IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年11月15日(日)

11R

2020年11月15日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第45回エリザベス女王杯(GI)

芝・右 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

予想

◎本命はラッキーライラック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.14.1

春の大阪杯(G1)で牡馬を一蹴。1番人気に推された前走・札幌記念(G2)は3着に終わったが、直線で早めに抜け出して後続に目標にされた分もあった。昨年の当レースを快勝するなど、G1・3勝の実績はメンバー随一。今年は阪神に舞台が替わるが、大阪杯の走りを見ればコース適性の高さは疑いようがない。連覇達成の期待は十分だろう。

○対抗はノームコア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.13.7

昨年のヴィクトリアマイル(G1)をレコードで快勝。前走・札幌記念(G2)は久々の中距離戦で牡馬相手だったが、力強く差し切って重賞4勝目を飾った。3歳時に挑戦した一昨年の当レースは5着に終わったものの、キャリアを重ねて今が円熟期。阪神内回りなら、1ハロンの距離も対応は可能とみる。要注意の一頭だ。

▲単穴はラヴズオンリーユー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.14.3

デビューから4連勝で無敗のオークス馬に輝いた逸材。昨年の当レースでも半年ぶりのぶっつけ本番で3着を確保したように、現役牝馬では屈指の能力を誇る。オークス以降は勝ち星から遠ざかっているが、休み明けの前走(5着)をひと叩きされて良化ムード。昨年よりも臨戦過程は良いだけに、改めて存在感を示したいところだ。

△抑えはセンテリュオ。△穴はエスポワール。


今週のワンポイントアドバイス

素質開花、サラキア


今年の秋G1シリーズ4戦はすべて1番人気が勝利と、本命党にはうれしい流れが続いている。第5戦も堅く決まるのか、それとも波乱決着となるのか。京都競馬場で行わた過去10年の同名レースを参考に傾向を見てみたい。

連対馬は4−2、1−2、7−1、2−6、3−1、6−1、3−12、5−9、3−9、3−7番人気で決着した。上位1〜3番人気は4、3、4連対とパッとしない成績で、6番人気以下からも計7頭が連対している。

馬連配当は
3 け た......2回
1000円台...3回
2000円台...1回
3000円台...1回
8000円台...1回
9000円台...1回
万 馬 券......1回

12番人気の伏兵馬が2着になった2016年に1万3710円と荒れ、その後も8030円、9800円の高配当が続き、昨年の3380円を含めてここ4年は波乱の傾向を見せている。

また、3着に1、4、5、5、6、4、2、3、1、1番人気が入線した3連単配当は、1万円台、9430円、5万円台、6万円台、1万円台、2万円台、15万円台、12万円台、5万円台、2万円台。こちらも16年と17年に15、12万馬券が飛び出す荒れ模様。近年は馬連同様に波乱含みとなっている。

路線別は(着順)は府中牝馬S(4、1、7、1、2、5、3、5着)組が8連対でトップ。現在4年連続で連対中で、しかもうち3回で1、2着を独占する激走を見せている。ほかでは秋華賞(1、2、1、2、3着)組が5連対、3連対でオールカマー(2、5、2着)組と続いている。なお、前走着順は上記路線を含めて【6.5.3.2.3.1】(1〜5着、着外)。20頭中19頭が5着以内で、前走掲示板を外した馬の巻き返しは厳しくなっている。

また、ローテーションを見ると、連対全馬が9月か10月に1度はレースに出走。休み明けで連に絡んだ馬は1頭もいない。8月の札幌記念から直行する人気馬のラッキーライラックらにとっては気になるデータとなっている。

年齢別は3〜7歳以上馬が7、9、3、1、0連対。連対率は18、15、6、7、0%。連対数で4歳馬が世代をリードしているが、率では3歳馬が優勢となっている。

所属別は関東馬が48頭出走して4連対(連対率8%)、関西馬が121頭で14連対(同12%)。関西馬が関東馬を大きくリードしている。なお、今年は外国馬の参戦はないが、4頭出走で2勝の実績を残している。


◎......ディープインパクト産駒のサラキアが2走前の小倉日経オープンで約2年ぶりに勝利。続く府中牝馬Sで重賞初制覇を果たした。オープンで苦戦していたが、ここ2戦で素質が一気に開花。人気はないが、最重要ステップのG2戦を豪快に差し切った上がり馬。3連勝でG1制覇を決めても不思議はない。

○......センテリュオは、やや重の前走オールカマーを差し切って重賞初制覇。相手も昨年のジャパンC2着のカレンブーケドールだから力がある。芝2200Mは昨年このレース4着を含めて【2.2.0.1】と得意。時計がかかるようなら、さらにチャンスは広がる。

▲......エスポワールは前走6カ月ぶりの新潟牝馬Sで2着。勝ち馬には離されたが、直線鋭く伸びて次走につながる末脚を見せた。今回コンビを組む武豊騎手はこのレースで最多4勝を挙げ、先週5勝の固め打ちをしているレジェンド。一発が期待できる。

△1......ラッキーライラックは京都で開催した昨年の覇者。前走の札幌記念(3着)は早めに仕掛けた分、他馬の目標となり押し切れなかったが、春の大阪杯では一線級の牡馬を力でねじ伏せた。8月以来の実戦は気になる材料だが、G1・3勝の実績は侮れない。

△2......札幌記念を制覇した勢いでG1・2勝目を狙うノームコア。その前走は最内枠からロスなく立ち回り、3〜4コーナーで外に出して直線あっさりと抜け出して快勝した。9、10月に実戦を使われていない点は気になるが、タイトル奪取を狙える能力は十分備えている。

△3......ソフトフルートは2走前に2勝クラスを勝ち上がり、抽選を突破して秋華賞に出走。出遅れて最後方からとなったが、レース最速の上がりで2馬身差の3着と重賞で通用の決め手を見せた。一気に力をつけた今なら、大駆けがあっても驚けない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 シャドウディーヴァ      
1 2 サムシングジャスト      
2 3 リュヌルージュ        
2 4 ソフトフルート      
3 5 リアアメリア        
3 6 ノームコア
4 7 ロサグラウカ        
4 8 センテリュオ  
5 9 ウインマイティー        
5 10 カーロバンビーナ        
6 11 ラヴズオンリーユー      
6 12 ウインマリリン        
7 13 サラキア    
7 14 サトノガーネット        
7 15 ウラヌスチャーム      
8 16 ミスニューヨーク        
8 17 エスポワール    
8 18 ラッキーライラック

買い目

大多18=6 18=11 18-8 18-17 6=11
綾恵15=18 15=2 15-6 15-8 18=2
山田6=18 6=13 6=1 18=13 18=1 13=1
たま13=8 13=17 13=4 13=6 13=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。