IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年12月15日(日)

11R

2019年12月15日(日) | 5回阪神6日 | 15:40発走

第71回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 |

予想

◎本命はサリオス。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.32.7

デビューからマイル戦で2連勝。前走・サウジアラビアRC(G3)は直線で食い下がるクラヴァシュドール(先週の阪神ジュベナイルF3着)を力でねじ伏せ、1分32秒7のレコードを叩き出した。今週の追い切りでも古馬相手に中身の濃い調教を消化しており、仕上がりは上々。長距離輸送や右回りは初めてとなるが、難なく克服できるポテンシャルを秘めている。

○対抗はレッドベルジュール。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.34.5

前走・デイリー杯2歳S(G2)を快勝し、デビュー2連勝。出遅れて後方からの競馬となったが、直線で内ラチ沿いを強襲して鮮やかに差し切った。馬体重も28キロ増と大幅に成長していた点は好印象。ディープインパクト産駒らしい鋭い決め手を持っており、新馬戦で阪神の急坂もクリアしている。相手はさらに強化されるが、素質は引けを取らない。

▲単穴はタイセイビジョン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

ここまで3戦して1、2、1着。前走・京王杯2歳S(G2)はレコードで重賞制覇を飾り、夏の函館2歳S(G3)で先着されたビアンフェにリベンジを果たした。まだ気性面に課題を残すものの、3戦続けて上がり3ハロン最速。初めてのマイルでも折り合いひとつで出番がある。

△抑えはペールエール。△穴はビアンフェ。


今週のワンポイントアドバイス

末脚さく裂、タイセイビジョン

2歳チャンピオン決定戦。昨年は2戦無敗の牝馬グランアレグリア(1番人気3着)の参戦で大いに盛り上がった。しかし、2017年にホープフルS(2000M)がG1に昇格してから立ち位置があいまいになり、出走馬が分散する傾向にあり、フルゲート(18頭)割れが続いている。

過去10年、連対馬は1-2、5-4、1-4、7-1、4-6、1-14、2-1、6-7、1-3、2-9番人気の組み合わせで決まった(2009〜13年は中山競馬)。上位1〜3番人気は6、3、1連対の成績。1番人気はまずますの成績を残しているものの、2、3番人気が不振。代わりに、人気薄の6〜14番人気から6頭が連対している。

馬連配当は
3 け た……3回
1000円台…2回
4000円台…1回
5000円台…1回
7000円台…1回
9000円台…1回
万 馬 券……1回

14年に14番人気のアルマワイオリが2着に食い込んで1万4050円の高配当が出たが、半数の5回は2000円未満で堅い決着。多頭数戦(平均出走頭数16.3頭)でも、波乱度は低い。

一方、3着に5、2、8、3、5、3、11、12、2、1番人気が入線した3連単配当は6720円、6万円台、3万円台、5万円台、16万円台、13万円台、3万円台、22万円台、2630円、4万円台。こちらは10万円を超す万馬券が3回もあり、伏兵馬の台頭を警戒したい。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組13頭、1勝クラス組6頭、新馬組1頭。1勝クラス組以下からも巻き返しが可能となっている。また、前走着順は【15.2.0.3】(1〜3着、着外)。連対馬の17頭までが1、2着からの臨戦で、3着馬を見てみても【8.1.1.0】の成績。前哨戦で3着以下だった馬は苦戦している。

路線別は、京王杯2歳S(1、1、2、1着)組Sと東京スポーツ杯2歳S(1、9、1、7着)組が4連対でトップ。3連対でデイリー杯2歳S(4、1、1着)組とベゴニア賞(1、1、1着)組が続き、サウジアラビアロイヤルC(1、2着)組2連対の順。2歳重賞をステップにした馬が好走している。

キャリアは1〜6戦以上馬が1、7、6、4、2、0連対。連対率はそれぞれ25、23、13、9、13、0%。6戦以上馬は不振だが、今年は2〜5戦馬の争い。キャリアは気にしなくてもよさそうだ。

関東馬48頭と関西馬114頭で争った東西対決は、10対10。連対率は21、9%。連対数は互角でも、率で関東馬が関西馬をリードしている。なお、1頭出走の地方馬は着外に敗れている。


◎……タイセイビジョンは前走の京王杯2歳Sで折り合いを欠きながら、レース最速の上がりで追い込んでレコード勝ち。マイルは初めてとなるが、直線進路が開くのを待って差し込んだレースぶりを見ると距離は問題なし。流れに乗れれば自慢の末脚がさく裂する。

○……新馬戦、サウジアラビアロイヤルCとサリオスは上がり33秒1の末脚で連勝。前走は2着馬に直線でいったん並ばれたが、差し返してのレコード勝ちと強かった。現時点の完成度は高いが、前走は目いっぱいの競馬。激走の反動に不安ありとみて2番手とした。

▲……レッドベルジュールは2戦2勝。新馬戦は2番手から差して、前走のデイリー杯2歳Sは一転、後ろから追い込んだ。どんなレースにも対応できるような感じで、特に前走の内からスルスルと伸びてきた脚は光った。スミヨン騎手に乗り替わるが、ここもまず崩れない。

△1……ウイングレイテストは前走デイリー杯2歳S2着は太め残り。それでも馬群をさばいて1馬身半差まで追い上げた。たたき2戦目で上積みは十分。本格化は先だろうが、ここで通用しても不思議のない能力を秘めている。

△2……前走のデイリー杯2歳Sでペールエールは0秒3差の3着。1番人気を裏切ったのは、早めの競馬になったのが敗因だろう。2走前の新潟2歳Sのように脚をためる競馬ができれば、上位争いに食い込める。

△3……ラウダシオンは前走もみじSを1馬身半差で差し切り勝ち。不良馬場、距離延長を苦にせず、最後まで力強く脚を伸ばした。使われながら着実に上昇カーブを描いている。メンバーは強くなるが、好走しても不思議ない決め手を秘めている。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ジュンライトボルト        
1 2 ビアンフェ  
2 3 ペールエール  
2 4 トリプルエース      
3 5 マイネルグリット        
3 6 サリオス  
4 7 ウイングレイテスト      
4 8 タイセイビジョン
5 9 グランレイ        
5 10 エグレムニ        
6 11 カリニート        
6 12 レッドベルジュール  
7 13 プリンスリターン        
7 14 タガノビューティー        
8 15 メイショウチタン        
8 16 ラウダシオン    

買い目

大多6=12 6=8 6-2 6-3 12=8
綾恵12=8 12=16 12-2 12-4 8=16
山田6=8 6=2 6=3 8=2 8=3 2=3
たま8=6 8=12 8=3 8=7 8=16
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。