IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年4月26日(日)

11R

2020年4月26日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第55回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はスカイグルーヴ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.4

前走・京成杯(G3)は牡馬相手に4角先頭の積極策で2着。ゴール手前で勝ち馬の決め手に屈したものの、負けて強しの内容だった。東京2000Mはデビュー戦を5馬身差で圧勝した舞台。きっちりと重賞タイトルを獲得してオークス(G1)へ向かいたい。

○対抗はホウオウピースフル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.9

一昨年の有馬記念(G1)を制したブラストワンピースの半妹。当舞台で行われた前々走・百日草特別(1勝クラス)を制し、牡馬相手にデビュー2連勝を飾った。前走・クイーンC(G3)は6着と初黒星を喫したものの、初のマイルが忙しかった印象。距離延長で巻き返しを狙う。

▲単穴はレッドルレーヴ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.01.7

デビューから3戦3連対。前走・フラワーC(G3)は外から良い脚で僅差2着まで追い上げ、重賞でも勝ち負け可能な力をアピールした。当舞台はデビュー戦(2着)で経験済み。長い直線で持ち前の切れ味を生かしたい。

△抑えはウインマリリン。△穴はヴォリアーモ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

重賞初制覇、スカイグルーヴ

2010年からの過去10年、連対馬は1-4、9-15、1-2、1-2、4-6、2-1、3-2、12-10、1-13、3-2番人気で決まった。上位1〜3番人気の5、5、2連対は悪くない成績だが、6番人気以下から6頭の伏兵馬が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…4回
5000円台…1回
万 馬 券……3回

2けた人気が連対した年に10万3540円、3万2010円、1万3300円と荒れたが、2000円未満の堅い配当も6回。堅いか荒れるかの見極めが必要となっている。

また、3連単配当は6830円と、113万、16万、2万、108万、1万、22万、39万、11万、5万円台。こちらは11、14年に100万馬券が飛び出し、11〜39万円台の高配当も4回。一筋縄ではいかないオークストライアルとなっている。ちなみに、3着は2、3、18、9、13、3、13、2、5、9番人気だった。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組4頭、オープン特別組1頭、1勝クラス組12頭、未勝利組3頭。格上のオープン組が優勢というデータはなく、本番への出走権確保に全力投球の1勝クラス組以下が好走している。

また、距離別は全馬芝からの参戦で、1600M組2頭、1800M組12頭、2000M組5頭、2400M組1頭。マイルや長距離から参戦した馬は苦戦している。

ステップ(着順)は4連対でフラワーC(3、2、3、4着)組と君子蘭賞(1、1、1、2着)組が並んでトップ。次いで、2連対のミモザ賞(2、1着)組の順。上記3路線が有力で、その時に3着以内なら、さらに信頼度は高まる。

キャリア別は2戦以下〜8戦以上馬が28、34、27、29、19、16、20頭出走して、1、7、3、3、1、3、2連対。連対率は4、21、11、10、5、19、10%。連対馬のキャリアは幅広く、今年の出走馬でこの項で減点となる馬はいない。

所属別は関東馬が11連対(連対率11%)、関西馬は9連対(同12%)。連対数で関東馬、率で関西馬が一歩リードしているが、東西間格差は特に気にしなくてもよさそうだ。


◎……スカイグルーヴはデビュー戦を5馬身差で圧勝。勝ちタイムも同日の百日草特別(1勝クラス)よりも0秒5速かった。前走・京成杯は早めに動いてゴール前で交わされたが、牡馬相手のG3で半馬身差なら胸を張れる。芝2000M戦は3回目。豊富な距離経験を生かして、まずは重賞制覇を決める。

○……ウインマリリンは前走ミモザ賞を快勝。3コーナーからジワッと動き4コーナーで前を射程圏に入れると、直線半ばで楽々と抜け出した。これで芝2000M戦は2戦2勝。左回りは初でも勝ち負けに持ち込める。

▲……前走のフラワーCでレッドルレーヴは0秒1差の2着。ほめられたスタートではなかったが、直線外から鋭く追い込んだ。中団から差し込んでくる脚質に東京コース替わりは好材料。流れひとつでV争いになる。

△1……セイウンヴィーナスは2走前のフェアリーSで9着。勝ち馬が逃げ切る流れで3コーナー16番手では仕方のない結果だった。前走クイーンCは好位4番手で0秒1差の3着。東京コースなら出番は十分ある。

△2……ホウオウピースフルは新馬、百日草特別を連勝。特に百日草特別(2000M)は小頭数だったとはいえ、ラスト3ハロンを33秒6の末脚が光った。前走クイーンCは6着と掲示板を外したが、マイルの流れに脚をタメ切れなかった。距離延長で反撃する。

△3……ヴォリアーモはデビュー2戦目に東京芝の2000Mを中団から鮮やかに差し切り勝ち。スローペースだったとはいえ、上がり33秒9の決め手が光った。前走ゆりかもめ賞2着からベストはスタミナ戦だろうが、実績のある府中なら大崩れはない。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 エレヴァテッツァ      
1 2 セイウンヴィーナス    
2 3 ウインマリリン
2 4 シャンドフルール        
3 5 ルトロヴァイユ        
3 6 ウィスパリンホープ        
4 7 ホウオウピースフル  
4 8 リヴァージュ        
5 9 スカイグルーヴ
5 10 ヒューマンコメディ        
6 11 レッドルレーヴ  
6 12 ヴォリアーモ    
7 13 シャレード        
7 14 テイエムフローラ        
8 15 ショウナンハレルヤ      
8 16 フアナ        
8 17 レッドサーシャ        

買い目

大多9=7 9=11 9-3 9-12 7=11
綾恵11=9 11=7 11-1 11-3 9=7
山田9=2 9=3 9=15 2=3 2=15 3=15
たま9=3 9=11 9=2 9=7 9=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。