、3−1、6−5、2−6、6−3、3−1、3−4番人気の組み合わせで決まった。1、2番人気は4、3連対と手放しで飛びつけない成績だが、3番人気が6連対でトップ。上位3番人気は計13連対と期待に応えている。

馬連配当は
3 け た......4回
1000円台...1回
2000円台...2回
3000円台...1回
5000円台...1回
9000円台...1回

2016年に6、5番人気のワンツーで9650円の高配当が出たが、残る9回はすべて5080円(18年)以下。平均出走頭数も10.9頭と少なく万馬券が出るような波乱は起こっていない。

一方、3着に5、3、9、2、4、3、1、10、4、2番人気が入線した3連単配当は、3万円台、3790円、7万円台、3190円、1万円台、9万円台、1万円台、56万円台、2170円、1万円台。18年に3着に10番人気が飛び込んで56万6290円とドンと荒れたが、ほかは10万円未満で決着。無理な穴狙いは避けたほうが賢明か。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組8頭、オープン特別組4頭、1勝クラス組5頭、新馬組2頭、未勝利組1頭。11〜14年は格上のオープン組が8連対と連を独占していたが、ここ6年は1勝クラス組以下から毎年1頭は連対。下級条件馬が12頭中8頭も占める健闘を見せている。

路線別は朝日杯フューチュリティS組と東京スポーツ杯2歳S組が3連対で並んでトップ。次いで、2連対でホープフルS、若駒S、セントポーリア賞組と続いている。ただ、今年は上記路線からの参戦は朝日杯フューチュリティS組の2頭だけ。ステップから有力馬をあぶり出すのは難しい。

また、前走成績を見てみると【9.6.3.1.0.1】(1〜5着、着外)。連対馬の9割は前走3着以内に好走し、着外から連対したのは1頭のみ。前哨戦で馬券対象になっていることが連対への理想となっている。

キャリア別は1〜6戦以上馬が2、2、9、4、1、2連対。連対率は29、11、27、21、9、11%。連対馬のキャリアは幅広いが、3戦馬が安定した成績を残している。ちなみに、今年出走の12頭はキャリア1〜5戦。戦績による差は気にしなくてもよさそうだ。

所属別は関東馬が12連対(連対率18%)、関西馬は8連対(同22%)、地方馬が5頭で連対なし。連対数で関東馬がリードしているものの、率で関西馬が逆転。東西間格差はない。(たま)


◎......ステラヴェローチェは前走・朝日杯FSで0秒1差の2着。出負け、直線進路を切り替えるロスがありながらメンバー最速タイの33秒5の末脚で迫った。2走前にG3サウジアラビアロイヤルCを3馬身差で圧勝。地力上位は明らかで、伸びしろも十分。VでG1戦線へ向かう。

○......エフフォーリアは札幌の新馬戦に続き、百日草特別を連勝。その前走は中団待機から直線スペースが開くのを待つ余裕の追い出しでメンバー最速の33秒4をマークした。3カ月ぶりの実戦となるが、2勝目が2カ月半の休養明け。距離1ハロン短縮も問題ない。

▲......1戦1勝馬の能力比較は難しいが、筆頭にレフトゥバーズを推す。デビュー戦は中団でじっくりと脚をため、直線馬群の中からメンバー最速の33秒4の末脚で後続を3馬身半突き放した。いきなりの重賞戦で楽ではないが、決め手はオープン級。引き続き東京も好材料だ。

△1......キングストンボーイは皐月賞を勝ち、日本ダービー2着のエポカドーロの半弟。デビューから1、5、1着の成績。2戦目のサウジアラビアロイヤルCは不良馬場に泣いたが、2勝はいずれもレース最速の上がりで差し切った。末脚勝負に持ち込めれば出番はある。

△2......穴を出せばカイザーノヴァ。前走・朝日杯FSは後方2番手から追い込んで8着。連に絡めなかったが、上がり3ハロンは2着ステラヴェローチェと同タイムだった。G1の舞台を経験したことは大きな強みで、キャリアも5戦と豊富。はまれば一発が決まる。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 ディオスバリエンテ      
2 2 キングストンボーイ
3 3 ステラヴェローチェ
4 4 プラチナトレジャー    
5 5 ディープリッチ      
5 6 タイソウ        
6 7 エフフォーリア
6 8 レフトゥバーズ      
7 9 ヴィクティファルス      
7 10 ハートオブアシティ        
8 11 シャフリヤール      
8 12 カイザーノヴァ    

買い目

大多3=2 3=7 3-1 3-11 2=7
綾恵3=7 3=2 3-4 3-12 7=2
ナベ2=3 2=9 2=4 2=5 2=7
たま3=7 3=8 3=2 3=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。