競馬 - 共同通信杯 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年2月16日(日)

11R

2020年2月16日(日) | 1回東京6日 | 15:45発走

第54回共同通信杯(GIII)

芝・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | 3歳 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はマイラプソディ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.47.4

前走・京都2歳S(G3)を制し、デビューから無傷の3連勝。いずれも異なるコースに対応し、上がり最速で他馬を一蹴した。休養を経て3カ月ぶりとなるものの、追い切りでは栗東坂路で自己ベストをマーク。左回りもデビュー戦で経験しており、直線の長い東京なら非凡な決め手を存分に発揮できそうだ。更に連勝を伸ばしてクラシックへ弾みをつけたい。

○対抗はココロノトウダイ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.47.9

デビュー戦は出遅れて2着に終わったが、その後2連勝。前走・きんもくせい特別では向正面から早めに動いて押し切るなど、自在に動ける強みを持っている。500キロ超の大型馬で休み明けは気になるものの、入念な乗り込みで仕上がりは上々。立ち回りの上手さを武器に初タイトルを狙う。

▲単穴はフィリオアレグロ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

東京コースでデビュー勝ち。道中は好位で折り合い、道悪を苦にすることなく押し切った。そこで負かしたメンバーから5頭が後に中央で勝ち上がっており、レースのレベルは水準以上。サトノクラウンを半兄に持つ血統も良質で、2戦目の重賞挑戦でも警戒はしておきたい。

△抑えはダーリントンホール。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力断然、マイラプソディ

過去10年、連対馬は3-2、3-6、2-1、4-2、1-3、3-1、6-5、2-6、6-3、3-1番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は4、1、6連対とほめられた成績ではないが、伏兵馬の連対も6番人気の4頭だけ。

馬連配当は
3 け た……4回
1000円台…2回
2000円台…1回
3000円台…1回
5000円台…1回
9000円台…1回

6、5番人気のワンツーで2016年に9650円の高配当となったが、ほかの9回は荒れても5000円台止まり。万馬券が飛び出すような大穴馬券は出ていない。

一方、3着に1、5、3、9、2、4、3、1、10、4番人気が入った3連単配当は、6750円、3万円台、3790円、7万円台、3190円、1万円台、9万円台、1万円台、56万円台、2170円。一昨年に56万馬券の大荒れとなったが、ほかに10万円を超すような波乱は起こっていない。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組8頭、オープン特別組5頭、1勝クラス組4頭、新馬組2頭、未勝利組1頭。格上のオープン組が65%を占めているが、1勝クラス以下からの連対はすべてここ5年でマークしたもの。下級条件組の食い込みに警戒したい。

ステップは3連対で朝日杯フューチュリティS組と東京スポーツ杯2歳S組が並び、2連対でホープフルS、若駒S、セントポーリア賞組が続いている。

また、前走成績を見ると【10.6.3.1】(1〜3着、着外)。連対馬の95%は前走で馬券圏内に好走し、3着馬も7頭がこの条件を満たしている。

キャリア別は1〜5戦以上馬が8、22、33、20、30頭が出走して、2、3、8、4、3連対。連対率は25、14、24、20、10%。連対馬のキャリアは幅広いが、3戦馬が最多8連対を果たしている。

関東馬は11連対(連対率16%)、関西馬が9連対(同23%)、地方馬が5頭で連対なし。東西間格差はあまり気にしなくてもよさそうだ。


◎……マイラプソディは新馬、野路菊S、京都2歳Sと3連勝した。3戦はすべてレース最速の上がりで、オープン2戦は後続を5、2馬身ちぎった。東京コースは初めてとなるが、初戦で左回りはクリア。重賞2連勝で春の主役候補に名乗りを上げる。

○……デビュー戦を勝利した後、ダーリントンホールは札幌2歳S3着、前走1番人気に推された葉牡丹賞でも3着。物足りない成績が続いているが、東京スポーツ杯2歳Sを見送るなど調整が狂ったか。ひと息入れて立て直したとなれば、侮れない存在だ。

▲……ビターエンダーは2戦目の未勝利戦を3番手追走からアッサリ押し切った。外を回りながら2分0秒3は中味が濃い。前走・京成杯は案外だったが、中山から東京へのコース替わりは好材料。よほど馬場が悪化しなければV争いになる。

△1……ココロノトウダイはレース最速の上がりで未勝利、きんもくせい特別と連勝中。ひと息入れての出走となるが、短期放牧でリフレッシュ。初勝利を挙げた新潟と同じ直線の長い左回りなら、能力を存分に発揮できる。

△2……フィリオアレグロは東京の芝2000Mを好位から押し切り勝ち。着差は半馬身差だったが、2着馬が次走で勝ち上がり、3着には6馬身差をつけた。4カ月ぶりの実戦となるが、サトノクラウンの弟と血統はしっかりしている。大駆けも視野に入れておきたい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 エン        
2 2 ビターエンダー  
3 3 ココロノトウダイ  
4 4 シングンバズーカ        
5 5 アジュバント        
6 6 ダーリントンホール  
7 7 フィリオアレグロ
8 8 マイラプソディ
8 9 シコウ        

買い目

大多8=3 8=7 8-6 3=7
綾恵8=7 8=3 8-2 7=3
山田6=8 6=2 6=7 8=2 8=7 2=7
たま8=6 8=2 8=3 8=7
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。