IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年9月21日(月)

11R

2020年9月21日(月) | 4回中山5日 | 15:45発走

第74回朝日杯セントライト記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はガロアクリーク。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.13.4

今年の日本ダービー(G1)6着馬。上位2頭には離されたものの、3着ヴェルトライゼンデとは0秒1差だった。中山コースではスプリングS(G2)勝ちに皐月賞(G1)3着と好相性。トビが大きいタイプで、外回りコースも合いそうだ。2つ目のタイトルを獲得し、秋のG1に弾みをつけたい。

○対抗はバビット。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走・ラジオNIKKEI賞(G3)を5馬身差で制し、未勝利から一気の3連勝。ハナを切って主導権を握ると、直線は後続を突き放す一方だった。まだ底を見せておらず、今回も単騎逃げ濃厚な組み合わせ。再度の逃走劇もありそうだ。

▲単穴はサトノフラッグ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

3連勝で弥生賞(G2)を制し、皐月賞(G1)では5着。前走・日本ダービー(G1)こそ11着と初めて崩れたが、実績のある中山コースなら見直しが必要になるだろう。休養を挟んで立て直され、調教の動きは上々。馬場も問わないタイプで、巻き返しが期待できそうだ。

△抑えはヴァルコス。△穴はフィリオアレグロ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力信頼、ガロアクリーク


上位3着までに菊花賞への優先出走権が与えられるトライアル。今年は強烈なインパクトを受ける上がり馬が見当たらず、頭数も12頭とやや寂しいメンバー構成となった。ここでは同名で行われた過去10年のデータを参考に傾向を見てみたい。

レースは17、17、17、15、18、15、12、15、15、18頭立て。連対馬は4−3、6−3、1−14、3−5、1−2、6−9、1−2、2−1、4−1、1−8番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は6、3、3連対とまずまずの成績を残しているが、人気薄の6〜14番人気からも5頭が連対している。

馬連配当は
3 け た......4回
2000円台...2回
4000円台...2回
9000円台...1回
万 馬 券......1回

15年に人気薄の6、9番人気がワンツーゴールして1万3320円の万馬券となり、12年にも9100円の高配当が出ている。ただ、3けた配当も4回あり、堅いか荒れるかの見極めが必要となっている。

また、3連単配当は1万円台、5万円台、13万円台、4万円台、4490円、61万円台、1820円、7230円、3万円台、5万円台。こちらも61万馬券や13万馬券が飛び出す一方で、4けた配当が3回。馬連配当と同様に荒れるか堅いかを見極めたい。ちなみに、3着には2、1、4、6、10、10、3、3、6、3番人気が入線している。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組14頭、2勝クラス組5頭、1勝クラス組1頭。重賞組が7割を占めているが、2勝クラス以下にもチャンスは十分にある。

路線別(着順)は12連対のダービー(13、11、2、2、5、14、10、3、5、16、15、17着)組がトップ。次いで、2連対でラジオNIKKEI賞(2、1着)組と阿賀野川特別(1、6着)組が続いている。

春に頂点争いを繰り広げたダービーからの直行馬が有力候補で、この組の12頭中10頭は「皐月賞→ダービー」のクラシックロードからの臨戦馬。今年該当するガロアクリークとサトノフラッグにとっては心強いデータとなっている。


◎......ガロアクリークは春にスプリングSを制して、皐月賞3着、ダービー6着。2冠馬コントレイルの陰で目立たないが、世代トップ級の能力を備えている。ローテーションも「皐月賞→ダービー」と理想。勝って無敗の王者に挑戦状をたたきつける。

○......相手も最強ローテーションから参戦してきたサトノフラッグ。皐月賞は弥生賞ディープインパクト記念勝利の疲労が残っていたか5着。続くダービー(11着)は位置取りの差が大きかった。未勝利から3連勝で重賞を制覇した底力を見直す手だ。

▲......割って入れば上がり馬バビットか。4月の福島で復帰すると破竹の3連勝で重賞タイトル・ラジオNIKKEI賞を獲得した。まだ気性面の幼さや走りにも課題を残すが、それだけ成長の余地も十分にある。一線級を一蹴して本番へ向かいたい。

△1......ダノンファストは芝でデビューして連続3着。その後ダートに転向して、1、2、1、2、1着とパーフェクト連対を続けている。芝で一線級と戦っていないが、母ダンスファンタジアの血統から不安はない。時計のかかる馬場になれば出番はある。

△2......ヴァルコスはここ3戦連続で2400M戦に参戦。ゆきやなぎ賞を勝利し、青葉賞はクビ差2着、ダービー14着。前走はG1で外枠17番の距離損もあり直線失速したが、長距離戦で素質が開花している。小回り中山の芝2200Mに替わるが、スタミナ戦は得意だ。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ピースディオン        
2 2 ラインハイト        
3 3 マイネルソラス        
4 4 フィリオアレグロ    
5 5 ダノンファスト      
5 6 バビット
6 7 ガロアクリーク
6 8 リスペクト      
7 9 サトノフラッグ
7 10 ヴァルコス    
8 11 ココロノトウダイ        
8 12 サペラヴィ      

買い目

大多7=6 7=9 7-4 7-10 6=9
綾恵7=9 7=6 7-4 7-8 9=6
山田6=7 6=12 6=9 7=12 7=9 12=9
たま7=9 7=6 7=5 7=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。