IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年6月28日(日)

11R

2020年6月28日(日) | 3回阪神8日 | 15:40発走

第61回宝塚記念(GI)

芝・右 2200m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はサートゥルナーリア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

皐月賞(G1)を制した昨年の最優秀3歳牡馬。今年の始動戦となった金鯱賞(G2)は斤量58キロで快勝し、上々の滑り出しを見せた。古馬になってさらに馬体が逞しくなり、課題の気性面も成長。レース間隔は3カ月半空いたものの、休み明けで4戦4勝とフレッシュな時の方が好走するタイプだ。夏のグランプリを制し、堂々と上半期を締めくくる。

○対抗はラッキーライラック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.14.1

今年の大阪杯(G1)を制し、G1・3勝目をマーク。好位のインから鋭く差し切り、今回も有力なクロノジェネシスらに快勝した。阪神コースは重賞3勝を挙げるなど、(3.1.0.1)と好相性。立ち回りがうまく、内回りも苦にしない。今週の追い切りでも抜群の動きを見せ、仕上がりの良さをアピール。再び牡馬を負かしても驚けない。

▲単穴はクロノジェネシス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.14.4

昨年の秋華賞馬。ここまで(5.2.2.1)と抜群の安定感を誇り、唯一複勝圏を外したエリザベス女王杯(G1)でも0秒3差の5着と崩れていない。前走・大阪杯(G1)は大外枠のロスがありながら、ラッキーライラックとクビ差の2着。中間の動きも順調で、ここも首位争いに絡んでくる。

△抑えはブラストワンピース。△穴はグローリーヴェイズ。


今週のワンポイントアドバイス

勝機到来、ラッキーライラック

今年の「サマーグランプリ」はレース史上最多のG1馬8頭を含む18頭で争われる。ファン投票第1位のアーモンドアイは回避したが、ベストテンからラッキーライラック(2位)、サートゥルナーリア(3位)、クロノジェネシス(6位)、キセキ(7位)、ワグネリアン(8位)、ブラストワンピース(10位)が参戦。ほかにも前走の香港ヴァーズを制したグローリーヴェイズや2017年のマイルCS馬ペルシアンナイトなど、上半期の最強馬決定にふさわしい豪華メンバーが顔をそろえた。

過去10年、連対馬は8-1、6-1、1-2、2-5、1-9、6-10、8-1、3-5、7-10、3-1番人気の組み合わせで決まった。1番人気は6連対とまずますの成績を残しているものの、2、3番人気が2、2連対と不振。代わりに6番人気以下から8頭が連対している。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…2回
2000円台…1回
5000円台…3回
8000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……1回

15年に6、10番人気の順でゴールして1万2900円の万馬券決着となり、ほかにも5000円以上の高配当が5回。伏兵馬の食い込みに警戒したい。

一方、3着に3、3、6、1、8、11、2、4、12、6番人気が入った3連単配当は、7万、1万、1万、2万、25万、52万、2万、7万、49万、1万円台。20万円を超す万馬券が3回も飛び出す大荒れとなってぃる。

路線別は天皇賞・春組が6連対と好相性で、3連対で鳴尾記念組、2連対で大阪杯、ヴィクトリアマイル組が続いている。ちなみに、今年は上記の有力路線から12頭が参戦している。

年齢別は3〜7歳以上馬が0、5、11、3、1連対。連対率はそれぞれ0、11、23、13、4%。最多連対の5歳馬は11年から9年連続連対中で、現在6連勝の快進撃を続けている。

また、性別は、牡馬が124頭出走して15連対(連対率12%)、牝馬は20頭で5連対(同25%)。出走頭数の少ない牝馬は連対数で劣勢だが、率で牡馬を大きくリードしている。なお、牝馬は毎年出走して、その年の最高成績は2、2、14、3、3、2、1、3、4、1着。10回中8回で馬券圏を確保する活躍を見せている。今年はクロノジェネシスとラッキーライラックに注目したい。

今年は外国馬の参戦がなく、関東馬VS関西馬。関東馬は5連対(連対率17%)、関西馬は14連対(同12%)。連対数で関西馬、率で関東馬がリードしている。


◎……5歳牝馬ラッキーライラックで勝負する。昨秋のエリザベス女王杯、前走の大阪杯はともにインを突いての差し切り勝ち。馬込みを苦にしない立ち回りと勝負根性は、今回の阪神内回り芝2200Mでは大きな武器となる。出走メンバー中、唯一のG1・3勝馬。春のグランプリを奪取する条件が整った。

○……サートゥルナーリアは9戦して(6.1.0.2)。ダービー、天皇賞(秋)で4、6着と連を外したのはテンションが上がったのが敗因だろう。有馬記念は厳しい展開の中で2着を確保し、今年初戦の金鯱賞を快勝した。一流馬の資質を備えていることは間違いない。

▲……ここ3戦のキセキは5、7、6着と凡走。昨秋の海外遠征(フォワ賞3着、凱旋門賞7着)の疲れが尾を引いている感が強く、距離も少し長かったか。菊花賞(不良馬場)を勝っているが、ベストは2000〜2200M。距離短縮でリズムよく運べれば一変がある。

△1……デビューから10戦してクロノジェネシスは(5.2.2.1)。馬券圏外は0秒3差5着のエリザベス女王杯だけ。前走・大阪杯のクビ差2着は、大外枠で終始勝ち馬の外を走らされた差が出たか。2走前に芝2200Mの京都記念勝ち。今回もV争いは必至だろう。

△2……ブラストワンピースは2走前に凱旋門賞帰りでアメリカJCC(芝やや重2200M)を快勝。一昨年のグランプリ馬の底力を見せた。前走の大阪杯は狙ったポジションが取れず、外々を回ったのが痛かった。G1勝ちを含め重賞5勝馬。流れに乗れば反撃に転じられる。

△3……穴を出せばワグネリアン。一昨年の神戸新聞杯を最後に勝ち星から遠ざかっているが、その後5戦(4戦はG1)は3、4、5、3、5着。すべてで掲示板を確保し、着差も0秒6差以内に健闘している。思い起こせば18年のダービー馬。一発を警戒したい。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 トーセンカンビーナ        
1 2 ペルシアンナイト        
2 3 グローリーヴェイズ      
2 4 アフリカンゴールド        
3 5 サートゥルナーリア
3 6 トーセンスーリヤ        
4 7 ワグネリアン  
4 8 レッドジェニアル        
5 9 アドマイヤアルバ        
5 10 メイショウテンゲン        
6 11 ラッキーライラック
6 12 モズベッロ        
7 13 ダンビュライト        
7 14 キセキ      
7 15 スティッフェリオ        
8 16 クロノジェネシス
8 17 カデナ      
8 18 ブラストワンピース    

買い目

大多5=11 5=16 5-3 5-18 11=16
綾恵7=16 7=5 7-11 7-17 16=5
山田11=16 11=5 11=7 16=5 16=7 5=7
たま11=5 11=14 11=7 11=16 11=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。