競馬 - 根岸ステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年2月2日(日)

11R

2020年2月2日(日) | 1回東京2日 | 15:45発走

第34回根岸ステークス(GIII)

ダート・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はコパノキッキング。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:重・1.22.4

前走・カペラS(G3)を制して連覇を達成。斤量58キロを背負いながらも豪快に差し切り、充実ぶりをアピールした。今回と同じローテで昨年の当レースも快勝しており、引き続き上位評価は当然。きっちりと連勝を決めてフェブラリーS(G1)に弾みをつけたい。

○対抗はミッキーワイルド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.21.3

前走・霜月Sは断然人気に応えてオープン初勝利。近4戦で3勝、2着1回と勢いに乗っており、2着に終わったプロキオンS(G3)でも勝ち馬とは半馬身差だった。前走から2カ月半空いたものの、調教の動きは軽快。ベストの東京コース(3.2.1.0)で初タイトルを狙う。

▲単穴はダノンフェイス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:稍・1.21.9

昨秋の武蔵野S(G3)で3着に善戦すると、前走・すばるS(L)でオープン3勝目。脚部不安から立て直し、2年2カ月ぶりの勝利を挙げた。1400Mで計6勝をマークしており、そのうち3勝が東京コース。明け7歳でも衰えは感じられず、警戒したい一頭だ。

△抑えはワイドファラオ。△穴はモズアスコット。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

底力一番、モズアスコット

過去10年、連対馬は11-1、2-3、4-9、5-1、4-8、1-2、1-6、1-3、6-1、2-3番人気の組み合わせで決着した。上位1〜3番人気は6、3、3連対と悪くない成績だが、6〜11番人気からも伏兵馬5頭が連に食い込んでいる。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…3回
2000円台…1回
5000円台…1回
6000円台…1回
万 馬 券……1回

2012年に4、9番人気でワンツーして1万5660円の高配当となったが、9回は荒れても6000円台止まり。例年フルゲート16頭(18年は13頭)立てでも大荒れにはなっていない。

一方、3連単配当は15万円台、4万円台、37万円台、10万円台、15万円台、4万円台、3万円台、9330円、2万円台、1万円台。こちらは10回中4回で10万円を超える高配当が飛び出す波乱。ちなみに、3着は4、10、5、10、5、15、10、4、2、5番人気だった。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組10頭、オープン特別組9頭、3勝クラス組1頭。3勝クラス以下からの出走馬は割引が必要となる。

前走成績は【9.4.3.2.0.2】(1〜5着、着外)。前哨戦で馬券対象に好走した馬が連対馬の80%を占めている。なお、着外の2頭は6、9着でともにチャンピオンズC(G1)からの参戦馬だった。

路線別はギャラクシーS組が4連対でトップ。次いで、3連対でカペラS、チャンピオンズC、武蔵野S組が続いている。

関東馬は32頭が出走して1連対(連対率3%)、関西馬が116頭で19連対(同16%)、地方馬は9頭で連対なし。関西馬が他所属馬を一蹴している。

年齢別は4〜8歳以上馬が15、31、47、28、36頭出走して、5、7、5、2、1連対。連対率は33、23、11、7、3%。連対数で5歳、率で4歳馬が他世代を一歩リードしている。


◎……一昨年の安田記念馬モズアスコットがダートに初挑戦する。G1制覇から勝ち星はないが、2走前のスワンSでハナ差の2着。前走は外を回るロスで自慢の末脚を発揮できなかった。ダートは未知数でもG1馬の底力に期待する。

○……コパノキッキングは昨年4連勝でこのレースを制覇。前走のカペラSも一昨年より3キロ重い58キロで勝利した。能力の高さは認めるものの、ベストの距離は1200Mで、東京ダートも【1.0.0.1】の成績。今回は対抗とした。

▲……ミッキーワイルドはダートに転向して5戦勝てなかったが、近4戦で3勝2着1回と好走。中団で脚をため、直線差し切る戦法でパワーアップを続けている。1400Mは【2.3.1.0】と底を見せておらず、ここでも好勝負になる。

△1……ワンダーリーデルは2走前、出遅れた武蔵野Sを後方から差し切り勝ち。展開もはまったが、堂々のレースぶりで重賞初制覇を飾った。前走チャンピオンズC(11着)は相手が強く、流れもスローで度外視してよく、ベストの1400Mで巻き返す。

△2……ダノンフェイスは1年4カ月の休養から立ち直るのに時間がかかったが、昨秋9月から一戦ごとに復調。前走すばるSで久々の勝利を挙げた。東京ダートは3勝しているベストの条件。2走前の武蔵野S3着だけ走ればV戦線に浮上する。

△3……昨年10月に復帰してテーオージーニアスは2、1、2、2着と連を外さず、前走のカペラSではコパノキッキング相手に2馬身半差の2着に健闘した。直線の長い東京なら警戒が必要だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 テーオージーニアス      
1 2 テーオーヘリオス        
2 3 ミッキーワイルド
2 4 ワンダーリーデル  
3 5 コパノキッキング
3 6 ワイドファラオ    
4 7 スマートアヴァロン        
4 8 ブルベアイリーデ        
5 9 カフジテイク        
5 10 ノボバカラ        
6 11 モズアスコット    
6 12 アードラー        
7 13 ヨシオ        
7 14 サングラス        
8 15 ダノンフェイス
8 16 ドリームキラリ        

買い目

大多5=3 5=15 5-6 5-11 3=15
綾恵3=5 3=6 3-4 3-15 5=6
山田5=15 5=4 5=3 15=4 15=3 4=3
たま11=5 11=3 11=1 11=4 11=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。