IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年10月10日(土)

11R

2020年10月10日(土) | 4回東京1日 | 15:45発走

第6回サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)

芝・左 1600m | 天気:雨 | 馬場:不良 | 2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3300、1300、830、500、330万円 |

予想

◎本命はキングストンボーイ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

皐月賞(G1)を制したエポカドーロの半弟。断然の1番人気に推されたデビュー戦は、直線でヨレながらも力強く伸びて差し切った。まだ粗削りだがポテンシャルは高く、ひと叩きされた今回はさらにパフォーマンスを上げてきそうだ。デビュー2連勝で軌道に乗る。

○対抗はインフィナイト。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:不・1.37.5

デビュー戦はスタートを決めて一旦はハナに立つも、内の馬を行かせて2番手。直線を迎えると早めに先頭に立って押し切り、センスの良さを見せた。目下2歳リーディング首位を走るモーリスの産駒で、半兄は東京新聞杯(G3)覇者ブラックスピネル。このメンバーでも素質は上位とみる。

▲単穴はダディーズビビッド。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.7

阪神マイルでデビュー勝ち。休み明けの前走・野路菊S(オープン)は2着に終わったものの、フラーズダルム(新潟2歳S3着)には先着を果たした。まだ馬体は絞れそうで、良化の余地は十分。重賞でも警戒が必要だろう。

△抑えはスペシャルトーク。△穴はピンクカメハメハ。


今週のワンポイントアドバイス

堂々の主役 ダディーズビビッド


今週から舞台を東京、京都、新潟に移し、本格的な秋競馬シーズンに突入する。競馬場への観客入場も指定席のみの制限付きながら再開される。

土曜日の東京メインはサウジアラビアロイヤルC。今年6回目を迎えるが、ここ3年の優勝馬を見てみると、ダノンプレミアム(17年)とサリオス(19年)がともに次走で朝日杯フューチュリティSを制覇。18年のグランアレグリアも翌年春の桜花賞を勝利してG1ウイナーに輝いた。歴史は浅いが、出世レースとして見逃せない一戦となっている。過去5回のデータを参考に傾向を探ってみる。

レースは12、9、18、8、9頭立てで、連対馬は4−1、3−2、2−1、1−7、1−2番人気で決着した。上位1〜4番人気は4、3、1、1連対と人気に応え、人気薄馬の連対は7番人気の1頭だけ。

馬連配当は
3 け た......3回
1000円台...1回
2000円台...1回

一昨年に7番人気が2着に食い込んだ2080円が最高配当。連対した10頭中8頭が3番人気以内ということで、平穏に収まっている。

また、3着に2、1、6、4、3番人気が入線した3連単配当は、7220円、5040円、6920円、1万円台、1080円。こちらも一昨年の1万2060円が最高配当で、本命党向きの傾向を見せている。

連対馬10頭すべてが芝からの参戦で、距離は1400M組1頭、1500M組1頭、1600M組5頭、1800M組3頭。マイル以上から臨戦した馬が好走している。

クラス別はオープン特別組1頭、新馬組7頭、未勝利組2頭。新馬勝ちから直行した馬が連対への最有力候補となっている。サンプル数が少なく、同一路線から連対した馬は出ていない。

性別は牡馬が8連対、牝馬は2連対。牝馬は苦戦しているが、ここ2年連続で連対を果たし、反撃ムードにある。

所属別は関東馬が6連対(4勝、2着2回)、関西馬は4連対(1勝、2着3回)。ホームで戦える利を生かした関東馬が関西を一歩リードしている。


◎......ダディーズビビッドは阪神でデビュー戦を勝ち上がり、前走の野路菊Sで2着。勝ち馬に逃げ切りを許したが、5頭立てのスローペースを考えれば悲観する結果ではない。2戦とも上がり3ハロンは最速。派手さはないが、決め手は一級品。重賞の舞台でも堂々と主役を張れる。

○......前走の札幌2歳Sでピンクカメハメハは逃げて13着。思わぬ敗退となったが、序盤でハナに立つのに脚を使い、1000M通過が59秒2のハイペースも厳しかった。力のいる函館の洋芝1800Mを4馬身差で圧勝した素質馬。前走を度外視して狙える。

▲......インフィナイトは8月の新潟芝1600Mで新馬勝ち。不良馬場で時計はかかったが、2番手追走から直線で抜け出す完璧な内容だった。左回り、距離、長距離輸送をすべて経験済みなのは大きなアドバンテージ。血筋から道悪にも不安はない。

△1......キングストンボーイは皐月賞馬エポカドーロの半弟。札幌の新馬戦では直線外にヨレるような若さを見せたが、立て直してきっちりと差し切った。1600Mへの距離短縮に問題はなく、血統的にも資質は高い。直線の長い東京なら、さらなる前進も可能だ。

△2......デビュー戦(やや重)をクビ差で勝利したステラヴェローチェ。ゲートから落ち着きがなく、道中で首を上げるなど幼さを出しながら逃げ切った。近親にいるゴスホークケンは朝日杯フューチュリティSを制したマイル巧者。前走のレースぶりから道悪も歓迎か。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ピンクカメハメハ
2 2 ジャンカズマ      
3 3 ビゾンテノブファロ        
4 4 スペシャルトーク  
5 5 インフィナイト    
6 6 セイウンダイモス        
7 7 ダディーズビビッド
7 8 キングストンボーイ
8 9 ステラヴェローチェ      
8 10 カガフラッシュ        

買い目

大多8=5 8=7 8-1 8-4 5=7
綾恵2=7 2=8 2-1 2-4 7=8
山田7=4 7=1 7=8 4=1 4=8 1=8
たま7=1 7=5 7=8 7=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。