IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年6月21日(日)

11R

2020年6月21日(日) | 1回函館4日 | 15:25発走

第27回函館スプリントステークス(GIII)

芝・右 1200m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) 別定 | 本賞金:3900、1600、980、590、390万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はダイアトニック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:重・1.08.7

昨年のスワンS(G2)勝ち馬。前走・高松宮記念(G1)は初の1200Mだったが、直線で不利を受ながらもタイム差なしの3着に好走した。一線級相手に差のない競馬をしており、G3なら有力視して当然の一頭。斤量58キロでも本命視してみたい。

○対抗はライトオンキュー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.08.1

前走・京阪杯(G3)を制して重賞初制覇。出遅れながらも外を回って豪快に差し切り、本格化を印象づけた。今回は7カ月の休み明けとなるが、鉄砲は利くタイプ。洋芝も苦にしないため、いきなり出番があっていいだろう。

▲単穴はエイティーンガール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.07.8

前走・鞍馬S(オープン)で3着。休み明けながら上がり32秒4で0秒1差まで猛追し、持ち時計も更新した。前々走・シルクロードS(G3)は後方から追い込みクビ差2着と、末脚は重賞でも互角以上。叩き2戦目でタイトルを狙う。

△抑えはマリアズハート。△穴はスイープセレリタス。


今週のワンポイントアドバイス

速力上位、ダイアトニック

過去10年、連対馬は2-1、1-3、2-1、6-5、8-6、4-14、12-2、3-4、3-10、5-2番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は3、4、3連対とパッとしない成績で、代わりに6番人気以下から6頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…1回
3000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……4回

前半の10〜12年は1番人気が人気に応え、3けた配当に堅く収まっていたが、その後は万馬券4回を含めすべて4けた配当で決着。難解なレースとなっている。

また、3連単配当は1万円台、4260円、7万円台、16万円台、87万円台、94万円台、39万円台、5万円台、8万円台、1万円台。こちらも10万円を超す万馬券が4回も飛び出している。ちなみに、3着は5、2、11、3、4、12、7、7、1、1番人気だった。

ステップ(着順)は高松宮記念(2、3、11着)組が3連対でトップ。次いで、桜花賞(17、9着)組、京王杯スプリングC(14、12着)組、鞍馬S(4、1着)組、韋駄天S(3、6着)組が2連対で続いている。なお、上記路線からの直行なら前走着順に関係なく巻き返しが可能となっている。

年齢別は3〜7歳以上馬が5、6、4、3、2連対。連対率は24、33、10、10、7%。各世代から連対馬は出ているが、4歳馬が他世代を一歩リードしている。

性別は牡馬が89頭出走して14連対(連対率16%)、牝馬は47頭で6連対(同13%)。牝馬は苦戦しているが、馬券圏の3着には10回中8回で入線。大幅な割引はしなくてもよさそうだ。


◎……ダイアトニックは前走の高松宮記念で3着。初の1200M戦、直線進路をふさがれる不利がありながらハナ+アタマ差とG1で通用するスピードを見せた。距離2度目で、G1→G3。相手が楽になるここは重賞2勝目のチャンスだ。

○……オープンに昇級後、エイティーンガールは休養を挟んで、クビ差の2着、0秒1差の3着。あと一歩届かなかったが、後方から鋭い追い込みを見せた。今回はたたき2戦目で、全4勝の1200M戦。末脚勝負なら黙っていない。

▲……ライトオンキューは前走の京阪杯で重賞初制覇。昨年春から芝1200Mに的を絞って(2.1.0.1)と結果を出した。ドバイ国際競走が中止となり、無念の帰国で7カ月ぶりの実戦となるが、昨年の充実ぶりから軽視できない。

△1……昨年1月デビューのマリアズハートは(4.1.1.1)の成績。3歳の5月に重賞で完敗したが、それ以外はすべて3着以内に好走している。休み明け、昇級戦の前走でも強敵相手にハナ差の2着と健闘した。まだキャリア7戦。伸びしろは十分に期待できる。

△2……シヴァージは高松宮記念で0秒3差の5着。12番人気の人気薄だったが、後方待機からレース最速タイの上がりで上位馬に迫った。昨年暮れから芝路線に転じて成績が安定。大駆けに警戒したい。

△3……フィアーノロマーノは3月の阪急杯以来の実戦。間隔が空いたのは気になるが、昨年のダービー卿チャレンジトロフィーを3カ月の休み明けで勝利した実績がある。初の1200M戦は未知数でも、ここで通用するスピードは備えている。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 スリーケープマンボ        
1 2 マリアズハート  
2 3 エイティーンガール
2 4 スイープセレリタス      
3 5 ティーハーフ        
3 6 ダイアトニック
4 7 ライトオンキュー    
4 8 シヴァージ    
5 9 フィアーノロマーノ  
5 10 ジョーマンデリン        
6 11 アリンナ        
6 12 グランドボヌール        
7 13 リュウノユキナ        
7 14 ミキノドラマー        
8 15 メイショウショウブ      
8 16 ダイメイフジ        

買い目

大多6=7 6=3 6-2 6-4 7=3
綾恵6=9 6=3 6-2 6-15 9=3
山田6=3 6=9 6=8 3=9 3=8 9=8
たま6=3 6=7 6=2 6=8 6=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。