競馬 - きさらぎ賞 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年2月9日(日)

11R

2020年2月9日(日) | 2回京都4日 | 15:35発走

第60回きさらぎ賞(GIII)

芝・右・外 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアルジャンナ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.45.3

前走・東京スポーツ杯2歳S(G3)でコントレイルの2着。勝ち馬(次走ホープフルS制覇)が強すぎたものの、本馬も従来のレコードを更新して後続に4馬身差をつけていた。休養を経て帰厩し、調教では古馬相手に抜群の動きを披露。きっちりと結果を出してクラシックに向かいたい。

○対抗はグランレイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.48.2

前走・朝日杯FS(G1)は出遅れに接触の不利も重なって後方からの競馬。それでも直線で大外に出されると、上がり最速の伸び脚で3着まで猛追した。スタートに課題はあるものの決め手は非凡。スムーズに運べるようなら、首位争いも可能とみる。

▲単穴はストーンリッジ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

デビュー戦は出遅れを苦にせず快勝。スローペースだったとはいえ、ラスト3ハロン11秒2-11秒0-11秒0のハイラップを力強く差し切った。全兄に弥生賞(G2)を制したカミノタサハラ。本馬もクラシックへ駒を進めるだけのポテンシャルはありそうだ。

△抑えはギベルティ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

◇京都11R・きさらぎ賞

春のクラシックを占う上で重要なレースとなっている。

過去10年の連対馬は(5)(1)、(3)(8)、(1)(4)、(6)(5)、(2)(1)、(1)(2)、(1)(4)、(6)(1)、(4)(2)、(3)(6)番人気で決着。6、3、2連対の上位1〜3番人気は胸を張れる成績とはいえないが、伏兵馬の連対も6、8番人気の3、1頭だけ。極端に人気のない馬の台頭は見られない。

馬連配当は
3けた…………5回
1000円台…2回
2000円台…1回
7000円台…1回
万馬券…………1回

11年に3、8番人気でゴールして1万280円と荒れたが、8回は3000円未満。キャリアが浅く、能力比較の難しい明け3歳馬の重賞でもほぼ平穏に収まっている。


ギベルティのデビュー戦は、2番手追走から3コーナー過ぎに先頭に立ち、追いすがる後続を楽な手応えで2馬身振り切った。スローペースで時計は目立たないが、余力十分の競馬。大型馬のたたき2戦目で前進は確実。2連勝でクラシック戦線に駒を進める。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 コルテジア      
2 2 サイモンルモンド        
3 3 トゥルーヴィル      
4 4 ギベルティ    
5 5 グランレイ
6 6 サトノゴールド  
7 7 ストーンリッジ    
8 8 アルジャンナ

買い目

大多8=5 8=7 8-4 5=7
綾恵8=3 8=5 8-6 3=5
山田8=5 8=1 8=6 5=1 5=6 1=6
たま4=7 4=8 4=5 4=6
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。