競馬 - 優駿牝馬 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年5月24日(日)

11R

2020年5月24日(日) | 2回東京10日 | 15:40発走

第81回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 |

予想

◎本命はデアリングタクト。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

デビューから無傷の3連勝。前走・桜花賞(G1)は道悪をものともせずに2歳女王レシステンシアを差し切り、1冠目を奪取した。まだ気性面に課題はあるものの、ここまで3戦すべて上がり最速を繰り出しての快勝。前々走・エルフィンS(L)では07年のウオッカを0秒1上回る走破時計を叩き出すなど、ポテンシャルは計り知れない。初の東上、距離延長も難なく克服し、2冠制覇を成し遂げる。

○対抗はデゼル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

トライアルの前走・スイートピーS(L)を快勝し、デビュー2連勝。ラスト2ハロン10秒9-11秒2のハイラップを4角13番手から鮮やかに差し切り、非凡な決め手をアピールした。母に仏オークス馬を持つ良血で、長距離輸送や左回りもあっさりクリア。まだまだ伸びしろがあり、一線級相手でも楽しみは大きい。

▲単穴はクラヴァシュドール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走・桜花賞(G1)は、直線で内ラチ沿いから追い上げるも4着。3角過ぎに挟まれる不利が響いたものの、そこから盛り返した内容は評価できる。中・長距離志向が多いハーツクライ産駒で、距離延長は歓迎。昨秋のサウジアラビアRC(G3)で2着に好走しており、東京への輸送も克服済みだ。スムーズな競馬なら出番は十分にある。

△抑えはウーマンズハート。△穴はミヤマザクラ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

逆転優勝、クラヴァシュドール

東京の5週連続G1シリーズ第3弾は3歳牝馬クラシック2冠目の第81回「樫の女王」決定戦。無敗の桜花賞馬デアリングタクトが2冠達成か。仁川の舞台で敗退した馬が巻き返すか。それとも別路線組が女王の座を射止めるか。

早速、2010年からのデータでレース傾向を見てみたい。

過去10年の連対馬は1-5、7-8、3-2、9-5、2-1、3-1、1-2、1-6、1-4、1-12番人気の組み合わせで決まった(10年は1着同着)。

1番人気は【5.2.1.2】(1〜3着、着外)。勝率50%、連対率70%は悪くないが、2、3番人気が3、2連対と不振。代わりに、6〜12番人気から伏兵馬5頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…3回
2000円台…1回
万 馬 券……3回

11、13、19年に4万、1万、2万円台の万馬券が飛び出しているが、3000円未満の配当も7回。堅いか、荒れるかの両極端の結果が出ている。

一方、3連単配当は2万円台=2万円台(1着同着)、54万円台、3万円台、15万円台、1万円台、2万円台、5790円、2万円台、3360円、17万円台。馬連が万馬券となった年に、54万、15万、17万馬券が出る波乱となったが、残る7回は3万円台止まり。馬連同様に二極化の傾向を見せている。ちなみに、3着には8、2、9、1、3、6、5、2、2、2番人気が入線した。

連対馬20頭のクラス別は重賞組16頭、オープン特別組4頭。重賞組が連対馬の80%を占めている。

また、ステップは桜花賞組が11連対でトップ。次いで、フローラS組5連対、忘れな草賞組3連対、スイートピーS組1連対の順。出走頭数も多いが桜花賞組が強く、今年も12頭出走している。

キャリアは2〜9戦以上馬が0、1、7、8、2、1、1、0連対。連対率は0、9、21、24、6、3、7、0%。連対馬のキャリアは3〜8戦と幅広いが、連対数、率から4、5戦馬が有力となっている。人気を集めているデアリングタクトは3戦、デゼルが2戦。2頭にとっては気になるデータだ。

東西対決は関東馬が10連対(連対率12%)、関西馬も10連対(同10%)。連対数は互角だが、率で関東馬が一歩リードしている。

毎年、フルゲート18頭立て(15年3番、18年4番が取り消し)の多頭数で行われるG1戦。枠の内外の有利不利も気になるところ。枠別の成績を見ると、
1枠【1.2.3.14】
2枠【3.0.1.14】
3枠【0.0.2.18】
4枠【0.0.0.20】
5枠【2.3.0.15】
6枠【0.0.1.19】
7枠【3.3.1.23】
8枠【2.1.2.25】

内の1〜4枠は4勝2着2回(連対率8%)、外の5〜8枠が7勝2着7回(同14%)。外枠有利のデータが出ているが、内の1、2枠なら減点材料にはならない。


◎……クラヴァシュドールが逆転優勝で女王の座を奪取する。重馬場で行われた桜花賞で0秒7差の4着。3コーナーで大きな不利を受けたが、インから次走につながる鋭い脚で伸びてきた。1勝馬の身だが、サウジアラビアロイヤルCでサリオスの2着、チューリップ賞でも2歳女王レシステンシアに先着を果たした。対戦してきたメンバーから能力はG1級。父ハーツクライなら距離延長も問題ない。

○……相手はデゼル。キャリア1戦で前走スイートピーSに挑んで0秒3差で快勝。芝1800Mの勝ちタイム1分47秒1は前週の古馬2勝クラスよりも0秒9速く、上がり32秒5も特筆もの。キャリアの若さを露呈しなければ上位争いになる。

▲……デアリングタクトは3勝すべてをレース最速の上がりでV。2走前のエルフィンSは4馬身差で、続く不良馬場で行われた桜花賞でも2着を1馬身半突き放した。圧倒的なパフォーマンスは評価できるが、前走を激走した反動が心配。今回は3番手評価とした。

△1……前走の忘れな草賞でウインマイティーは中団待機。直線馬群に突っ込んで1馬身差でゴールした。操縦性の良さと馬群にひるまない勝負根性は多頭数戦のオークス向き。昨年の優勝馬ラヴズオンリーユーと同じローテーションでG1奪取を狙う。

△2……ウインマリリンは4戦3勝。優勝した3戦はすべて芝2000Mで、2走前はやや重で時計のかかる馬場。前走のフローラSは1分58秒7と速い時計の決着を好位から差して重賞初制覇を決めた。デビュー当初から目指していた大一番で全力投球する。

△3……デビュー戦からサンクテュエールはルメール騎手とのコンビで1、2、1、6着。前走・桜花賞で初めて掲示板を外したが、3カ月ぶり、初の重馬場と同情の余地もある。2走前にシンザン記念を優勝。同レースを勝利した牝馬のジェンティルドンナ、アーモンドアイは樫の女王になっている。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 デゼル  
1 2 クラヴァシュドール  
2 3 アブレイズ        
2 4 デアリングタクト
3 5 ホウオウピースフル        
3 6 リアアメリア        
4 7 ウインマイティー    
4 8 スマイルカナ      
5 9 インターミッション        
5 10 ミヤマザクラ    
6 11 リリーピュアハート        
6 12 マジックキャッスル        
7 13 ウーマンズハート    
7 14 フィオリキアリ        
7 15 チェーンオブラブ        
8 16 ウインマリリン      
8 17 マルターズディオサ      
8 18 サンクテュエール      

買い目

大多4=1 4=2 4-10 4-13 1=2
綾恵1=4 1=10 1-7 1-13 4=10
山田4=2 4=17 4=8 2=17 2=8 17=8
たま2=1 2=4 2=7 2=16 2=18
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。