IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年11月1日(日)

11R

2020年11月1日(日) | 4回東京8日 | 15:40発走

第162回天皇賞(秋)(GI)

芝・左 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はアーモンドアイ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.56.2

G1通算7勝の実績を誇る女傑。前走・安田記念(G1)は2着に終わったが、出遅れて流れに乗れなかったことに加え、初めての中2週も響いたようだ。勝ったグランアレグリアとは距離適性の差もあった印象で、ベストパフォーマンスを出せるのは中距離だろう。昨年の当レースは1分56秒2の好時計を叩き出しての完勝。夏場は休養に充てリフレッシュし、安田記念からの直行ローテは昨年と同じだ。天皇賞(秋)連覇を果たし、史上初となる芝G1・8勝の偉業を達成する。

○対抗はクロノジェネシス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.4

昨年の秋華賞(G1)を快勝し、今年の宝塚記念(G1)では牡馬を一蹴。道悪が向いた印象はあるものの、直線で流す余裕を見せながら後続を6馬身突き放した内容は圧巻だった。コースを問わないレース巧者で、通算(6.2.2.1)と抜群の安定感。4歳になって馬体も成長を遂げ、完全に充実期を迎えた。ここも首位争いに絡んできそうだ。

▲単穴はダノンプレミアム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.56.7

昨年の当レースはアーモンドアイに次ぐ2着に善戦。2017年の2歳王者で、2000Mの重賞を2勝している。前走・安田記念(G1)は13着と振るわなかったが、海外遠征明けだったうえ、緩んだ馬場も影響した印象。全6勝中4勝が休み明けの鉄砲巧者で、昨年も安田記念(16着)から巻き返している。ブリンカーなどの馬具の装着が功を奏せば、チャンスがありそうだ。

△抑えはダノンキングリー。△穴はフィエールマン。


今週のワンポイントアドバイス

新女王誕生、クロノジェネシス


大記録達成ラッシュの舞台は「淀」から「府中」へ。今週は「盾」連覇に挑戦するG1・7勝馬アーモンドアイに注目が集まる。勝利すればシンボリクリスエス(2002、03年)以来、史上2頭目となり、日本競馬史上初めて芝のG1・8勝馬が誕生する。シンボリルドルフら過去6頭は大記録目前にしてターフを去ったが、2週連続で大記録樹立の令和2年。勢いそのままにアーモンドアイが金字塔を打ち立てることができるか。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は1−4、7−2、5−1、5−1、5−2、1−10、1−7、1−2、2−4、1−3番人気で決着した。1番人気は5勝、2着2回と期待に応え、2番人気の4連対もまずまずの成績。1、2番人気が連からそろって消えた年はない。

馬連配当は
3 け た......2回
1000円台...3回
2000円台...1回
3000円台...2回
7000円台...2回

11、15年に7000円台の高配当が出ているが、万馬券が飛び出すような波乱は起こっていない。

一方、3着に2、6、2、3、1、6、6、13、6、6番人気が入った3連単配当は、7480円、21万円台、3万円台、1万円台、2万円台、10万円台、3万円台、5万円台、2万円台、8860円。こちらは馬連が7000円台で決着した年に21万4010円、10万9310円の大荒れとなったが、残る8回は落ち着いた配当に収まっている。

路線別は6連対で毎日王冠組がトップ。次いで、宝塚記念組5連対、3連対で安田記念組と札幌記念組が並んでいる。

年齢別は3〜7歳以上馬が2、10、8、0、0連対。連対率はそれぞれ13、23、17、0、0%。成長期を迎えた4歳馬が世代をリードし、差なく5歳馬が続いている。6歳以上馬が連対したことはなく、13年のエイシンフラッシュの3着が最高成績となっている。

関東馬62頭と関西馬106頭で争い、8対12。連対率は13、11%。連対数で関西馬、率で関東馬が優勢となっている。

性別は、牡馬が155頭出走して16連対(連対率10%)、牝馬は13頭で4連対(同31%)。出走頭数の多い牡馬が連対数で牝馬を大きく引き離しているが、率では牝馬が大逆転。人気のアーモンドアイ、クロノジェネシスには心強いデータとなっている。

また、過去にG1・7勝を挙げたのは1985年シンボリルドルフ、2001年テイエムオペラオー、06年ディープインパクト、09年ウオッカ、14年ジェンティルドンナ、17年キタサンブラック、20年アーモンドアイの7頭。史上初の芝G1・8勝を目指すアーモンドアイに注目が集まる。

芝の2000Mコースは1コーナー奥のポケットからスタート。最初のコーナーまでわずか130Mと短く外枠不利が定説となっている。そこで、枠番別の成績を見てみると、
1枠【2.2.0.14】
2枠【1.1.0.17】
3枠【0.0.3.16】
4枠【4.2.2.12】
5枠【1.2.0.17】
6枠【2.1.1.15】
7枠【0.2.2.22】
8枠【0.0.2.25】
(1、2、3着、着外)

内の1〜4枠が7勝、2着5回、3着5回で、外の5〜8枠が3勝、2着5回、3着5回。なるほど、勝利数で内枠が外枠を大きく上回り、馬券対象の3着以内でも17対13とリードしている。


◎......牝馬2強対決と見てクロノジェネシスを本命に指名する。今年は京都記念を勝ち、大阪杯2着、宝塚記念を圧勝。なかでも前走はG1馬8頭の超豪華メンバーの中で2着に6馬身差をつけた。2000Mは秋華賞Vに大阪杯2着で、東京も【2.0.1.0】と得意。女王を降してG1・3勝目を飾る。

○......相手はアーモンドアイ。芝G1・7勝の実績は素直に評価したい。休み明けは6戦6勝と勝率100%で、今年も昨年と同じ安田記念(2着)からの参戦と、ローテーションも青写真通り。これまでの強さは周知の通り。すんなりと勝たれても仕方ない。

▲......ダノンプレミアムは昨年、安田記念(16着)から直行してアーモンドアイの2着。3馬身離されたが、混戦の2着争いをきっちりと制した。デビューから4連勝で弥生賞を制覇した実力馬。今年も同じローテーション。変わり身があってもおかしくない。

△1......G1未勝利ながらダノンキングリーは、昨年の皐月賞3着、ダービー2着。あと一歩でG1に手が届かないが、後続には2馬身差以上の差をつけてきた。安田記念以来となるが、中10週以上の間隔で臨んだレースは3戦3勝。ぶっつけ本番に不安はない。

△2......キセキは17年の菊花賞以来勝ち星から遠ざかっているが、その間に2着が5回。今年は宝塚記念でクロノジェネシスの2着に健闘し、前走の京都大賞典では最速の上がりで勝ち馬に0秒1差まで迫った。秋にかけて気配は急上昇。はまれば一発が決まる。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ブラストワンピース        
2 2 カデナ        
3 3 ダイワキャグニー      
4 4 ダノンキングリー    
5 5 ウインブライト        
5 6 フィエールマン    
6 7 クロノジェネシス  
6 8 キセキ  
7 9 アーモンドアイ
7 10 スカーレットカラー        
8 11 ダノンプレミアム  
8 12 ジナンボー      

買い目

大多9=7 9=11 9-4 9-6 7=11
綾恵11=9 11=12 11-3 11-8 9=12
山田9=6 9=8 9=7 6=8 6=7 8=7
たま7=9 7=11 7=4 7=8
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。