IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年4月25日(土)

11R

2020年4月25日(土) | 1回福島5日 | 15:25発走

第17回福島牝馬ステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | 4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はデンコウアンジュ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.46.4

昨年の当レース覇者。年明け初戦の愛知杯(G3)では重賞3勝目を飾っており、7歳でも衰えは皆無だ。前走・中山牝馬S(G3)はトップハンデを背負って4着に終わったものの、勝ち馬とは0秒2差。別定戦の今回は斤量減となるため、連覇も可能だ。

○対抗はエスポワール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.46.5

オープン入り後はターコイズS(G3)2着、中山牝馬S(G3)3着と重賞で上位争い。福島は初めてとなるが、ここまで9戦して(4.2.2.1)とコースは問わないタイプだ。叩き2戦目で上積みも見込め、タイトル獲得のチャンス。

▲単穴はサラキア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.45.9

昨年のエプソムC(G3)で牡馬相手に2着。エリザベス女王杯(G1)では直線でスムーズさを欠きながらも0秒4差(6着)と善戦した。前走・愛知杯(G3)は9着と振るわなかったが、道悪で力を発揮できなかった印象。良馬場で改めて期待してみたい。

△抑えはフェアリーポルカ。△穴はリュヌルージュ。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

連覇濃厚、デンコウアンジュ

中央競馬の舞台は今週から東京、京都競馬場に替わる。春のG1シリーズはひと休みとなるが、代わりに、開催中の福島競馬を加えた3競馬場でG1レースのトライアルが行われる。

先陣を切るのは土曜25日のヴィクトリアマイルトライアル・福島牝馬S(1着馬に優先出走権)。日曜26日には、東京でオークストライアル・フローラS(上位1、2着馬に優先出走権)、京都では安田記念トライアル・マイラーズC(1着馬に優先出走権)が開催される。無観客競馬が続く中ではあるが、G1へのプラチナチケットをかけた熱い戦いから目が離せない。


福島牝馬Sは過去10年、連対馬は5-4、9-5、1-4、1-3、5-2、3-9、15-1、3-4、7-1、4-1番人気の組み合わせで決まった(2011年は新潟競馬)。上位1〜3番人気は5、1、3連対とアテにならないが、伏兵馬の連対も7、9、15番人気の1、2、1頭と少ない。

馬連配当は
3 け た……2回
1000円台…2回
3000円台…3回
5000円台…1回
6000円台…1回
万 馬 券……1回

15番人気が勝利した16年に1万1130円と荒れたが、ほかは15年の6490円が最高配当。全体としての波乱度は低い。

一方、3着に3、3、2、10、16、13、13、1、4、2番人気が入線した3連単配当は、4万、9万、1万、4万、23万、59万、73万、2万、6万円台と6670円。こちらは14〜16年に23〜73万円台の高配当が続いたが、近年は1番人気が必ず3着以内を確保して、大荒れは起こっていない。

連対馬のクラス別は、重賞組18頭、3勝クラス組1頭、2勝クラス組1頭。20頭中18頭が重賞組で、下級条件からの連対は2頭だけとなっている。

ステップは中山牝馬S組が16連対と断然の強さで、15、16年を除く8回で連を独占している。ちなみに残る4頭は愛知杯組2頭と四国新聞杯、初音Sのそれぞれ1頭ずつだった。

年齢別は4〜7歳馬が68、51、21、9頭出走して、6、11、2、1連対。連対率は9、22、10、11%。5歳馬が他世代をリードしている。出走頭数は少ないが、高齢7歳馬も連対率で健闘している。


◎……デンコウアンジュが連覇を決める。前走・中山牝馬Sは降雪で力のいる馬場だったが、直線外からグイグイと伸びて0秒2差の4着。軽量馬3頭に先着を許したが、56キロのトップハンデを思えば負けて強しの内容だった。2走前に愛知杯V。7歳馬でも衰えは全くない。

○……相手は中山牝馬S3着のエスポワール。3カ月ぶり、差し馬に厳しい馬場状態だったが、キッチリと馬券圏を確保したのは立派。兄はダービー3着の力量馬で、成長が見込める血筋。たたき2戦目の上積みが見込め、重賞初制覇も視野に入る。

▲……サラキアは前走の愛知杯で9着。道悪が響いて凡走したが、もともとはローズS2着、秋華賞4着と能力は確か。5歳牝馬でこのレースと相性のいい世代。一息入れて立て直しての参戦、スピードの生かせる良馬場なら怖い。

△1……フェアリーポルカは休み明けの愛知杯で詰めを欠いて4着に敗れたが、前走の中山牝馬Sを快勝。軽量が有利に働いたことは間違いないが、力を付けている。G1の2戦を除くと掲示板を外していない堅実派。鞍上の和田騎手との相性もいい。

△2……フィリアプーラもG1の2戦と不良馬場だった前走の中山牝馬Sを除くと、掲示板外はゼロ。前走は休み明けで、テン乗りのジョッキーへの手替わりもマイナスだった。主戦の丸山騎手に戻して、たたき2戦目。条件が好転した。

△3……レッドアネモスは昨年5月に白百合Sを快勝した後、3戦連続で重賞戦。さらに馬場も不得手なやや重〜不良と恵まれなかった。走法から良馬場でこそのタイプ。中山はマイル戦とはいえ、サフラン賞勝ちの舞台。流れひとつで上位に浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 エスポワール  
1 2 フィリアプーラ      
2 3 サラキア  
2 4 アロハリリー        
3 5 リープフラウミルヒ        
3 6 カリビアンゴールド      
4 7 マルシュロレーヌ        
4 8 ダノングレース      
5 9 レッドアネモス      
5 10 ハーレムライン        
6 11 デンコウアンジュ
6 12 モルフェオルフェ        
7 13 リュヌルージュ    
7 14 フェアリーポルカ  
8 15 ショウナンバビアナ      
8 16 ランドネ        

買い目

大多11=1 11=3 11-13 11-14 1=3
綾恵3=14 3=11 3-13 3-15 14=11
山田11=6 11=1 11=8 6=1 6=8 1=8
たま11=1 11=3 11=2 11=9 11=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。