IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年9月5日(土)

11R

2020年9月5日(土) | 2回札幌7日 | 15:25発走

第55回札幌2歳ステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際)(特指) 馬齢 | 本賞金:3100、1200、780、470、310万円 |

予想

◎本命はピンクカメハメハ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.51.0

デビュー戦を4馬身差で快勝。好スタートからハナに立つも、一旦2番手に控え4角で抜け出す味な競馬を見せた。操縦性が高く、決め手も非凡。G1・3勝を挙げた名牝スイープトウショウの半弟で、血統的なポテンシャルも高い。連勝の期待は十分だ。

○対抗はバスラットレオン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.51.3

こちらはデビュー戦を逃げ切りV。好発から主導権を握ると、そのまま後続を突き放した。マイペースだったとはいえ、上がり3ハロンは11秒4−11秒0−11秒2と秀逸で、単調なスピードタイプではなさそう。このメンバーでも素質は互角以上とみる。

▲単穴はジオルティ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.50.1

デビュー戦はピンクカメハメハの4着に終わったものの、2戦目で初勝利。ひと叩きされて良化し、好位のインから力強く差し切った。近親にダービー馬のアドマイヤベガや、桜花賞馬のハープスター。名手・ルメール騎手へのスイッチも心強い。

△抑えはユーバーレーベン。△穴はウインルーア。


今週のワンポイントアドバイス

白毛初の芝重賞V、ソダシ


過去10年、連対馬は3−2、1−2、3−1、2−4、5−11、2−1、5−10、1−4、6−4、5−3番人気で決着した(2013年は函館競馬)。上位1〜3番人気の4、4、3連対は胸を張れる成績とはいえないが、伏兵馬の連対も6、10、11番人気のそれぞれ1頭ずつと少ない。

馬連配当は
3 け た......3回
1000円台...2回
2000円台...1回
6000円台...1回
8000円台...1回
万 馬 券......2回

2けた人気が連対した14、16年に2万3610円、1万8120円の高配当が飛び出す波乱。キャリアの浅い1、2戦馬による重賞戦だけに、伏兵馬の台頭も視野に入れておきたい。

一方、3着に1、5、9、6、7、8、7、7、1、2番人気が入線した3連単配当は、6200円、2430円、2万円台、5万円台、45万円台、2万円台、50万円台、3万円台、8万円台、8万円台。こちらも45万馬券や50万馬券が出る大荒れとなっている。

連対馬20頭のクラス別は、オープン組6頭、新馬組9頭、未勝利組5頭。新馬、未勝利組が計14連対と格上のオープン組を上回り、優勝回数でも9対1と圧倒している。

路線別はコスモス賞組が4連対でトップ。次いで、クローバー賞組が2連対で続いている。ちなみに今年は、その2路線からそれぞれ1頭ずつ参戦している。

性別は牡馬103頭と牝馬33頭で争って、15対5。連対率はそれぞれ15、15%。出走頭数の多い牡馬が連対数でリードしているが、率は両者互角。性別による差はないとみていい。

所属別は関東馬が9連対、関西馬も9連対、地方馬が2連対。東西間格差は気にしなくてもよさそうだ。今年は地方馬の参戦がない。


◎......ソダシは前走、函館の芝1800Mを好時計で快勝。レースぶりも上々で、芝でJRA史上初の白毛馬による新馬勝ちを達成した。祖母シラユキヒメ、母ブチコとつながる母子3代の白毛血統。白毛馬は、これまでダートでの重賞勝ちはあるが、芝はなし。希少な白毛馬が初重賞奪取を決めるチャンスだ。

○......ピンクカメハメハは新馬戦を4馬身差で楽勝。着差もさることながら、向こう正面で先頭から2番手に下げ、4コーナーで再び先頭に立ち、直線は鞭を使わずに2着以下を突き放す味な競馬を見せた。逃げ馬がそろったが、あのレースぶりなら控える競馬にも対応できる。

▲......前走のユーバーレーベンはスタートは良くなかったが、二の脚でリカバーして中団待機。インから先に抜け出した2着馬を外から鮮やかに差し切った。洋芝にも小回りコースにも実績のあるゴールドシップの産駒。2連勝でのタイトル奪取も十分ある。

△1......バスラットレオンは前走、開幕週だったとはいえ、好スタートからハナに立ち、メンバー最速タイの33秒6の上がりで逃げ切り勝ち。しかも直線ノーステッキで後続を2馬身半突き放す強い競馬だった。引き続き前走と同じ舞台。軽視できない存在だ。

△2......新馬戦を惨敗したウインルーアだが、前走は距離を伸ばし、この舞台でV。道中内ラチ沿いからじわじわとポジションを上げ、直線を向くと馬群を割って一気に抜け出した。勝ち時計も上々で、引き続き芝1800M戦。好勝負が期待できる。

△3......ヴィゴーレの初勝利は2戦目。その前走は出負けして後方に置かれたが、勝負どころから大外に出してレース最速の上がりで差し切った。クビ差の勝利となったが、4コーナーで外に膨れたロスがなければ差はもっと開いていたはず。混戦で浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ピンクカメハメハ  
2 2 ヴェローチェオロ        
3 3 ジオルティ      
3 4 カガフラッシュ        
4 5 スライリー        
4 6 バスラットレオン  
5 7 コスモアシュラ      
5 8 ユーバーレーベン    
6 9 ウインルーア
6 10 リキサントライ        
7 11 ウイングリュック        
7 12 ヴィゴーレ  
8 13 ソダシ    
8 14 アオイゴールド      

買い目

大多1=6 1=3 1-8 1-9 6=3
綾恵12=14 12=9 12-1 12-13 14=9
山田6=9 6=12 6=7 9=12 9=7 12=7
たま13=1 13=8 13=6 13=9 13=12
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。