IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年3月31日(日)

11R

2019年3月31日(日) | 2回阪神4日 | 15:40発走

第63回大阪杯(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:12000、4800、3000、1800、1200万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はブラストワンピース。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.57.5

クラシックでは善戦止まりだったが、前走・有馬記念(G1)を快勝して初のG1制覇。レイデオロら古馬のトップクラスを一蹴し、堂々とグランプリホースに輝いた。阪神コースでは昨春の毎日杯(G3)を勝っており、前走で見せた器用な立ち回りから内回りも問題ない。まだキャリア7戦とさらに伸びる余地があり、G1連勝の期待は十分だ。

○対抗はワグネリアン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.01.2

デビュー以来7戦5勝(重賞3勝)2着1回。昨年の日本ダービー(G1)では今回も対戦するブラストワンピースらに勝利し、ハイレベルな現4歳世代の頂点に立った。前走・神戸新聞杯(G2)を勝った後、疲労の影響で復帰が遅れたものの、乗り込み量は豊富。ぶっつけ本番でもダービー馬の底力は軽視できない。

▲単穴はサングレーザー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・1.57.0

昨年の天皇賞・秋(G1)は上がり3ハロン最速で追い込み、小差の2着。まだG1タイトルこそないが、末脚の切れ味は現役トップクラスだ。昨夏の札幌記念(G2)を制するなど、小回りコースへの適性も十分。休み明けで(3.2.1.0)と鉄砲も利くタイプだけに、いきなりの好走があっても驚けない。

△抑えはキセキ。△穴はステルヴィオ。


今週のワンポイントアドバイス

逃げ切り濃厚、キセキ

G1に昇格して今年3回目だが、ここでは2009年からの過去10年のデータでレース傾向を探ってみたい。

連対馬は3-1、6-9、1-8、6-1、1-2、2-6、4-1、2-5、1-7、1-6番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気は7、3、1連対。1番人気は4勝、2着3回と人気に応えているが、2、3番人気が不振で、6〜9番人気から7頭の伏兵馬が連対している。

馬連配当は
3 け た……4回
1000円台…1回
2000円台…2回
6000円台…1回
7000円台…1回
万 馬 券……1回

10年に6、9番人気の1、2着で2万5640円と荒れたが、10回中7回は3000円未満で決着。全体としては平穏に収まる傾向を見せている。

一方、3着に4、1、3、2、5、1、6、4、4、2番人気が入線した3連単配当は、8640円、10万円台、7万円台、1万円台、1670円、2万円台、1万円台、1万円台、2万円台、1万円台。馬連で2万馬券が飛び出した年に10万3370円の高配当となったが、9回は荒れても7万円台止まり。特に、ここ5年は2万円未満で決まっている。

連対馬20頭の路線別は中山記念組が5連対でトップ。次いで、有馬記念組と京都記念組が3連対で続き、ジャパンC組2連対となっている。上記4路線が有力ステップで、そこで馬券対象3着以内に好走していればさらに信頼度は高くなる。

年齢別は4〜8歳以上馬が9、7、3、1、0連対。連対率はそれぞれ29、23、9、6、0%。連対数、率で最年少の4歳馬が他世代をリードし、歳を重ねるごとに成績が下がっている。


◎……ドバイ遠征組は不在だが、中距離王を目指してG1馬8頭が集結した。本命にキセキを推す。昨秋は古馬王道のG1、天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念に参戦して、3、2、5着。追い込みから逃げに脚質転換して、いずれも上位争いを演じた。強力な同型馬は不在。17年の菊花賞以来のビッグタイトルを奪取する。

○……昨年の有馬記念でブラストワンピースは念願のG1初制覇。斤量2キロ差の恩恵を受けたが、7頭のG1馬を一蹴した。自在性があり、距離も幅広くこなしている。3カ月ぶりとなるが、鉄砲駆けが利くタイプ。臨戦態勢は整っている。

▲……ワグネリアンは最強世代といわれる4歳馬で、昨年のダービーでブラストワンピースの追撃を許さなかった。ここまで7戦して(5.1.0.1)の成績。崩れたのは調整不足だった皐月賞のみ。神戸新聞杯以来となるが、休み明けは(1.1.0.0)と苦にしていない。

△1……前走のエポカドーロは4カ月ぶりでやや余裕残しの馬体。それでも高速決着に対応して、0秒2差の5着に健闘した。たたき2戦目の前進は確実で、小回り向きの器用さがセールスポイント。このメンバーでも見劣りはしない。

△2……エアウィンザーは前走の金鯱賞で2馬身差の3着。5連勝はならなかったが、G1馬が相手でも互角に勝負できることを証明した。阪神は(4.2.0.0)と底を見せていないコース。今乗れている浜中騎手が鞍上なのも心強い。

△3……昨年このレースでアルアインは0秒2差の3着。好位から差す脚質で好成績を挙げている。瞬発力勝負になると分が悪いが、平均ペースで流れる阪神の内回り2000Mは歓迎。人気はないが、大駆けに警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 マカヒキ      
2 2 ワグネリアン
3 3 アルアイン    
3 4 エポカドーロ      
4 5 ムイトオブリガード        
4 6 キセキ
5 7 ブラストワンピース  
5 8 サングレーザー    
6 9 エアウィンザー      
6 10 ステイフーリッシュ      
7 11 ペルシアンナイト        
7 12 ステルヴィオ      
8 13 スティッフェリオ        
8 14 ダンビュライト        

買い目

大多7=2 7=8 7-6 7-12 2=8
綾恵2=10 2=3 2-1 2-6 10=3
山田7=6 7=2 7=8 6=2 6=8 2=8
たま6=7 6=2 6=3 6=4 6=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。