IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年9月6日(日)

11R

2020年9月6日(日) | 3回新潟8日 | 15:45発走

第56回農林水産省賞典 新潟記念(GIII)

芝・左・外 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) ハンデ | 本賞金:4100、1600、1000、620、410万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はワーケア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.9

ホープフルS(G1)3着、弥生賞(G2)2着と2歳時から世代トップクラスで活躍。前走・日本ダービー(G1)は8着と案外な結果に終わったものの、G3なら見直しが必要になるだろう。1800〜2000Mで(2.1.1.0)と距離短縮はプラスで、ハンデも軽量53キロ。始動戦をきっちり制し、秋のG1に向かいたい。

○対抗はカデナ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.57.8

重賞3勝の実績はメンバー随一。前々走・大阪杯(G1)では一線級相手に0秒2差4着と堂々のレースぶりを見せている。昨年の当レースは後方から追い上げて3着。前走・宝塚記念(G1)は雨の影響で持ち味を発揮できなかったが、良馬場ならトップハンデでも有力視できそうだ。

▲単穴はサンレイポケット。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.59.8

前走・ジューンS(3勝クラス)は不良馬場を苦にせず、初距離にもしっかりと対応してオープン入り。骨折により出世は遅れたものの、近5戦で3勝、2着2回と軌道に乗ってきた。2000Mで3勝を挙げており、左回りも(3.1.0.0)と好相性。ハンデ54キロなら重賞でも出番があっていい。

△抑えはブラヴァス。△穴はサトノガーネット。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

重賞初制覇、ジナンボー


過去10年、連対馬は5−10、5−9、7−9、10−8、1−5、6−9、2−1、6−1、1−6、2−6番人気で決まった。上位1〜3番人気は4、2、0連対と絶不調で、人気薄の6〜10番人気から計11頭が連に絡んでいる。

馬連配当は
1000円台...2回
2000円台...2回
4000円台...1回
6000円台...1回
万 馬 券......4回

2010年から4年連続で万馬券が飛び出す波乱となったが、その後は7000円未満に収まっている。ただ、フルゲート18頭立てのハンデ戦、常に波乱を視野に入れておきたい。

一方、3連単配当は13万、10万、31万、55万、2万、38万、5万、13万、5万、10万円台。こちらは13年の55万馬券を筆頭に、6けた配当が7回も飛び出す大荒れとなっている。ちなみに、3着は4、3、8、7、3、13、9、12、13、8番人気だった。

クラス別は重賞組17頭、3勝クラス組3頭。重賞組が強く、3着を見ても10頭中8頭を占めている。ハンデ戦でも軸は重賞組から選ぶのが無難か。

ステップ(着順)は7連対で小倉記念(4、6、15、6、2、6、1着)組がトップ。これに3連対の七夕賞(5、12、1着)組が続き、函館記念(1、8着)組2連対の順。サマー2000シリーズを締めくくる第5戦。同シリーズから臨戦した馬が好成績を残している。なお、上記3路線組なら前哨戦の着順に関係なく巻き返しが可能となっている。

関東馬75頭と関西馬87頭で争った東西対決は、10対10。連対率はそれぞれ13、11%。ほぼ互角の成績を残している。

また、年齢別は3〜7歳上馬が6、25、47、46、38頭出走して、1、5、7、3、4連対。連対率は17、20、15、7、11%。連対数で5歳馬が世代トップとなっているが、率で4歳馬が逆転している。

牡馬142頭と牝馬20頭で争った性別は、19対1。連対率は13、5%。出走頭数に大きな差があるものの、牝馬は苦戦している。

トップハンデ馬の成績は17、1、10、14、(6、10、11)、6、(2、16)、16、7、(12、16)着。ハンデ頭は1勝、2着1回と不振。今年58キロで参戦するカデナにとっては気になるデータとなっている。


◎......ジナンボーは昨年6月にオープン入り。まだ重賞勝ちはないものの、G3戦は新潟記念2着、小倉大賞典3着、七夕賞9着。前走は道悪と出遅れで力を出せなかった。父ディープインパクト、母アパパネの超良血馬が、昨年2着のリベンジを果たして、初のタイトル奪取を決める。

○......相手はアールスター。前走・小倉記念を1分57秒5の好タイムで快勝。53キロの軽量も利いたが、格上挑戦で重賞初制覇を果たした。フロック勝ちとの評価からか人気はないが、芝2000Mは(4.2.1.4)と好相性。前走だけ走れれば、ここでも上位争いは必至だ。

▲......昨年暮れの中日新聞杯勝ち後、不調が続いていたサトノガーネットが前走の小倉記念で1馬身差の2着。最後方待機からレース最速の上がりで差してきた末脚が光った。ベストは右回りだが、2000Mは2勝の実績。復調すれば侮れない。

△1......ワーケアはダービー8着からの参戦。そのダービーは中団で脚をため直線勝負に出たが、距離が長かったか、最後1ハロンで脚が上がった。ホープフルS3着、弥生賞ディープインパクト記念2着。初の古馬相手でも中距離戦なら好勝負に持ち込める。

△2......久々の重賞挑戦の前走・目黒記念でゴールドギアは5着。道中勝ち馬の後ろで脚をためていたが、直線前が壁になって追えなかったのが痛かった。新馬、3勝クラス勝ちが左回りの東京コース。斤量据え置きの53キロならチャンスはある。

△3......カデナは前走の宝塚記念で12着。3カ月ぶりに加えて、苦手な道悪で全く力を発揮できなかった。夏が合うタイプで、昨年は小倉記念2着に続いて、新潟記念3着。2走前に大阪杯4着の実績もある。トップハンデ58キロさえ克服できれば、V戦線に浮上する。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 インビジブルレイズ        
1 2 アイスバブル    
2 3 ピースワンパラディ        
2 4 サトノダムゼル        
3 5 ジナンボー      
3 6 メートルダール        
4 7 アールスター    
4 8 サトノガーネット  
5 9 アイスストーム        
5 10 ウインガナドル        
6 11 ワーケア
6 12 プレシャスブルー        
7 13 ゴールドギア      
7 14 カデナ
7 15 リープフラウミルヒ        
8 16 サンレイポケット      
8 17 ブラヴァス    
8 18 サトノクロニクル        

買い目

大多11=14 11=16 11-8 11-17 14=16
綾恵11=17 11=2 11-7 11-14 17=2
山田14=8 14=11 14=2 8=11 8=2 11=2
たま5=7 5=8 5=11 5=13 5=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。