競馬 - マイルチャンピオンシップ - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年11月17日(日)

11R

2019年11月17日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第36回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | 3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:11000、4400、2800、1700、1100万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はダノンキングリー。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.33.7

秋の始動戦となった毎日王冠(G2)で歴戦の古馬を一蹴。出遅れたうえに先行勢に有利な展開だったが、後方からケタ違いの末脚で豪快に差し切った。皐月賞(G1)3着、日本ダービー(G1)2着と現3歳世代トップクラスの能力を誇り、ここまで6戦して複勝率100%(4.1.1.0)。ひと夏を越えてさらに成長を遂げた逸材が、悲願のG1制覇を果たす。

○対抗はダノンプレミアム。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.32.6

前走の天皇賞・秋(G1)は2着に敗れたものの、勝ち馬は現役最強の女傑アーモンドアイ。相手が強すぎただけで、秋初戦としては上々の結果だった。1600Mでは一昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)を制するなど4戦して重賞3勝。不利を受けた安田記念(G1・16着)以外は負けておらず、この京都でも春のマイラーズC(G2)を快勝している。ベストの距離で2つ目のG1タイトルを狙う。

▲単穴はインディチャンプ。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.30.9

春の安田記念(G1)をレースレコードで快勝し、新マイル王の座を獲得。前走・毎日王冠(G2)は3着止まりだったが、休み明けで斤量58キロを背負っていたことを思えば、評価を下げる必要はないだろう。ひと叩きされて上積みが見込めるうえ、今回は得意の1600M(計5勝)。春秋マイルG1制覇も夢ではない。

△抑えはモズアスコット。△穴はダイアトニック。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

G1奪取に逃走、マイスタイル

春の安田記念を制したインディチャンプや2017年の2歳王者ダノンプレミアムなど、G1馬4頭を含める17頭が集結。京都淀のターフで秋のマイル王決定戦を繰り広げる。過去10年のデータで傾向を見てみたい。

14年の17頭立てを除くと、9回はフルゲートの18頭立てで行われた。連対馬は1-14、13-1、5-11、4-1、2-3、8-3、4-2、3-2、4-2、5-3番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気の3、4、4連対は威張れる成績といえず、代わりに8番人気以下から2けた人気馬3頭を含める4頭が連対している。

馬連配当は
1000円台…3回
2000円台…2回
3000円台…2回
6000円台…1回
万 馬 券……2回

10、11年に1万4240円、1万2800円の万馬券が連続で出たが、ここ7年は上位人気の好走ですべて4000円未満で決着。穴党にはちょっぴりもの足りないレースとなっている。

ただ、3連単配当を見ると、10万、47万、27万、5万、1万、19万、1万、4万、5万、2万円台。こちらは10〜47万円台の万馬券が4回も飛び出す波乱含みの一戦となっている。ちなみに、3着は2、6、4、5、1、9、1、7、7、4番人気だった。

連対馬20頭の路線別は富士S組が8連対でトップ。次いでスワンS組が5連対、2連対で天皇賞(秋)組と続いている。上記3路線が有力で連対馬の75%を占めているが、2走前に目を移すと、安田記念から7頭が連対。前哨戦としては1連対と目立たないが、その年の春のマイル王決定戦を経験している馬が、好成績を残している。

また、出走間隔は連対馬の20頭中19頭が10〜11月に1度はレースに参戦。休み明けで直行した馬は苦戦している。なお、3着馬も8頭までがこの条件を満たしている。

年齢別は3〜7歳以上馬が2、9、6、2、1連対。連対率は6、25、10、6、6%。4、5歳馬が好成績を残している。

性別は牡馬20連対、牝馬は連対なし。牝馬のプリモシーン、レッドオルガにとっては気になるデータとなっている。

今年は外国馬の出走がなく、所属別は関東馬VS関西馬。関東馬は5連対(連対率9%)、関西馬が15連対(同13%)。関西馬が連対数、率で関東馬を上回っている。


◎……前走のスワンSでマイスタイルは好位追走からタイム差なしの3着。休み明け、初の距離に対応して次走につながる力走を見せた。マイルは(1.1.2.1)と好相性で、1分31秒7という速い時計もある。逃げたダービーで4着の実績。ハナを奪えれば簡単には止まらない。

○……相手は3歳馬のダノンキングリー。休み明けの前走・毎日王冠を後方から33秒4の強烈な脚で直線一気を決めた。初めての京都コース、長距離輸送の課題もあるが、マイラーの資質は超A級。今乗れている横山典騎手の手綱さばきも頼もしい。

▲……レイエンダは前走・富士Sで勝ち馬を上回る上がり33秒0の末脚で半馬身差2着。2走前は馬群でもまれ力を出し切れなかったが、距離にメドを立てると同時に復調をアピールした。春にやや重のエプソムCを32秒7の末脚で快勝。道悪に対応できる決め手も秘めている。

△1……春の安田記念でダノンプレミアムはスタート直後に不利を受けて16着。2番人気を裏切ったが、ひと息入れて立て直した前走の天皇賞(秋)で2着と地力を示した。17年の2歳王者で、芝1600Mも(3.0.0.1)と得意。上位勢と互角のスピードを備えている。

△2……ダイアトニックは前走スワンSで重賞初勝利。やや重馬場で記録した上がり33秒6はG1級の瞬発力だった。今年の4勝はすべて芝1400Mだが、3走前に出遅れたダービー卿チャレンジTで0秒2差の4着。レースぶりからマイル戦も十分守備範囲になる。

△3……前走の毎日王冠でインディチャンプは0秒4差の3着。4カ月の休み明け、距離1800Mも1ハロン長かったようだ。5勝を挙げている芝1600Mに替わるのは好材料で、京都にも勝ち星がある。たたき2戦目の反撃に警戒したい。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ダノンキングリー    
1 2 グァンチャーレ    
2 3 マイスタイル      
2 4 レッドオルガ        
3 5 インディチャンプ
3 6 フィアーノロマーノ        
4 7 ペルシアンナイト        
4 8 プリモシーン      
5 9 クリノガウディー      
5 10 アルアイン      
6 11 カテドラル        
6 12 モズアスコット    
7 13 タイムトリップ        
7 14 ダノンプレミアム  
8 15 ダイアトニック    
8 16 エメラルファイト        
8 17 レイエンダ      

買い目

大多1=14 1=5 1-12 1-15 14=5
綾恵9=14 9=10 9-2 9-5 14=10
山田5=12 5=8 5=2 12=8 12=2 8=2
たま3=1 3=17 3=5 3=14 3=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。