IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2021年8月29日(日)

11R

2021年8月29日(日) | 4回新潟6日 | 15:45発走

第41回新潟2歳ステークス(GIII)

芝・左・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3100、1200、780、470、310万円 |

予想

◎本命はアライバル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.36.8

東京マイルで行われたデビュー戦を快勝。余裕残しの仕上げだったが、渋った馬場を苦にせず力強く差し切った。母クルミナルは桜花賞2着、オークス3着。半姉ククナも今年のクラシックで善戦した。一度使われてデキは更に上向いており、重賞タイトル獲得に期待がかかる。

○対抗はオタルエバー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.6

デビュー戦を4馬身差で逃げ切り勝ち。内枠から主導権を握って直線を迎えると、後続を一気に突き放した。開幕週だったとはいえ、ラスト3ハロンは11秒5−10秒7−11秒3。舞台経験がある点は強みで、マイペースなら前走の再現があっても驚けない。

▲単穴はセリフォス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.35.0

こちらは中京マイルでデビュー勝ち。出遅れをすぐにリカバーすると、好位から危なげなく押し切った。当時の2着馬が次戦を3馬身半差で勝っており、レースのレベルも水準以上。リフレッシュ放牧を挟んで仕上がりは良く、好勝負が期待できそうだ。

△抑えはクレイドル。△穴はタガノフィナーレ。


今週のワンポイントアドバイス

末脚さく裂、スタニングローズ


過去10年、連対馬は4−1、3−10、1−4、3−1、1−12、3−6、3−5、1−2、1−3、2−1番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は7、2、5連対と期待に応えているものの、人気薄の6、10、12番人気からそれぞれ1頭ずつが連対している。

馬連配当は
3 け た......5回
1000円台...1回
3000円台...1回
4000円台...1回
万 馬 券......2回

2けた人気馬が2着に食い込んだ年に1万2380円、1万3130円と荒れたが、半数の5回は3けた配当で決着。堅いか荒れるかの見極めが必要となっている。

一方、3着に9、9、6、6、8、2、2、8、8、3番人気が入線した3連単配当は5万、47万、3万、1万、26万、5万、4万、1万、1万円台、6810円。こちらは昨年こそ4けた配当で堅く収まったが、馬連万馬券の年に6けた配当が飛び出している。

連対馬20頭の前走の距離は
1200M=1頭
1400M=5頭
1600M=10頭
1800M=4頭

幅広い距離から連対馬が出ているが、優勝馬に限ると1400M(3頭)と1600M(7頭)に限られる。
また、クラス別は新馬組14頭、未勝利組6頭。格上のオープン組からはマコトルーメン(15年)が3着に入線しただけ。今年ダリア賞から参戦の2頭には気になるデータとなっている。

東西対決は関東馬が11連対、関西馬は9連対。連対率は11、15%。連対数で関東馬が一歩リードしているが、率で関西馬が逆転。現在5年連続で勝利を挙げている。

性別は牡馬が88頭出頭して15連対(7勝2着8回=連対率17%)、牝馬は70頭で5連対(3勝2着2回=連対率7%)。「夏に走る」といわれる牝馬は苦戦中だが、3着には5頭が入線。過去10回で9回馬券に絡む活躍を見せている。

また、キャリア別は1〜3戦馬が92、52、14頭出走して14、6、0連対、連対率は15、12、0%。キャリア1戦馬、つまり新馬から直行した馬が優勢となっている。(たま)


◎......スタニングローズはデビューから2走ともにメンバー最速の上がり、2戦目できっちりと勝ち上がった。過去10年、前走で上がりナンバーワン馬は9勝。末脚勝負型に有利な舞台となっている。牝系がジャパンC馬ローズキングダムなど輩出している「バラ一族」。未勝利からの直行でも重賞制覇に期待が膨らむ。

○......6月に東京の芝1600Mでアライバルはデビュー勝ち。スタートは速くなかったが、徐々にポジションを上げ、直線馬場の真ん中から33秒7の上がりで一気に突き抜けた。時計は目立たなかったが、次走をレコード勝ちした2着馬に2馬身半差の完勝。2連勝で重賞Vを狙える瞬発力を備えている。

▲......オタルエバーは前走、逃げて後続に4馬身差。内枠からハナに立ち、直線に入ると二の脚を使ってさらにギアアップ。勝ち時計1分34秒6も水準以上だった。他馬が先頭を主張すれば2、3番手でも対応できそうな印象。新潟はデビュー勝ちしたゲンのいい舞台。自慢のスピードで連勝を決めたい。

△1......東京の芝1600Mでクレイドルはクビ差でデビュー勝ち。5番手追走から直線抜け出すと、外から追い上げる2頭の追撃を許さなかった。着差はわずかでも2〜4着に下した3頭が次走2、1、1着とハイレベルな一戦だった。舞台は新潟に替わるが、同じ左回り。立ち回りひとつでタイトルに手が届く。

△2......クラウンドマジックは今年最初の2歳新馬を勝利。出遅れて後方からとなったが、直線で最内から徐々に外へ進路を切り替え、ゴール前できっちりと前を捕らえた。父エピファネイアは昨年の3冠牝馬デアリングタクトを出し、今年もエフフォーリアが皐月賞勝ち。クラシックに続く走りを見せたい。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 ナベ たま
1 1 セリフォス  
2 2 クレイドル  
3 3 ウインピクシス      
4 4 タガノフィナーレ      
5 5 スタニングローズ      
5 6 オタルエバー
6 7 クラウンドマジック      
6 8 アライバル
7 9 キミワクイーン      
7 10 サイード      
8 11 コムストックロード        
8 12 グランドライン        

買い目

大多8=6 8=1 8-2 8-4 6=1
綾恵6=1 6=2 6-8 6-9 1=2
ナベ6=8 6=10 6=1 6=3
たま5=8 5=6 5=2 5=7
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。