IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年1月18日(土)

11R

2020年1月18日(土) | 1回小倉1日 | 15:25発走

第57回愛知杯(GIII)

芝・右 2000m | 天気:小雨 | 馬場:重 | 4歳以上 | オープン (国際)牝(特指) ハンデ | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はセンテリュオ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.57.6

前走・エリザベス女王杯(G1)で0秒3差4着に健闘。一線級相手に十分な見せ場を作っており、G3なら主役を張れる存在だ。全4勝中3勝が2000Mと相性が良く、持ち時計もトップタイだ。小回りも苦にしないタイプだけに、重賞初制覇のチャンス。

○対抗はサラキア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.59.0

昨年のエプソムC(G3)ではハナを切り、牡馬相手に連対を確保。課題のスタートが改善したことで逃げ・差し自在な立ち回りが可能になった。前走・エリザベス女王杯(G1)は直線で挟まる不利があり6着に終わったものの、スムーズな競馬なら勝機までありそうだ。

▲単穴はサヴォワールエメ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・2.02.6

前走・クリスマスキャロル賞(2勝クラス)で牡馬を一蹴。休養を経て減っていた馬体が戻り、2番手から力強く突き抜けた。まだキャリア6戦の明け4歳馬で、2000Mにも対応済み。今回は格上挑戦となるが、牝馬同士でハンデ51キロなら大駆けの可能性も。

△抑えはパッシングスルー。△穴はアルメリアブルーム。


今週のワンポイントアドバイス

重賞初V、センテリュオ

2020年の第1回小倉競馬が18日(土)開幕する。今年は昨年の8日開催から12日開催へと4日間開催日が増える。その初日のメーン「愛知杯」は、中京競馬場から小倉に舞台が変更となって行われる。

ここでは開催時期が暮れの12月から1月に変わった16年からの4回のデータを参照して傾向を見てみたい。

レースは18、15、18、14頭立て。連対馬は8-5、1-10、6-11、8-1番人気で決まった。上位1〜3番人気は2、0、0連対とパッとしない成績で、6番人気以下から毎年連対馬が出ている。

馬連配当は
4000円台…1回
7000円台…1回
万 馬 券……2回

3けた配当で決着したことはなく、すべて4000円以上の高配当。16、18年には1万5570円、1万3120円の万馬券が出る大荒れ。今年も多頭数の16頭立てだけに波乱が起こっても不思議はない。

一方、3着に4、6、1、4番人気が入線した3連単配当は、34万、12万、12万、9万円台。4回中3回で10万円を超す万馬券が飛び出す難解なレースとなっている。

連対馬8頭のクラス別(着順)は、重賞(15、5、11、5着)組4頭、オープン特別(10着)組1頭、3勝クラス(2着)組1頭、2勝クラス(1、1着)組2頭。重賞から2勝クラスまで幅広く連対馬が出ている。ただ、前走成績を見ると、オープン組は着順に関係なく巻き返し可能となっているが、下級条件の2、3勝クラス組は1、2着に好走していることが連対への条件となっている。

ステップはエリザベス女王杯組とターコイズS組がそれぞれ2連対と好相性で、今年この2路線から計7頭が出走している。

東西対決は関東馬が2勝2着2回、関西馬も2勝2着2回。サンプル数は少ないものの、全く互角の成績を残している。

連対馬のハンデは(55.5、50)(53、52)(54、51)(54、55)キロで決着。毎年のように50〜53キロの軽量馬が連に食い込んでいる。

また、トップハンデ馬の成績は、1、(12、13)、3、(2、6、12)着。ハンデ頭は17年を除く3回で馬券対象になる3着以内に好走している。


◎……牝馬限定戦のG3戦なら昨秋のエリザベス女王杯を使ってきた組を有力視したい。本命はそこで最先着を果たしたセンテリュオ。前走は3番手追走から0秒3差の4着に敗れたが、最後までしぶとく2位争いに加わった。2000Mは3勝とベストの距離で、この舞台で1勝クラスを圧勝。実績のある小倉で初重賞Vを決める。

○……パッシングスルーは昨年7月に福島で1勝クラスを3馬身差で圧勝し、続く紫苑Sも快勝。小回りコースの2000M戦を連勝した。前走の秋華賞はやや重馬場に脚を取られていたが、開幕週の馬場で巻き返す。

▲……前走のサヴォワールエメは2番手追走から楽な手応えで直線を迎え、鞍上がゴーサインを出すと一気に伸びて2馬身差でゴール。2勝クラスからの直行で格下だが、16、18年に同クラスの5、11番人気馬が2着に健闘している。

△1……アルメリアブルームは重賞初挑戦の前走がいきなりG1だったが、0秒7差の8着。掲示板を外したが、道中の立ち回り、ラストの伸び脚ともに光った。小倉は2勝クラスを快勝した舞台。相手弱化でチャンスも十分ある。

△2……前走エリザベス女王杯でサラキアは0秒4差の6着。互角にスタートを切れるようになって、道中のタメが利き成績が安定した。小倉は一昨年の青島特別(芝1700M)でレコード勝ち。流れに乗って立ち回れば好勝負になる。

△3……フェアリーポルカは秋華賞で大差の16着。中団に待機して勝ち馬を見る形でレースを進めたが、緩い馬場で力を出し切れなかった。大きく崩れたのはG1のオークスと前走だけ。紫苑S2着の内容なら、軽ハンデ53キロは魅力だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 サヴォワールエメ    
1 2 センテリュオ
2 3 レイホーロマンス        
2 4 モルフェオルフェ        
3 5 デンコウアンジュ    
3 6 アルメリアブルーム    
4 7 アロハリリー        
4 8 パッシングスルー    
5 9 リリックドラマ        
5 10 ランドネ      
6 11 ウインシャトレーヌ        
6 12 カレンシリエージョ        
7 13 レッドランディーニ      
7 14 フェアリーポルカ    
8 15 ポンデザール      
8 16 サラキア  

買い目

大多2=16 2=1 2-6 2-8 16=1
綾恵5=2 5=14 5-10 5-16 2=14
山田2=5 2=13 2=15 5=13 5=15 13=15
たま2=8 2=1 2=6 2=14 2=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。