IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年1月30日(土)

11R

2021年1月30日(土) | 1回東京1日 | 15:45発走

白富士ステークス(L)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:2600、1000、650、390、260万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はポタジェ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.57.8

前走・岸和田S(3勝クラス)を制し、3連勝でオープン入り。ルージュバック(重賞4勝)の半弟が本格化の気配を見せている。通算7戦(4.3.0.0)と連対率100%で、当舞台では昨年のプリンシパルS(L)でクビ差の2着。さらに連勝を伸ばし、春の大舞台へ弾みをつける。

○対抗はアトミックフォース。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.7

左回りの2000Mで全4勝をマーク。前走・ケフェウスSは13着と振るわなかったものの、フレグモーネ明けで馬体重10キロ減と本来のデキではなかった。軽快な先行力が身上で、昨年の新潟大賞典(G3)でも2着に善戦。立て直されての巻き返しを期待したい。

▲単穴はブレステイキング。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.2

△抑えはビターエンダー。△穴はサンレイポケット。


今週のワンポイントアドバイス

実績上位、サンレイポケット


今週から中央競馬の関東エリアは舞台が中山から東京に移り、1カ月の冬季競馬がスタートする。開幕週の日曜メインはG1フェブラリーS(東京=2月21日)の優先出走権を目指す16頭の精鋭が激突する「根岸S」。一方、関西エリアでは引き続き中京、小倉競馬が開催される。

まずは土曜の東京メイン「白富士S」の傾向を過去5回のデータで見てみたい。

レースはフルゲート14頭に対して12、14、10、9、14頭立てで行われ、連対馬は2−1、3−5、3−4、6−3、8−9番人気の組み合わせで決着した。上位1〜3番人気は1、1、3連対とほめられた成績ではなく、代わりに6、8、9番人気からそれぞれ1頭ずつが連対している。

馬連配当は
3 け た......1回
1000円台...1回
2000円台...1回
3000円台...1回
万 馬 券......1回

2けた人気馬の台頭はないものの、昨年は8、9番人気でゴールして2万5430円と大荒れとなった。

一方、3着に3、2、7、1、5番人気が入線した3連単配当は4350円、2万7710円、2万6920円、2万9950円、41万8050円。こちらも昨年に上位3番人気が連からそろって消え、41万円台の万馬券が飛び出す波乱となった。

連対馬10頭の前走は芝9頭、ダート1頭。距離は1600M組2頭、1800M組3頭(ダートを含む)、2000M組5頭。中距離1800〜2000Mから参戦した馬が好成績を残している。

クラス別(着順)は重賞(3、11、10、6着)組4頭、オープン特別(5、5、1、12着)組4頭、3勝クラス(1、1着)組2頭。下級条件の3勝クラス組は、前走勝利の勢いそのままに連対を果たしている。

ステップはサンプル数が少なく同一レースから連対した馬はいない。

また、年齢別は4〜8歳以上馬が6、13、13、18、9頭出走して、2、2、4、2、0連対。連対率は33、15、31、11、0%。6歳馬が連対数でリードしているが、率では4歳馬がトップに立っている。

東西対決は関東馬30頭と関西馬29頭で争って3対7。連対率はそれぞれ10、24%。関西馬が関東馬を圧倒している。(たま)


◎......サンレイポケットは昨年オープン入りして新潟記念、毎日王冠と連続3着。ここ2戦のG2戦で6、4着と敗れているが、着差はともに0秒4差以内。中でも前走の日経新春杯は16キロ増で掲示板を確保した。オープン特別のメンバーなら主役を張れる。

○......相手はデビューから7戦して(4.3.0.0)のポタジェ。クラシックに出走できなかったが、まだ底を見せておらず、芝2000Mで1〜3勝クラスを3連勝中の上がり馬。オープン入り初戦でもヒケを取らないスピードを備えている。

▲......ブレステイキングは6歳馬でもまだキャリア14戦。休み休みで出世も遅れているが、セントライト記念4着、チャレンジC3着の実績がある。昨年も使いたいレースに参戦できず、わずか3戦のみ。今回も7カ月ぶりとなるが、大駆けに警戒が必要だ。

△1......ビターエンダーはクラシック3冠に皆勤して14、10、17着。結果は残せなかったが、共同通信杯(2着)、プリンシパルS(1着)は評価できる。菊花賞以来の実戦となるが、立て直して相性のいい東京コース。軽視は禁物だ。

△2......3カ月の休み明けの前走・ケフェウスSでアトミックフォースは13着。流れに乗れなかったのは久々の影響だろう。東京は3勝を挙げている舞台で、休養前にG3エプソムCで小差の5着。一変の可能性は十分にある。

△3......レッドサイオンは5カ月ぶり、去勢明けの前走ディセンバーSで0秒9差の7着。休み明けで流れに乗れずに終わったが、今回はたたき2戦目で上積みが期待できる。東京も(1.0.2.0)と好相性。道中脚をため、直線勝負に持ち込めれば上位争いに浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 ゴールドギア        
2 2 リンディーホップ      
3 3 ギベオン        
4 4 アフリカンゴールド        
4 5 アトミックフォース
5 6 ポタジェ
5 7 フランツ      
6 8 ビターエンダー    
6 9 マイネルファンロン      
7 10 オウケンムーン        
7 11 レッドサイオン      
8 12 ブレステイキング
8 13 サンレイポケット

買い目

大多6=5 6=12 6-8 6-13 5=12
綾恵6=12 6=5 6-7 6-13 12=5
ナベ9=13 9=6 9=2 9=5 9=12
たま13=6 13=12 13=5 13=8 13=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。