IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年11月22日(日)

11R

2020年11月22日(日) | 5回阪神6日 | 15:40発走

第37回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13000、5200、3300、2000、1300万円 |

予想

◎本命はグランアレグリア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.31.6

春の安田記念(G1)でアーモンドアイに快勝。秋の始動戦となったスプリンターズS(G1)でも豪快な差し切りを決め、マイルとスプリントの2階級制覇を達成した。マイル戦は(4.0.1.1)と相性が良く、阪神では桜花賞(G1)をレースレコードで快勝。1200MのスプリンターズSは追走に手間取る場面があったことからも、距離延長はプラスに働く。気性と馬体の両面の成長が著しい今なら、春秋マイルG1制覇の期待は十分だ。

○対抗はサリオス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.7

皐月賞(G1)、日本ダービー(G1)はいずれも2着。のちに3冠馬に輝いたコントレイルの前に涙を飲んだものの、現3歳世代トップクラスの実力を持つ。秋初戦の前走・毎日王冠(G2)では古馬を一蹴し、上々の滑り出し。マイル戦は、昨年の朝日杯FS(G1)をレースレコードで制すなど、3戦3勝と負け知らずだ。一線級の古馬相手でも互角以上に戦えるだろう。

▲単穴はアドマイヤマーズ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.32.3

昨年の香港マイル(国際G1)を制すなど、国内外でマイルG1・3勝をマーク。前走・スワンS(G2)は3着に終わったものの、斤量58キロを背負ったうえに初の1400Mだったことを思えば、前哨戦としては上々だろう。今回のメンバーでも実績は引けを取らず、休み明けをひと叩きされて順当に良化ムード。ベストのマイルで本領を発揮する。

△抑えはインディチャンプ。△穴はレシステンシア。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

世代交代、サリオス


有馬記念まで7週連続G1開催の第2弾は秋の「マイル王決定戦」。今年は阪神競馬場で開催される。ここでは過去10回京都で行われたデータを参考にレース傾向を見てみたい。

連対馬は13−1、5−11、4−1、2−3、8−3、4−2、3−2、4−2、5−3、3−1番人気で決着した。上位1〜3番人気は3、4、5連対とまずまずの成績だが、8、11、13番人気からそれぞれ伏兵馬が1頭ずつ連対している。

馬連配当は
3 け た......1回
1000円台...3回
2000円台...2回
3000円台...2回
万 馬 券......2回

2けた人気馬が連に絡んだ年に1万4240円、1万2800円と荒れたが、その後8回はすべて4000円未満に収まっている。また、3着に6、4、5、1、9、1、7、7、4、6番人気が入線した3連単配当は、47万、27万、5万、1万、19万、1万、4万、5万、2万、1万円台。こちらは10〜14年に19〜47万円台の高配当が3回出ているが、ここ5年の波乱度は低い。

連対馬20頭はG1組5頭、G2組8頭、G3組7頭。すべて重賞からの臨戦で、G2組とG3組が格上のG1組を上回る好走を見せている。

路線別(着順)は7連対で富士S(1、1、7、2、5、1、5着)組がトップ。次いで、スワンS(8、1、2、3、2着)組5連対、2連対で天皇賞・秋(8、2着)組、スプリンターズS(6、2着)組、毎日王冠(2、3着)組が続いている。ただ、2走前に目を移すと、安田記念に出走した馬が9連対。ステップでは1連対と目立たないが、春のマイル王決定戦を経由した馬は軽視できない存在となっている。ちなみに、今年はグランアレグリア、アドマイヤマーズ、ヴァンドギャルドの3頭が該当する。

また、出走間隔を見ると、15年に安田記念(6月7日)から1着となったモーリスを除く19頭は、10〜11月中に1度はレースに参戦。3着馬を見ても10頭中8頭が、この条件に該当し、休養馬は苦戦している。

年齢別は3〜7歳以上馬が2、10、6、2、0連対。連対率は6、28、10、7、0%。4歳馬が他世代を大きくリードしている。

性別は牡馬149頭と牝馬29頭で争って、20対0。牝馬は大苦戦中だが、今年の古馬G1戦線は牝馬が大活躍。その流れを重視すれば牝馬軽視は危険か。

例年、フルゲートの18頭立て(14、19年は17頭)。枠の内外の有利不利も気になるところで、枠番別の成績を見ると、内枠の1〜4枠が【5.7.5.63】(1〜3着、着外)、外枠の5〜8枠が【5.3.5.85】(同)。内枠が2着回数でリードしているが、1、3着は全くの互角。多頭数戦でも枠の内外をあまり気にしなくてよさそうだ。

◎......秋初戦の毎日王冠でサリオスは古馬を相手に完勝。デビューから【4.2.0.0】と底を見せておらず、2歳時とはいえ、芝1600Mは3戦3勝の実績だ。皐月賞とダービーで2着に敗れたが、相手はともに3冠馬コントレイル。このメンバーなら堂々と主役を張れる。

○......アドマイヤマーズはデビューから4連勝で朝日杯フューチュリティSを勝ち、NHKマイルC、香港マイルを制覇した。前走スワンSは初距離で、休み明け。厳しい条件の中でも3着と崩れなかった。たたき2戦目。G1・4勝目を狙う態勢は整った。

▲......グランアレグリアは前走のスプリンターズSを2馬身差で圧勝。豪快な差し切りを見せたが、本質的にはアーモンドアイを降した1600Mがベストだろう。2階級制覇のスピード馬だが、気になるのが前走激走の反動。今回は3番手評価とした。

△1......サウンドキアラは今年、京都金杯から3連勝してヴィクトリアマイル2着とパワーアップした。前走スワンSは内の荒れたところを走らされ10着に敗れたが、勝ち馬とは0秒5差。着順ほど離されていない。ベストの阪神で【1.2.2.0】で反撃に転じる。

△2......デビュー勝ち後、ヴァンドギャルドは不振が続いたが、昨年9月に芝1600Mの1勝クラスを快勝。そこから3連勝した。前走・富士Sも5番人気と評価は低かったが、レース最速の上がりで豪快に差し切った。人気はないが、決め手はG1級。混戦で浮上する。

△3......インディチャンプは昨年、春秋マイルG1を制覇した実力馬。前走の安田記念は右後肢を落鉄しながらも、0秒5差の3着と馬券圏を確保した。今秋はスプリンターズSで始動予定だったが、体調不良で回避。たたき良化型で、5カ月ぶりを克服できるかがカギとなる。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ベステンダンク        
1 2 レシステンシア      
2 3 ケイアイノーテック        
2 4 グランアレグリア
3 5 メイケイダイハード        
3 6 ラウダシオン        
4 7 アドマイヤマーズ    
4 8 インディチャンプ
5 9 カツジ        
5 10 ブラックムーン        
6 11 スカーレットカラー        
6 12 アウィルアウェイ      
7 13 タイセイビジョン        
7 14 サウンドキアラ    
8 15 ペルシアンナイト        
8 16 ヴァンドギャルド    
8 17 サリオス

買い目

大多4=17 4=7 4-2 4-8 17=7
綾恵8=17 8=12 8-4 8-16 17=12
山田4=17 4=14 4=8 17=14 17=8 14=8
たま17=7 17=4 17=8 17=14 17=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。