IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月4日(日)

11R

2020年10月4日(日) | 4回中山9日 | 15:40発走

第54回スプリンターズステークス(GI)

芝・右・外 1200m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13000、5200、3300、2000、1300万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はモズスーパーフレア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.07.0

今年の高松宮記念(G1)を制した快速牝馬。休み明けの前走・北九州記念(G3)は2着に終わったが、太め残りのうえに実質トップハンデだったことを思えば、十分に及第点を与えられる。今回のメンバーでもスピードは群を抜いており、中山1200Mは(3.2.0.0)と舞台適性も高い。僅差の2着に終わった昨年の雪辱を果たし、春秋スプリントG1連覇を達成する。

○対抗はグランアレグリア。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:重・1.08.7

前走・安田記念(G1)を快勝してG1・2勝目をマーク。上がり3ハロン最速で豪快に突き抜け、断然人気のアーモンドアイ(2着)を寄せつけなかった。前々走・高松宮記念(G1)は初の1200Mながら、勝ち馬とタイム差なしの2着に好走。心身ともに充実期を迎えた今なら、マイルとスプリントの2階級制覇も夢ではない。

▲単穴はダノンスマッシュ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.07.2

前哨戦のセントウルS(G2)を制し、重賞6勝目。昨年の当レースは勝負どころでスムーズさを欠く場面があったものの、最後は勝ち馬に0秒1差(3着)まで詰め寄った。ポテンシャルはG1級で、近走は課題とされてきたスタートもしっかりと決めている。ひと叩きされて順当に良化気配を見せており、悲願のG1制覇へ万全の状態で挑む。

△抑えはダイアトニック。△穴はレッドアンシェル。


今週のワンポイントアドバイス

王者奪取、ダノンスマッシュ


いよいよ秋のG1シリーズが開幕する。第1弾は下半期のスプリント王者を決める電撃の6ハロン戦。今年の中山は雨の影響で例年に比べると時計がかかり、外差しの利く馬場状態となっている。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は10−3、3−9、2−1、1−2、13−2、1−11、3−2、1−5、1−11、2−3番人気で決着した(2014年は新潟競馬)。上位1〜3番人気は5、5、4連対と上々の成績を残しているものの、人気薄の9〜13番人気からも5頭が連対している。

馬連配当は
3 け た......2回
1000円台...2回
4000円台...2回
5000円台...1回
7000円台...1回
9000円台...1回
万 馬 券......1回

上位1〜3番人気が連からそろって消えた年はないが、11年の1万3030円の万馬券を含めて5000円以上の高配当が4回。伏兵馬の台頭に警戒したい。

また、3連単配当は35万、21万、1万、2万、19万、10万、18万、3万、20万円台と6080円。昨年こそ4けた配当で堅く収まったが、10回中6回で6けた配当が飛び出す大荒れ。穴党には楽しみなレースとなっている。ちなみに、3着は7、7、9、15、5、9、9、7、13、1番人気だった。

ステップ(着順)は8連対でセントウルS組がトップ。次いで、キーンランドC組3連対、2連対で安田記念組と高松宮記念組が続いている。

距離別は1200M組17頭と1600M組3頭。このレースと同じ6ハロン戦から臨戦した馬が好成績を残している。なお、マイルから連対した3頭は安田記念(2頭)とヴィクトリアマイル(1頭)だった。

年齢別は3〜7歳上馬が1、6、7、3、3連対。連対率は7、22、16、9、7%。若い4、5歳世代が好成績を残している。

性別は牡馬が112頭出走して13連対(連対率12%)、牝馬は48頭で7連対(同15%)。連対数で牡馬が牝馬を上回っているが、率で牝馬が逆転している。

関東馬42頭、関西馬107頭、外国馬11頭で争った所属別は6、13、1連対。連対率はそれぞれ14、12、9%。今年は外国馬の参戦はなく日本馬同士の戦いとなるが、連対数で関西馬、率で関東馬が優勢。少数精鋭の関東馬から目が離せない。


◎......ダノンスマッシュは前走のセントウルSを正攻法の競馬で押し切り勝ち。これでメンバー最多の重賞6勝となり、うち5勝がスプリント重賞。G1では昨年のこのレース3着が最高だが、G2では力が違ったか。中山は(1.0.1.0)と好相性。いつビッグタイトルに手が届いても不思議はない。

○......相手は昨年2着のモズスーパーフレア。前走の北九州記念は5カ月ぶり、56.5キロの斤量で逃げて0秒3差の2着は立派だった。2走前は繰り上がりだったとはいえ、高松宮記念を制覇した。中山の芝1200Mは(3.2.0.0)と得意。春秋スプリントG1連覇を狙う。

▲......グランアレグリアは前走の安田記念でアーモンドアイのG1・8勝目を阻止し、2馬身半差をつけて楽勝した。芝1200Mは2度目となるが、2走前の高松宮記念(2着)で距離適性は証明済み。ルメール騎手とのコンビでスプリント王の座を目指す。

△1......前走のキーンランドCでダイアトニックは15着惨敗。58キロを背負って最内1番枠。道悪に嫌気が差したのか、進んでいかなかったようだ。3走前の高松宮記念は繰り上がりの3着だったが、グランアレグリアとはアタマ差。ここでも上位争いできる能力を備えている。

△2......夏にエイティーンガールは函館、札幌で計3戦。前走キーンランドCで重賞初制覇を飾った。展開がはまったこともあるが、力のいる道悪馬場で次元の違う末脚を発揮し、まとめて差し切った。全5勝を6ハロン戦で挙げている距離巧者。混戦で浮上する。

△3......ライトオンキューは、2走前のオープン特別UHB賞を余裕残しの馬体で2馬身ちぎって完勝。前走は引き続き札幌の芝1200M戦だったが、道悪の巧拙の差が出たか0秒2差の2着に敗れた。G1は2度目の挑戦だが、6ハロン戦は(3.2.0.2)と得意。大駆けを警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ダイメイプリンセス        
1 2 モズスーパーフレア
2 3 ダノンスマッシュ
2 4 キングハート        
3 5 メイショウグロッケ        
3 6 ライトオンキュー      
4 7 ミスターメロディ      
4 8 ダイメイフジ        
5 9 ダイアトニック  
5 10 グランアレグリア  
6 11 ラブカンプー        
6 12 ビアンフェ        
7 13 レッドアンシェル      
7 14 エイティーンガール      
8 15 クリノガウディー      
8 16 アウィルアウェイ      

買い目

大多2=10 2=3 2-9 2-13 10=3
綾恵15=16 15=2 15-3 15-7 16=2
山田10=9 10=3 10=2 9=3 9=2 3=2
たま3=2 3=10 3=6 3=9 3=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。