IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年2月23日(日)

11R

2020年2月23日(日) | 1回東京8日 | 15:40発走

第37回フェブラリーステークス(GI)

ダート・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

予想

◎本命はインティ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.35.6

昨年の当レースを逃げ切り、一気の7連勝でG1戴冠。その後は勝ち星から遠ざかっているが、チャンピオンズC(G1)ではレースレコード決着の3着に逃げ粘り、前走・東海S(G2)は控える形で3着と新味を見せた。ひと叩きされて順当に良化し、追い切りでは栗東坂路で自己ベストをマーク。今回は単騎逃げも可能なメンバー構成となっており、チャンピオンズCで先着を許した2頭も不在。連覇を達成し、改めて存在感をアピールする。

○対抗はモズアスコット。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

一昨年の安田記念(G1)制した後は連敗が続いたものの、初ダートの前走・根岸S(G3)で鮮やかな復活勝利。斤量58キロを背負っていたうえに、出遅れをものともせずに差し切ったのだから、ダート適性は相当に高い。名手・ルメール騎手とのコンビ継続で、芝・ダートG1制覇の快挙に挑む。

▲単穴はサンライズノヴァ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.34.2

昨秋の南部杯(交流G1)を制し、初のビッグタイトル獲得。左回りに勝ち鞍が集中するサウスポーで、東京コースでは重賞2勝を含め計6勝を挙げている。連覇に挑んだ前走・武蔵野S(G3)は5着に終わったものの、斤量59キロのうえに展開も不向き。身上の決め手が生きる展開になれば、中央G1でもチャンスがある。

△抑えはアルクトス。△穴はノンコノユメ。


今週のワンポイントアドバイス

新星出現、モズアスコット

今年は昨年の最優秀ダート馬クリソベリルと強豪ゴールドドリームがサウジアラビアへ遠征。マイル戦を嫌ったオメガパフューム、チュウワウィザードも出走せず。有力馬の回避で混戦ムードとなった。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい。

連対馬は1-5、1-3、7-4、3-9、16-2、1-5、2-1、2-5、4-1、1-2人気の組み合わせで決着。上位1〜3番人気は6、4、2連対と悪くない成績だが、人気薄の7、9、16番人気から伏兵馬が3頭連に絡んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…4回
万 馬 券……3回

2012、13、14年に3年連続で1万510円、1万330円、8万4380円と荒れたが、その後5回は2000円未満。近年は平穏に収まる傾向を見せている。

一方、3着に2、4、2、7、1、3、7、1、6、8番人気が入線した3連単配当は、4190円、1万円台、14万円台、11万円台、94万円台、1万円台、1万円台、9240円、4万円台、6620円。こちらも12年から3年間は11〜94万馬券が飛び交ったが、その後は4万1560円が最高配当。波乱は起こっていない。

連対馬20頭のクラス別は、G1組10頭、G2組4頭、G3組5頭、オープン特別組1頭。重賞組が連対馬の95%を占めている。

ステップはチャンピオンズC(旧ジャパンCダート)組と根岸S組が5連対で並んでトップ。次いで、東海S組4連対、3連対で川崎記念組が続き、東京大賞典組2連対、フェアウェルS1連対。連対馬20頭は上記6路線に限られている。

連対馬の前走成績は【11.3.3.3】(1〜3着、着外)。85%が馬券圏の3着以内に好走し、3着馬を見てみても8頭までがこの条件を満たしている。前走3着以内なら信頼度は高い。

年齢別は4〜8歳以上馬が出走して、5、8、4、2、1連対。連対率は17、25、11、6、5%。連対馬は全世代から出ているが、優勝馬に限ると、4〜6歳馬が3、5、2勝。単勝、馬単、3連単の頭には上記3世代から指名したい。


◎……モズアスコットはダート初挑戦の前走・根岸Sを快勝。出遅れてヒヤッとさせたが、直線でコパノキッキングをアッサリと差し切った。18年の安田記念以来勝利がなかったが、見事に新境地を開いた。マイルG1馬に距離延長は大歓迎。2つ目のビッグタイトル奪取のチャンスだ。

○……2走前にサンライズノヴァは南部杯を勝利して、悲願のG1制覇を果たした。フェブラリーSは4、7着とひと息の成績だが、東京は重賞2勝を含めて6勝のコース巧者。前走・武蔵野Sは59キロで5着と敗れたが、背負い慣れた57キロなら勝ち負けに持ち込める。

▲……ワンダーリーデルは休み明けの1400M戦を使って、次走で1600M戦を勝利する。このローテーションで、昨年6月にアハルテケS、11月に武蔵野Sを快勝した。前走の根岸Sの上がり34秒7は勝ち馬と同タイム。優勝方程式でG1勝利を目指す。

△1……前走・東海Sでヴェンジェンスはゴール前インティを交わして2着。勝ち馬に半馬身届かなかったが、スローの流れの中団からレース最速の上がりで追い上げた。3走前のみやこS勝ちを含め、重賞では安定した成績。戴冠のチャンスはある。

△2……インティは昨年、好スタートから主導権を握り、クビ差逃げ切り勝ち。スピードもあるが、マイペースに落としてゴールした武豊騎手の手綱さばきが光った。今回も積極策でハナに立つだろうが、後方の目標になるのは必至。1年間勝ち星なしも不安で、今回は△にとどめた。

△3……一昨年にノンコノユメは根岸S、フェブラリーSを連勝。その後目立ったタイトルはないが、前走の東京大賞典でゴールドドリームに先着してオメガパフュームと1馬身差の2着。明け8歳でも衰えはなく、実績のある東京コースなら大駆けも十分にある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ブルドッグボス        
1 2 アルクトス      
2 3 ワイドファラオ      
2 4 タイムフライヤー      
3 5 インティ
3 6 ミッキーワイルド        
4 7 ヴェンジェンス    
4 8 キングズガード      
5 9 サンライズノヴァ    
5 10 ノンコノユメ  
6 11 モジアナフレイバー        
6 12 モズアスコット
7 13 デルマルーヴル        
7 14 ミューチャリー        
8 15 ケイティブレイブ        
8 16 ワンダーリーデル      

買い目

大多5=12 5=9 5-2 5-10 12=9
綾恵3=5 3=10 3-4 3-12 5=10
山田5=12 5=7 5=8 12=7 12=8 7=8
たま12=9 12=16 12=5 12=7 12=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。