競馬 - 北海道新聞杯クイーンステークス - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年8月2日(日)

11R

2020年8月2日(日) | 1回札幌4日 | 15:35発走

第68回北海道新聞杯クイーンステークス(GIII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)牝(特指) 別定 | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はフェアリーポルカ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.46.8

前々走・中山牝馬S(G3)、前走・福島牝馬S(G3)と重賞2連勝。4歳を迎えて完全に本格化した印象だ。札幌コースは初めてだが、小回りを苦にしない器用さがあり、1800Mは3戦3勝。休養を経て更に力強さを増しているため、連勝を伸ばす可能性は十分とみる。

○対抗はスカーレットカラー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:稍・1.44.5

昨秋の府中牝馬S(G2)を差し切ると、今春の阪神牝馬S(G2)では2着を確保。前走・ヴィクトリアマイル(G1)は15着と振るわなかったが、牝馬同士のG3なら決め手上位の一頭だろう。昨年2着の雪辱を果たし、2つ目のタイトルを獲得したい。

▲単穴はカリビアンゴールド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.46.1

昨年の当レースは好メンバー相手にタイム差なしの3着。3歳時から北海道シリーズに毎年参戦し、洋芝で(1.3.3.1)と堅実な成績を収めている。前走・巴賞(オープン)は牡馬を相手に3着を確保。今年も上位争いが期待できそうだ。

△抑えはビーチサンバ。△穴はサムシングジャスト。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

能力重賞級、ビーチサンバ

過去10年、連対馬は2-3、1-10、1-10、1-8、2-6、7-1、9-1、2-6、1-4、1-5番人気で決着した(2013年は函館競馬)。1番人気は5勝、2着2回と期待に応えているが、2、3番人気が3、1連対と不振。代わりに6番人気以下から7頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
1000円台…3回
2000円台…3回
4000円台…1回
5000円台…1回
6000円台…2回

最高配当は1、10番人気で決着した11年の6590円。人気薄馬の健闘も目立つものの、万馬券が飛び出すような波乱は起こっていない。

また、3連単配当は3万、5万、7万、4万、1万、4万、39万、2万円台と6560円、3万円台。こちらも16年の39万7120円を除くと、9回はほぼ平穏な配当に収まっている。ちなみに、3着は6、3、4、3、1、4、11、8、2、9番人気だった。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組16頭、オープン特別組1頭、3勝クラス組3頭。重賞組が連対馬の80%を占め、ここ5年は連を独占している。

ステップ(着順)は7連対でヴィクトリアマイル(9、11、8、5、4、18、8着)組がトップ。次いで、3連対でマーメイドS(10、9、3着)組が続き、オークス(6、4着)組が2連対。上記3路線からの臨戦馬なら成績に関係なく連対可能となっている。

年齢別は3〜7歳以上馬が4、7、7、2、0連対。連対率は24、19、15、9、0%。7連対で4歳馬と5歳馬が世代争いを繰り広げている。なお、率で他世代をリードしている3歳馬は今年参戦していない。


◎……ビーチサンバは1勝馬の身だが、桜花賞と秋華賞で5着入線し、ローズS(芝1800M)でもクビ差2着の実力馬。前走ヴィクトリアマイルの9着は、出遅れが敗因だった。実績はマイル戦に集中しているが、この距離は1戦して2着1回。距離延長に不安はなく、待望のタイトル奪取のチャンスだ。

○……強敵はスカーレットカラー。前走のヴィクトリアマイルは15着に沈んだが、道中力んで走り、馬場も硬く、2走ボケの影響もあったようだ。昨年2着の実力馬で、スピード決着より少し力のいる洋芝が得意。乗り慣れた岩田康騎手にスイッチして勝負をかけてきた。

▲……割って入ればコントラチェック。今年2戦は16、14着に凡退したが、2走前は不良馬場、前走は真逆の超高速馬場だった。今回は程よく時計のかかる洋芝。もともと札幌は初勝利を挙げたゲンの良い舞台で、距離1800Mも(2.0.1.1)と好相性だ。

△1……フェアリーポルカの今年3戦は4、1、1着。初戦は休み明けで勝ち切れなかったが、その後、中山牝馬S、福島牝馬SとG3戦を連勝した。道悪でしっかりと走れ、後方からでも勝利できたのは大きな収穫だった。斤量2キロ増で評価を下げたが、上位争いも視野に入る。

△2……カリビアンゴールドは昨年の3着馬。毎年北海道シリーズで好成績を残している馬で、今年も前走の巴賞で3着と洋芝巧者をアピールした。成績にムラはあるが、今年2度の2けた敗退は道悪。良馬場なら、このメンバーでも互角に戦える。

△3……前走のエプソムCでシャドウディーヴァは16着。G1ヴィクトリアマイル(10着)を使った後の疲れと道悪の影響があったか。芝1800Mは3勝クラス勝ちだけだが、マイルのG3東京新聞杯で半馬身差の2着。重賞でも差のない実績を残している。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 レッドアネモス        
2 2 スカーレットカラー
3 3 ナルハヤ        
3 4 タガノアスワド        
4 5 アロハリリー        
4 6 カリビアンゴールド    
5 7 コントラチェック  
5 8 フェアリーポルカ
6 9 ビーチサンバ
6 10 リープフラウミルヒ        
7 11 モルフェオルフェ        
7 12 オールフォーラヴ      
8 13 サムシングジャスト      
8 14 シャドウディーヴァ      

買い目

大多8=2 8=6 8-9 8-13 2=6
綾恵8=2 8=9 8-7 8-12 2=9
山田2=7 2=8 2=9 7=8 7=9 8=9
たま9=2 9=7 9=6 9=8 9=14
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。