2020年2月15日(土)

11R

2020年2月15日(土) | 1回東京5日 | 15:45発走

第55回デイリー杯クイーンカップ(GIII)

芝・左 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | 3歳 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3500、1400、880、530、350万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はマジックキャッスル。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.34.3

前走・ファンタジーS(G3)は2歳女王に輝いたレシステンシアを相手に2着と善戦。これまでは先行する形だったが、後方から鋭く追い込んで脚質の幅を広げた。前々走・サフラン賞(1勝クラス)はマルターズディオサ(次走G1・2着)とクビ差2着の接戦を演じており、マイル適性も証明済み。引き続き勝ち負けになる。

○対抗はホウオウピースフル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

新馬、百日草特別(1勝クラス)と連勝。いずれのレースも好位から上がり最速で押し切り、牡馬相手に完勝した。一昨年の有馬記念(G1)など重賞5勝を挙げているブラストワンピースの半妹で、血統的なポテンシャルは十分。前向きな気性から距離短縮もプラスになりそうだ。

▲単穴はミヤマザクラ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

デビュー2戦目をレコードで快勝。前走・京都2歳S(G3)は強力な牡馬相手に2着に終わったものの、3着には3馬身差をつけて重賞でも通用する力を示した。デビュー前から非凡な動きを見せていた素質馬で、レースセンスも抜群。長距離輸送や距離短縮など課題はあるものの、牝馬同士なら出番はある。

△抑えはルナシオン。△穴はシャンドフルール。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

良血開花、ホウオウピースフル

出世レースとして知られている。過去10年だけを見てみても、2011年ホエールキャプチャ、12年ヴィルシーナ、16年メジャーエンブレム、19年クロノジェネシスの4頭が、このレースを勝利した後G1を制覇。2着馬からも15年ミッキークイーンがオークス、秋華賞と2冠を制し、17年のアエロリットはNHKマイルCを制覇している。

ただ、不思議なことに春1冠の桜花賞とのつながりを見ると、優勝した馬はなく、昨年の1、2着馬クロノジェネシス、ビーチサンバも3、5着に敗れている。今後を占う注目のレースを制するのはどの馬か。過去10回のデータで傾向を探ってみたい。

レースは1-10、2-5、2-1、4-3、1-3、2-3、1-7、1-5、3-5、1-2番人気の組み合わせで決着した。上位1〜3番人気は6、4、4連対と期待に応え、伏兵馬は7、10番人気のそれぞれ1連対だけ。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…3回
2000円台…2回
4000円台…1回
6000円台…1回

10年に6240円の中穴配当が出たが、キャリアの浅い3歳牝馬の重賞でも、万馬券となるような波乱は起こっていない。

また、3着に2、4、6、2=8(3着同着)、5、1、6、2、7、7番人気が入線した3連単配当は、4万円台、2万円台、1万円台、1万円台=4万円台(3着同着)、4270円、1万円台、1万円台、6820円、7万円台、4850円。こちらも一昨年の7万1150円が最高配当で、10万円を超えるような大荒れは見られない。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組13頭、オープン組1頭、1勝クラス組4頭、新馬組1頭、未勝利組1頭。重賞組が最多連対を果たしているものの、1勝クラス組以下からも6頭が連対。下級条件組にもチャンスは十分にある。

路線別は阪神ジュベナイルF組が8連対でトップ。次いで、フェアリーS組5連対の順。上記2路線が有力で、ほかの7頭はバラバラのレースから連対している。

前走成績は【6.6.3.1.1.3】(左から1〜5着、着外)。連対馬の75%は前走でも3着を確保する好走を見せている。なお、着外に敗れた3頭はすべて重賞6着からの臨戦馬。7着以下からの巻き返しは見られない。

キャリアは1〜6戦以上馬が1、4、8、5、2、0連対。連対率はそれぞれ7、16、29、15、11、0%。キャリア2〜4戦馬が好成績を残している。

関東馬は112頭が出走して14連対(連対率13%)、関西馬は31頭で6連対(同19%)、地方馬は8頭で連対なし。連対数で関東馬、率で関西馬が優勢となっている。


◎……ホウオウピースフルはデビュー戦を好位から差し切り、続く百日草特別も牡馬相手に2馬身差で快勝した。ともにレース最速の上がり。半兄ブラストワンピースは3連勝で毎日杯を勝利し、その年の有馬記念を制覇した。父はハービンジャーからオルフェーヴルに変わるが素質は確か。無傷の3連勝で牝馬クラシック戦線に名乗りを上げる。

○……相手はマジックキャッスル。デビュー戦を4馬身差で圧勝した後、連続2着に敗れているが、相手が阪神ジュベナイルFの1、2着馬では仕方がないか。世代トップ級の能力を秘めていることは間違いなく、ここでも首位争いになる。

▲……前走の京都2歳Sでミヤマザクラは牡馬相手に2着。2馬身置かれたが、相手がマイラプソディ(16日共同通信杯出走)で、早めに動いて勝ちに行く競馬をしたことを思えば内容は濃い。初のマイル戦となるが、血統からは対応可能だ。

△1……前走のアカノニジュウイチはスタートこそよくなかったが、勝負どころで前を射程圏内に入れ、32秒9の極上の上がりで差し切った。二の脚がしっかりしていて、折り合いも上々。キャリア1戦馬は2着1回のデータだが、桜花賞に向けていい結果を出したい。

△2……新馬戦を勝ち上がったばかりのルナシオンだが、その新馬戦は直線の反応が鈍くダメかと思われた。ところが、残り1ハロンで進路を確保すると一気に加速。そこから一瞬で突き抜けた。この馬もキャリア1戦馬だが、決め手は非凡。ノーマークにするのは危険だ。

△3……シャンドフルールはデビューから1、6、1着。2走前に掲示板を外したが、テンションが上がってしまい、まともに競馬ができなかった。500キロ近い大型牝馬で、パワフルな走りは迫力十分。広々とした東京コースなら存分に力を発揮できる。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ミヤマザクラ  
2 2 メルテッドハニー        
3 3 ルナシオン
3 4 アミークス      
4 5 セイウンヴィーナス        
4 6 シャンドフルール    
5 7 ヤマニンプレシオサ        
5 8 サナチャン      
6 9 マジックキャッスル
6 10 アカノニジュウイチ      
7 11 アールクインダム        
7 12 ホウオウピースフル  
8 13 チアチアクラシカ      
8 14 インザムービー        

買い目

大多9=12 9=1 9-3 9-6 12=1
綾恵4=12 4=9 4-3 4-8 12=9
山田9=1 9=3 9=13 1=3 1=13 3=13
たま12=9 12=1 12=3 12=6 12=10
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。