競馬 - 節分ステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年2月8日(土)

11R

2020年2月8日(土) | 1回東京3日 | 15:45発走

節分ステークス

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | 3勝クラス(1600万下) (混合)(特指) 定量 | 本賞金:1820、730、460、270、182万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はスイープセレリタス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.9

ローズS(G2)は6着に敗れたものの、前走・ユートピアSでは僅差2着に好走。自己条件に戻って上位の力を示した。東京では(2.1.1.0)と馬券圏内を外していないコース巧者。引き続き同舞台ならオープン入りが期待できる。

○対抗はルーカス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.4

6カ月半ぶりの前走・立志Sでタイム差なしの2着に好走し、復調をアピール。モーリス(G1・6勝)の全弟で、2歳時には重賞でも連対した素質馬だ。ひと叩きされた今回は勝機まである。

▲単穴はレノーア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.2

△抑えはアントリューズ。△穴はトーセンブレス。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力オープン級、トーセンブレス

ハンデ戦で行われた2015〜17年を含む過去5年のデータで傾向を見てみたい。

レースはフルゲート16頭立てに対して、16、14、13、16、7頭で争われた。連対馬は6-1、1-10、1-6、2-5、2-1番人気の組み合わせでゴールした。

1番人気は2勝、2着2回と期待に応えているものの、2、3番人気は2、0連対とアテにならない。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…2回
2000円台…1回
5000円台…1回

16年に10番人気が2着に絡んで5620円の中穴配当となったが、4回は3000円未満。万馬券となるような波乱は起こっていない。

一方、3連単配当は2万、6万、3万、13万円台、2640円。一昨年に12番人気が3着に食い込んで、13万360円の高配当が飛び出す大荒れ。今年は16頭の多頭数戦。波乱も視野に入れておきたい。ちなみに、3着は7、5、9、12、3番人気だった。

連対馬10頭はすべて芝からの参戦で、距離別は1600M組9頭、1800M組1頭。このレースと同じ1600Mから臨戦した馬が好走している。

クラス別は3勝クラス【0.3.1.1】(1〜3着、着外)、2勝クラス【5.0.0.0】。3勝クラスは馬券圏の3着以内なら問題ないが、2勝クラスは全馬1着からの参戦馬だった。

ステップはユートピアS組と新春S組から2頭ずつ連対。データは5回と少ないが、有力路線としてマークしておきたい。

年齢別は4〜8歳上馬が2、6、1、1、0連対。連対率はそれぞれ11、32、8、7、0%。5歳馬が他世代を大きくリードしている。

東西対決は、関東馬が45頭出走して7連対(連対率16%)、関西馬は21頭で3連対(同14%)。関東馬が長距離輸送で東上する関西馬をリードしている。

性別は牡馬と牝馬がそれぞれ5連対と互角の成績だが、連対率を見ると12、22%。牝馬が牡馬を大きく上回っており、目が離せない存在となっている。


◎……昨秋に3カ月の休養から復帰してトーセンブレスは白秋S4着、ユートピアS4着。2戦続けてレース最速の上がりで追い上げたが、スローの流れで、ともに0秒2差届かなかった。不完全燃焼の競馬が続いているが、さかのぼればG1阪神ジュベナイルF、桜花賞でともに4着と能力上位。現級にいつまでもとどまる素材ではない。

○……相手はヴィッテルスバッハ。前走で2勝クラスの芝1600Mを勝ち上がったばかりだが、走破時計は当日のユートピアS(3勝クラス)よりも0秒2速かった。昇級の壁はなく、全3勝をマイルで挙げている距離巧者。初戦から勝ち負けに持ち込める。

▲……スイープセレリタスは1番人気に支持された前走のユートピアSで0秒1差の2着。勝ち馬をとらえ切れなかったが、最後までしっかりと脚を伸ばしている。全3勝すべてを左回りで挙げ、東京の芝も【2.1.1.0】と得意。上記2頭をまとめて差し切る決め手を秘めている。

△1……3勝クラスに昇級してアントリューズは3、3、4着。3戦とも着差は0秒3以内と小差だった。3勝すべてが芝1600M戦で、東京コースも【3.0.1.1】と好相性。ひと息入れての参戦となるが、現級脱出の条件は整っている。

△2……ルーカスは15年の年度代表馬モーリスの全弟。デビュー戦を飾り、続く東京スポーツ杯2歳Sでも2着と期待に応えた。その後伸び悩んでいたが、6カ月半ぶりの前走でクビ差2着に好走。良血馬が復調すれば、いつオープン入りしても不思議はない。

△3……レノーアは3勝クラスに昇級して掲示板止まりが続いていたが、前走の立志Sで3着。あとひと押しが利かずに出世できずにいるが、1勝クラスでマイル勝ちの実績があり、東京も【2.0.1.3】と好相性。ここにきて上昇中で、現級突破も可能だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 アントリューズ  
1 2 トーセンブレス    
2 3 スイープセレリタス
2 4 オールザゴー        
3 5 ウーリリ    
3 6 ルグランパントル        
4 7 エクレアスパークル        
4 8 ドルチャーリオ        
5 9 チャンピオンルパン      
5 10 ボーダーオブライフ        
6 11 レノーア  
6 12 リカビトス        
7 13 ヴィッテルスバッハ    
7 14 スモークフリー        
8 15 トーラスジェミニ        
8 16 ルーカス  

買い目

大多3=16 3=11 3-1 3-2 16=11
綾恵5=3 5=11 5-9 5-16 3=11
山田1=3 1=13 1=5 3=13 3=5 13=5
たま2=13 2=3 2=1 2=11 2=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。