IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年8月23日(日)

11R

2020年8月23日(日) | 2回札幌4日 | 15:45発走

第56回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はラッキーライラック。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.4

今春の大阪杯(G1)を快勝。好位のインから鋭く差し切り、G1・3勝目を挙げた。前走・宝塚記念(G1)は6着と振るわなかったが、レース直前の豪雨が少なからず影響した印象。今回のメンバーなら実績は断然で、今週の追い切りでも抜群の動きを見せている。しっかりと結果を出して、秋のG1に向かいたい。

○対抗はノームコア。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.0

昨年のヴィクトリアマイル(G1)勝ち馬。今年はスプリントの高松宮記念(G1)こそ崩れたが、ヴィクトリアマイル3着、安田記念4着とG1戦線で力を見せている。2000Mは久々となるものの、紫苑S(G3)勝ちを含め3戦すべて3着以内。ここもマークは外せない。

▲単穴はトーセンスーリヤ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.58.6

キャリアを重ねて着実に力をつけ、春の新潟大賞典(G3)で初タイトルを獲得。前走はG1の壁に阻まれたものの、渋った馬場を果敢に先行して7着なら健闘と言えるだろう。北海道シリーズは(1.4.1.1)と安定しており、洋芝は合うタイプ。連下には押さえておきたい。

△抑えはブラックホール。△穴はアドマイヤジャスタ。


今週のワンポイントアドバイス

距離巧者、ノームコア


過去10年、連対馬は1−5、1−5、4−1、2−8、2−1、5−8、5−1、6−12、2−1、3−4番人気の組み合わせで決まった(2013年は函館競馬)。1番人気は6連対とまずまずの成績を残しているが、2、3番人気が3、1連対と不調。代わりに、人気薄の6〜12番人気から4頭が連対している。

馬連配当は
3 け た......2回
1000円台...4回
2000円台...1回
4000円台...1回
万 馬 券......2回

10回中7回は3000円未満で決着しているが、15年と17年に1万4080円、3万7670円の高配当が飛び出す波乱。伏兵馬の台頭に警戒が必要となっている。

また、3着に7、2、2、14、7、4、4、1、4、1番人気が入線した3連単配当は、3万、1万、1万、7万、1万、23万、2万、20万、1万、1万円台。馬連が万馬券決着となった年に、23万、20万円台の万馬券が出る大荒れとなっている。

連対馬20頭のクラス別は、G1組10頭、G2組2頭、G3組8頭。オープン特別以下からの連対はなく、3着を見てみても10頭すべてが重賞からの臨戦馬。前走レコード勝ちの勢いでオープン特別から挑むポンデザールにとっては気になるデータとなっている。

路線別(着順)は6連対で函館記念(3、1、3、6、9、7着)組がトップ。次いで、宝塚記念(3、13、9、1着)組4連対、3連対で安田記念(2、5、5着)組が続いている。なお、上記路線組なら前走成績は気にしなくてもよさそうだ。

年齢別は3〜7歳以上馬が10、34、39、29、35頭出走して、1、4、8、4、3連対。連対率は10、12、21、14、9%。5歳馬が他世代を大きくリードしている。

性別は牡馬が124頭出走して18連対(連対率15%)、牝馬は23頭で2連対(同9%)。牝馬は劣勢となっているが、今年は人気を集めそうな5歳牝馬が3頭参戦する。


◎......ノームコアは昨年のヴィクトリアマイルを1分30秒5のレコードで制覇した。その後G1奪取はならなかったものの、香港マイル4着、安田記念4着とハイレベルのパフォーマンスを見せている。2000M戦は久々となるが、この距離は(1.1.1.0)と得意。勝って秋のG1へ弾みをつけたい。

○......相手はラッキーライラック。クラシックはアーモンドアイの前に無冠に終わったが、昨年のエリザベス女王杯、今年の大阪杯を制覇した。前走・宝塚記念(6着)の敗因は、直前の雨の影響とはっきりしている。洋芝さえこなせれば、6つ目のタイトル奪取も可能だ。

▲......ブラックホールは前走のダービーで7着。スローペースの後方からで掲示板を確保できなかったが、レース2番目タイの上がりで追い上げた内容は悪くない。間隔は空いたが、昨年の札幌2歳Sの覇者。洋芝適性は高く、舞台が札幌に替わるのは大きなプラスだ。

△1......アドマイヤジャスタは前走の函館記念で15番人気の低評価を覆して重賞初制覇。不振続きの伏兵馬の大駆けに驚かされたが、思い起こせばホープフルS2着の実績馬だった。今回はそこそこの人気を集めているが、前走がフロックと言われないレースを期待したい。

△2......2連勝で新潟大賞典を制した勢いで挑んだ前走・宝塚記念でトーセンスーリヤは7着。G1初挑戦ながら、果敢にハナを切り全力疾走。結果勝ち馬から大きく離されてのゴールだったが、いい経験となったはずだ。洋芝は得意。マイペースの逃げに持ち込めれば、大駆けもある。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ノームコア
2 2 ペルシアンナイト      
3 3 トーセンスーリヤ    
4 4 ドレッドノータス      
5 5 ルミナスウォリアー        
5 6 ラッキーライラック
6 7 ブラックホール  
6 8 カウディーリョ        
7 9 イェッツト        
7 10 ポンデザール      
8 11 アドマイヤジャスタ  
8 12 トーラスジェミニ        

買い目

大多6=1 6=3 6-7 6-11 1=3
綾恵6=11 6=1 6-4 6-7 11=1
山田6=1 6=10 6=2 1=10 1=2 10=2
たま1=6 1=7 1=3 1=11
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。