IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年7月5日(日)

11R

2020年7月5日(日) | 4回阪神2日 | 15:35発走

第56回CBC賞(GIII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はクリノガウディー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:重・1.08.7

高松宮記念(G1)は初めての1200Mで1位入線。斜行による走行妨害で4着降着となったものの、高いスプリント性能を示した。G3なら地力上位の存在で、阪神では一昨年の朝日杯フューチュリティ(G1)2着の実績。斤量58キロでも中心視できる。

○対抗はミッキースピリット。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.08.3

前走・朱雀S(3勝クラス)は好位のインから差し切って快勝。距離短縮で軌道に乗り、1勝クラスから一気の3連勝でオープン入りを果たした。いずれも着差は僅かだが、接戦を勝ち切った勝負強さは注目に値する。軽ハンデを味方に一気にタイトルを奪取しても驚けない。

▲単穴はタイセイアベニール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.07.7

近4戦で1、1、3、1着。前走・鞍馬S(オープン)は上がり3ハロン32秒6で鋭く差し切り、本格化の気配を見せている。1200Mで計5勝を挙げており、急坂も苦にしないタイプ。今の勢いなら、重賞でも通用しそうだ。

△抑えはアウィルアウェイ。△穴はレッドアンシェル。


今週のワンポイントアドバイス

◇阪神11R・CBC賞

今年は変則開催で中京競馬場から阪神に変更して施行される。参考になるデータがなく、データによる分析はパスする。

タイセイアベニールは昨年、距離を芝1200メートルに戻して成績が安定。特に、11月以降は2、3勝クラスと連勝し、リステッド競走3着を挟んで前走オープン特別を快勝。完全に軌道に乗った。荒れた馬場も苦にしない印象で、末脚勝負になれば重賞初Vがかなう。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ナインテイルズ        
1 2 レッドアンシェル    
2 3 ラブカンプー        
2 4 グランドロワ  
3 5 エイシンデネブ        
3 6 アンヴァル        
4 7 クリノガウディー
4 8 ロケット      
5 9 タイセイアベニール    
5 10 ショウナンアンセム      
6 11 アウィルアウェイ  
6 12 ダイシンバルカン        
7 13 ミッキースピリット    
7 14 ディメンシオン    
8 15 ノーワン        
8 16 ジョイフル        

買い目

大多7=13 7=9 7-2 7-11 13=9
綾恵7=4 7=10 7-2 7-14 4=10
山田7=11 7=4 7=14 11=4 11=14 4=14
たま9=8 9=11 9=4 9=7 9=13
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。