IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年7月25日(土)

11R

2020年7月25日(土) | 2回新潟1日 | 15:45発走

越後ステークス

ダート・左 1200m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | 3歳以上 | 3勝クラス(1600万下) (混合)[指定] ハンデ | 本賞金:1820、730、460、270、182万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はマラードザレコード。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:重・1.09.1

昇級後は2桁着順を続けていたが、前走・八海山Sで3着。前半3ハロン33秒4のハイペースで逃げて粘り込み、巻き返しに成功した。左回りは(2.2.1.1)と相性が良く、当舞台では妙高特別(2勝クラス)をレコード勝ち。脚抜きの良い馬場なら、前走以上の結果もありそうだ。

○対抗はジェネティクス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.11.7

ここまで5戦3勝、2着1回。前走(2勝クラス)は休み明けの昇級戦だったが、好位から危なげなく押し切り連勝を飾った。大型馬の叩き2戦目なら更なる良化が見込めそう。ハンデ53キロも恵まれた印象で、一気のオープン入りまで考えておきたい。

▲単穴はロンドンテソーロ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:重・1.10.8

△抑えはシスル。△穴はマイネルラック。


今週のワンポイントアドバイス

距離巧者、ジェネティクス

ダート1200Mで行われた過去5回のデータを参考に傾向を見てみたい。

レースはすべてフルゲート15頭立て。連対馬は4-2、3-4、1-2、2-1、1-10番人気の組み合わせで決まった。上位1〜4番人気は3、3、1、2連対と人気に応え、伏兵馬の連対は10番人気の1頭だけ。

馬連配当は
3 け た……1回
1000円台…1回
2000円台…2回
5000円台…1回

毎年多頭数で争われているものの、10頭中9頭が4番人気以内の人気馬で、最高配当は昨年の5410円。ハンデ戦でも波乱度は低い。

一方、3連単配当は13万、8万、1万、1万、9万円台で決着。こちらは4けた配当ですんなりと収まったことはなく、13万馬券が飛び出すなどハンデ戦らしい荒れ模様。人気薄馬の食い込みも視野に入れておきたい。ちなみに、3着は11、9、7、8、6番人気が入線している。

連対馬のクラス別(着順)は、オープン特別組1頭(15着)、3勝クラス組6頭(5、3、4、3、2、8着)、2勝クラス組3頭(1、1、1着)。2勝クラス組は1着が連対条件となっているが、3勝クラス以上は前哨戦の結果に関係なく巻き返しが可能だ。

ステップは花のみちS(3勝クラス)組から唯一3頭が連対しているが、今年はこの組からの参戦馬はいない。

年齢別は3〜7歳以上馬が1、9、35、21、9頭出走して、0、4、5、1、0連対。連対率は0、44、14、5、0%。連対数で5歳馬、率で4歳馬が他世代をリードしている。ただ、知っておきたいのは3歳馬の動向。昨年のオルトグラフ(51キロ)は連を外したものの3着を確保し、6年前にも1頭参戦したエイシンゴージャス(52キロ)が1着。出走頭数は少ないが、3歳馬から目が離せない状況となっている。なお、今年は2頭が古馬に挑戦する。

関東馬37頭と関西馬38頭で争った東西対決は、2対8。連対率は5、21%。関西馬が関東馬を圧倒している。

また、性別は牡馬が52頭出走して6連対(連対率12%)、牝馬は23頭で4連対(同17%)。牡馬は連対数でリードしているが、率では牝馬が上回っている。

連対馬のハンデは(57、56)(53、55)(56、55)(55、54)(55、54)キロ。52キロ以下の軽量馬は苦戦している。


◎……本命に3歳の関西馬ジェネティクスを推す。現在休みを挟んでダート1200Mの1、2勝クラスを連勝。好位から直線楽な手応えで、3馬身半差、2馬身半差で快勝した。昇級戦となるが、この距離は3戦3勝で、ハンデも前回より1キロ減。3連勝でオープン入りを決める。

○……相手はロンドンテソーロ。年明けに2勝クラスを3馬身半差で圧勝。続くブラッドストーンSは道中絡まれて7着に敗れたが、ここ2戦は好位で立ち回り、小差で連続2着に好走している。57キロは背負い慣れた斤量で、現級の上位常連。今回も大崩れは考えられない。

▲……昨年10月にマラードザレコードはこの舞台で妙高特別を1分9秒1でレコードV。好スタートから後続に影をも踏ませぬ逃走劇を演じた。その後2けた着順が続いたが、前走は久々に戻った得意の新潟で3着と現級にメドを立てた。自分の競馬に徹すれば差はない。

△1……エアコンヴィーナは前走、東京のダート1300Mを逃げ切り勝ち。マイペースの競馬ができたとはいえ、後続を2馬身半突き放す完璧な競馬だった。3カ月ぶり、昇級戦となるが、鞍上に今乗れている藤田菜七子騎手を迎え、ハンデも前回より3キロ減。初戦から警戒が必要だ。

△2……シスルは久々を使われた後の前走・春風Sで2着。好スタートでハナに立ったが、外から来た2頭を先に行かせ3番手を追走。直線インから勝ちパターンに持ち込んだが、ゴール寸前でクビ差交わされた。3カ月半ぶりとなるが、現級では能力上位。55→53キロのハンデも魅力だ。

△3……4カ月半の休養明けの前走・端午Sでアイオライトは15着。馬体は仕上がっていたが、骨折明けの影響か本調子になかったようだ。デビュー3戦目にダートに転向して、2連勝で挑んだ全日本2歳優駿で2着した実力馬。たたき2戦目で、前回より3キロ減。一変に警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 マイネルラック      
2 2 プレシャスルージュ        
2 3 メイショウギガース        
3 4 ジェネティクス  
3 5 マラードザレコード
4 6 スナークスター        
4 7 ヒイナヅキ        
5 8 ルーチェソラーレ        
5 9 アイオライト    
6 10 シスル  
6 11 エアコンヴィーナ  
7 12 ゲキリン        
7 13 ショウナンカイドウ        
8 14 オスカールビー        
8 15 ロンドンテソーロ

買い目

大多5=4 5=15 5-1 5-10 4=15
綾恵4=5 4=11 4-9 4-15 5=11
山田5=15 5=10 5=11 15=10 15=11 10=11
たま4=15 4=5 4=9 4=10 4=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。