IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年11月23日(月)

11R

2020年11月23日(月) | 5回東京7日 | 15:25発走

第25回東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)

芝・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3300、1300、830、500、330万円 |

予想

◎本命はダノンザキッド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.48.3

デビュー戦を3馬身差で快勝。直線で内にササる場面はあったものの、立て直して先頭に躍り出ると、持ったまま豪快に突き抜けた。稍重の馬場を考慮すれば、走破時計も優秀。当時の2、3着馬が次走で勝ち上がっており、メンバーもハイレベルだった。出世レースを連勝で制し、今後に弾みをつけたい。

○対抗はジュンブルースカイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.48.2

中京2000Mでデビュー勝ちを飾ると、前走・萩S(L)は僅差2着。小柄なタイプだが、鋭い瞬発力の持ち主で急坂も苦にしない。近親にマカヒキ(ダービー馬)やウリウリ(重賞2勝)がおり、血統的なポテンシャルも高そう。直線の長い東京コースなら、決め手を存分に発揮できるはずだ。

▲単穴はタイトルホルダー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.51.4

こちらはデビュー戦を逃げ切り勝ち。スタートを決めて主導権を握ると、最後までしっかり伸びて後続を完封した。あの内容なら、一本調子な先行馬ではなさそう。一度使われて更に良化しているため、重賞でも警戒しておきたい。

△抑えはドゥラヴェルデ。△穴はプラチナトレジャー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

東京コース歓迎、ドゥラヴェルデ


2021年のクラシックにつながる出世レース。2017年の1着馬ワグネリアンはダービーを制し、16年の2着馬スワーヴリチャードは共同通信杯を勝利して、ダービーで2着に好走した。そして昨年の優勝馬コントレイルは無敗で3冠を制覇した。フルゲート18頭に満たない年が続くが、翌年のG1戦線を占う上で見逃せない一戦となっている。過去10年のデータで傾向を見てみたい。

レースは16、15、15、15、13、11、10、7、16、8頭立て。連対馬は1−3、1−10、1−3、2−4、4−1、4−2、2−4、1−2、8−7、1−2番人気の組み合わせで決まった。1番人気は6連対(5勝2着1回)とまずまずの成績で、2番人気も5連対(2勝2着3回)と人気に応えている。1、2番人気が連を外したのは18年の1回だけ。

馬連配当は
3 け た......3回
1000円台...4回
3000円台...1回
5000円台...1回
万 馬 券......1回

上位人気がそろって連から消えた18年に2万4750円と荒れたが、10回中7回は2000円未満で決着。伏兵馬の出番は少なく、波乱度は低い。

一方、3連単配当は5万円台、52万円台、6330円、6万円台、4万円台、2万円台、8270円、820円、59万円台、1330円。11、18年に52万5650円、59万3030円と大荒れとなったが、3〜4けたの堅い配当も4回。こちらは堅いか荒れるかの両極端の結果が出ている。ちなみに、3着は7、12、7、5、9、6、1、3、4、3番人気だった。

連対馬20頭のクラス別(地方馬1頭を除く)は、重賞組4頭、オープン特別組5頭、1勝クラス組1頭、新馬組5頭、未勝利組4頭。オープン組が9連対と格上の強さを見せているが、1勝クラス以下から10頭が連対。キャリアの浅い若駒による重賞戦だけに、特に格を気にしなくてもよさそうだ。

また、前走成績は【17.3.0.0】(1、2、3着、着外)。連対馬20頭すべてが前走1、2着馬で、3着を見てみても、【8.1.1.0】の成績。前哨戦2着以下からの巻き返しは厳しい。

ステップは今年出走していないが、サウジアラビアロイヤルC(旧いちょうS)から2頭が連対を果たしている。

キャリアは1〜4戦以上馬が5、12、3、0連対。連対率は16、31、9、0%。キャリア2戦馬が好成績を残し、4戦以上馬は苦戦している。

関東馬71頭、関西馬53頭、地方馬2頭で争い、それぞれ11、8、1連対。連対率は16、15、50%。関東馬がホームで戦える利を活かして他所属馬を一歩リードしている。


◎......ドゥラヴェルデは新馬戦を3馬身差で圧勝。スタートは良くなかったが、二の脚で中団に付け、メンバー最速の上がり33秒1で堂々と突き抜けた。休み明けとなるが、引き続き左回り。直線の長い東京コースも歓迎だ。

○......東京の芝2000Mでレインフロムヘヴンは1、2着。初戦は逃げて1馬身差の快勝。前走は競馬に集中できないなど、まだ幼さが残るが、連対を果たした。掛かるようなところがあるだけに、距離短縮が吉と出ればチャンスはありそうだ。

▲......デビュー戦のダノンザキッドはラスト1ハロン馬なりで流す余裕で3馬身ちぎった。2着馬が次走で8馬身差のレコードで勝利しており、レースレベルも高かった。東京への初輸送、5カ月ぶりで割り引いたが、能力はA級だ。

△1......プラチナトレジャーはデビュー戦4着。スタートから頭を上げて折り合えず、末脚をなくしたが、2戦目にきっちりと勝利。不良馬場の中、馬群を縫って追い込む好センスの競馬を見せた。引き続き同舞台。時計のかかる今の馬場も合う。

△2......ジュンブルースカイは、近親にダービー馬マカヒキがいる良血馬。前走は2連勝はならなかったが、メンバー最速タイの上がりで半馬身差の2着まで迫った。派手さはないが、相手なりの走りができるタイプ。重賞でも見劣りしない。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ドゥラヴェルデ
2 2 タイトルホルダー  
3 3 ダノンザキッド
4 4 レインフロムヘヴン  
5 5 トーセンジャック        
6 6 プラチナトレジャー    
7 7 ヴェローチェオロ        
7 8 モメントグスタール        
8 9 モリノカンナチャン        
8 10 ジュンブルースカイ  

買い目

大多3=10 3=2 3-1 3-6 10=2
綾恵3=2 3=4 3-1 3-10 2=4
山田1=3 1=4 1=2 3=4 3=2 4=2
たま1=4 1=3 1=6 1=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。