IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年3月20日(金)

11R

2020年3月20日(金) | 2回中山7日 | 15:45発走

第34回フラワーカップ(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はシーズンズギフト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.50.4

前走・若竹賞(1勝クラス)は中団待機から勝負どころで持ったまま好位へ。外を回りながらも力強い末脚を繰り出し、他馬をねじ伏せた。これで牡馬を相手にデビュー2連勝。小回りを苦にせず、前走で中山の急坂も克服している。引き続き同舞台で初の重賞制覇を狙う。

○対抗はミアマンテ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

デビューからマイルで2連勝。いずれのレースも道悪をものともせず、上がり3ハロン最速で楽々と差し切った。ファンタジーS(G3)を制したミスエルテの半妹で、潜在的なスピードは十分。距離延長に対応できれば、ここも突破できる。

▲単穴はショウナンハレルヤ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.47.2

前走・セントポーリア賞(1勝クラス)は10番人気の低評価を覆して快勝。距離延長とチークピーシズ効果で一変し、波乱を演出した。ラスト3ハロン11秒5-11秒2-11秒5を好位からセンス良く抜け出しており、内容も濃い。牝馬限定戦なら出番は十分にある。

△抑えはクリスティ。△穴はレッドルレーヴ。


今週のワンポイントアドバイス

無傷で重賞制覇、シーズンズギフト

過去10年、連対馬は3-4、5-1、6-1、2-3、3-(4、6)、1-12、1-2、1-8、2-3、2-1番人気で決着した。(2011年は阪神競馬で、14年は2着同着)。

上位1〜3番人気は6、4、4連対と悪くない成績だが、6、8、12番人気からもそれぞれ2、1、1頭が連対している。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…6回
2000円台…3回
万 馬 券……1回

12番人気が2着に健闘した15年に1万2520円と荒れたが、ほかはすべて3000円未満。波乱度は低く、無理な穴狙いは避けたい。

一方、3連単配当は1万、3万、11万、2万、2万=2万、8万、8万、3万、1万円台と4850円。こちらも12年の11万馬券を除くと、5けた配当に収まっている。ちなみに、3着は1、7、10、6、4=6(2着同着)、2、14、7、4、5番人気だった。

連対馬21頭のクラス別(着順)は、重賞(4、1、9、5、2、4着)組6頭、1勝クラス(1、4、1、1、1、1、1、6、1、1着)組10頭、新馬(1着)組1頭、未勝利(1、1、1、1着)組4頭。1勝クラス組以下が15頭を占め、格上の重賞組は苦戦している。

また、前走成績は【14.1.0.3.1.2】(1〜5着、着外)。前哨戦で勝利した馬が連対馬の70%を占めているが、4着以下からの食い込みにも警戒したい。

なお、路線別は連対馬21頭すべてバラバラ。ステップから有力馬は絞り込めない。


◎……シーズンズギフトは新馬、若竹賞と連勝。前走はスローペースで逃げて押し切ろうとする2着馬を中団から捕らえて0秒2差をつけた。2戦とも牡馬相手にレース最速の上がりで堂々の差し切り勝ち。牝馬限定の重賞戦なら無傷の3連勝も可能だ。

○……レッドルレーヴはデビュー戦は半馬身差の2着に敗れたが、2戦目の前走で順当勝ち。良血ダイナカール一族の底力を見せた。ルメール騎手からヒューイットソン騎手に手替わりするが、来日5勝を挙げている南アフリカの名手。逆転Vも十分ある。

▲……新馬、ベゴニア賞とミアマンテは2連勝。重と不良馬場で時計は目立たないが、レースの上がりともに最速で後続を3馬身、1馬身と突き放した。今の中山は力のいる馬場。休み明けとなるが、初勝利を挙げたコースで3連勝を狙う。

△1……2走前の阪神ジュベナイルFでクリスティは8着。G1で相手が強かったが、前走の自己条件でアッサリと勝利した。ひと息入れての参戦となるが、芝1800Mは小回りの小倉Vを含めて【2.1.0.0】と得意。距離実績を生かせれば差はない。

△2……前走のデイジー賞でフラワリングナイトは0秒1差の3着。向こう正面で掛かって一気に3番手に進出した分、直線伸び切れなかった。3戦すべてが中山の芝1800〜2000M戦で4、1、3着。混戦になれば上位に浮上する。

△3……ポレンティアは札幌の芝1500M戦で2番手追走から抜け出して3馬身差の楽勝。前走のフェアリーSは0秒6差の3着と敗れたが、昇級戦、5カ月ぶりの実戦、出遅れと悪条件が重なった。この距離は初めてで未知数だか、たたき2戦目の一変が期待できる。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 エンジョイ        
2 2 トリンカデイラ        
3 3 チェスナットドレス        
3 4 アミークス        
4 5 ナリノクリスティー      
4 6 キングスタイル        
5 7 ショウナンハレルヤ    
5 8 フラワリングナイト      
6 9 ミアマンテ  
6 10 ポレンティア  
7 11 クリスティ
7 12 シーズンズギフト
8 13 アブレイズ        
8 14 レッドルレーヴ    

買い目

大多12=9 12=7 12-11 12-14 9=7
綾恵12=10 12=11 12-5 12-9 10=11
山田11=12 11=7 11=10 12=7 12=10 7=10
たま12=14 12=9 12=8 12=10 12=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。