IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年7月19日(日)

11R

2020年7月19日(日) | 4回阪神6日 | 15:35発走

第68回トヨタ賞中京記念(GIII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はギルデッドミラー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.8

今年のNHKマイルC(G1)3着馬。ここまで(2.2.2.1)と安定した成績を収めており、1600Mでは複勝圏を外していない。当舞台では前々走・アーリントンC(G3)で2着の実績。課題だった折り合い面にも進境を見せており、今回は51キロの軽ハンデ。初タイトル獲得の大きなチャンスとなりそうだ。

○対抗はケイアイノーテック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.31.3

前走・安田記念(G1)は勝ち馬グランアレグリアが強かったものの、2着と0秒3差の5着に善戦。近走は差し一辺倒だったが、後方から早めに進出して粘り強さを見せていた。一昨年にNHKマイルC(G1)を制した実績馬。久々の重賞制覇で復活をアピールしたい。

▲単穴はトロワゼトワル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.30.3

昨秋の京成杯オータムH(G3)を1分30秒3のレコードで逃げ切り勝ち。その後2戦は結果を出せなかったが、前走・ヴィクトリアマイル(G1)で4着と復調の兆しを見せている。今回も単騎逃げが叶いそうなメンバー構成。G3ならスピードで押し切る場面もありそうだ。

△抑えはソーグリッタリング。△穴はラセット。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

軽量魅力、ギルデッドミラー

今年はオリンピックによる変則日程で阪神競馬場で開催される。芝1600Mで行われた12年以降のデータで傾向を見てみたい。

過去8回、レースはすべてフルゲート16頭立て。連対馬は5-6、5-13、7-11、6-13、7-6、5-2、1-5、3-6番人気の組み合わせでゴールした。

馬連配当は
2000円台…3回
4000円台…1回
5000円台…1回
万 馬 券……3回

上位1〜3番人気は1、1、1連対と全くアテにならず、13、14、15年に2万2000円、2万90円、1万7070円の万馬券が出ている。

また、3連単配当は23万、36万、42万、25万、8万、2万、2万、1万円台で決着。こちらも20〜42万円台の高配当が4回も飛び出す大荒れとなっている。ちなみに、3着には10、3、5、3、4、1、4、1番人気が入線している。

連対馬16頭の路線別は、4連対で米子S組とパラダイスS組が並んでトップ。2連対でNHKマイルC組と京王杯スプリングC組が続いている。オープン特別組が好走しているが、ここ2年はG1組とG2組が1〜3着を独占。重賞組が格上の貫録を見せている。

年齢別は3〜7歳以上馬が7、13、50、35、23頭出走して、2、0、9、4、1連対。連対率はそれぞれ29、0、18、11、4連対。5歳馬が最多9連対を果たしているが、昨年はNHKマイルC組から2頭が連対。3歳馬が反撃の兆しを見せている。

牡馬110頭と牝馬18頭で争った性別は、14対2。連対率は13、11%。牝馬は出走頭数が少なく劣勢となっているが、率ではほぼ互角の成績を残している。

連対馬のハンデは(57、54)(57、57)(58、56)(57、52)(55、56)(57、56)(56.5、56)(52、52)キロの組み合わせで決着。昨年こそ軽量馬同士のワンツーとなったが、53キロ以下の軽ハンデ馬は苦戦している。

一方、トップハンデ馬の成績は(3、7、15)、(1、2、3、14)、1、7、9、10、(18、13、15)、11着。ハンデ頭は8年間で2勝、2着1回、3着2回。その信頼度は低く、手放しでは飛びつけない。

東西対決は関東馬が22頭出走して4連対(連対率18%)、関西馬は106頭で12連対(11%)。連対数で関西馬がリードしているが、率で関東馬が逆転している。


◎……勢いに乗るギルデッドミラーで勝負する。好位で折り合う競馬で2走前にアーリントンC2着、前走NHKマイルC3着。初の古馬相手となるが、3歳牝馬で51キロは恵まれ、芝1600Mも(1.2.2.0)と好相性。初タイトル奪取に態勢は整った。

○……相手は前走のヴィクトリアマイルで4着に逃げ粘ったトロワゼトワル。12番人気の低評価でマイペースの逃げが打てたとはいえ、あわやの2着という競馬だった。全5勝中3勝をこの時期に挙げている夏女。波乱演出があっても驚けない。

▲……ラセットは前走・米子Sで1馬身半差の2着。4コーナー17番手から進路を探しながらの追い出しで、レース最速の上がりをマークした。もう少しスムーズなら、もっと差は詰まっていたか。長期休養で出世が遅れているが、きさらぎ賞3着の実力馬。軽視は禁物だ。

△1……ケイアイノーテックは18年のNHKマイルC馬。その後13連敗中だが、前走・安田記念はいつもより少し早めに動いて0秒7差の5着と掲示板を確保した。トップハンデタイの57キロを背負うが、ここで唯一のG1馬。ノーマークにはできない。

△2……1頭になると気を抜くところがあるソーグリッタリングだが、ここ2戦は最後までしっかりと伸びて連続2着。前走エプソムCでは道悪にも対応している。57キロを課せられたが、そろそろ重賞タイトルを奪取してもいい。

△3……ここ3戦のプリンスリターンはシンザン記念2着、アーリントンC3着、NHKマイルC15着。前走はG1で相手も強かったが、ごちゃつく競馬で大敗した。今回はG3戦で斤量も前回より5キロ減。大駆けに警戒したい。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ベステンダンク        
1 2 ハッピーアワー        
2 3 ロードクエスト        
2 4 トロワゼトワル
3 5 レッドレグナント        
3 6 ペプチドバンブー        
4 7 ケイアイノーテック  
4 8 ディメンシオン      
5 9 ブラックムーン        
5 10 プリンスリターン      
6 11 ソーグリッタリング
6 12 ミッキーブリランテ      
7 13 ラセット    
7 14 メイケイダイハード        
7 15 ギルデッドミラー  
8 16 リバティハイツ        
8 17 ストーミーシー        
8 18 エントシャイデン      

買い目

大多15=7 15=4 15-11 15-13 7=4
綾恵15=11 15=4 15-12 15-18 11=4
山田4=11 4=8 4=7 11=8 11=7 8=7
たま15=4 15=13 15=7 15=10 15=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。