2019年10月13日(日)

11R

2019年10月13日(日) | 4回京都4日 | 15:40発走

第24回秋華賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | 3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はダノンファンタジー。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前哨戦のローズS(G2)をレコードで快勝。春の2冠は4、5着に終わったが、最後の1冠獲得に向けて好発進を決めた。昨年の阪神ジュベナイルF(G1)を制して2歳女王に輝くなど、重賞4勝の実績。春のクラシックホースが不在となれば、当然有力な存在だ。調教では課題の気性面にも進境を見せており、臨戦態勢は万全。戴冠の期待が膨らむ。

○対抗はクロノジェネシス。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

ここまで6戦して(3.1.2.0)と複勝率100%。G1では2、3、3着と詰めの甘さはあるものの、現3歳牝馬のトップ戦線で常に上位争いを演じてきた。自在に立ち回れるレース巧者で、内回りコースも不安なし。休養を経てぶっつけ本番のローテとなるものの、休み明けは苦にしないタイプ。今回もマークは外せない。

▲単穴はカレンブーケドール。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・1.58.4

春のオークス(G1)では12番人気の低評価ながら2着に善戦。レースレコードが飛び出すハイレベルな決着でクビ差の接戦を演じ、トップクラスの地力を示した。休み明けの前走・紫苑S(G3)は早め先頭の積極策で3着に敗れたものの、勝ち馬とは0秒1差。ひと叩きされて順調に良化しており、平坦内回りなら押し切る可能性も。

△抑えはビーチサンバ。△穴はコントラチェック。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

ラスト1冠奪取、カレンブーケドール

3歳牝馬の3冠レース最終戦。桜花賞を制したグランアレグリア、無敗で樫の女王となったラヴズオンリーユーの参戦がないのは寂しいものの、世代トップ級のメンバーが集結した。混戦模様のラスト1冠を制するのはどの馬か。過去10回のレースで傾向を見てみたい。

過去10年の連対馬は2-3、1-6、2-7、1-2、3-2、3-1、1-5、3-4、3-4、1-5番人気の組み合わせで決着。上位1〜3番人気は5、4、5連対と人気に応え、優勝馬はすべて3番人気以内から出ている。

馬連配当は
3 け た……4回
1000円台…3回
2000円台…1回
3000円台…2回

人気薄の6、7番人気からそれぞれ1頭ずつ連対しているが、最高配当は2016年の3550円。フルゲート18頭(14、18年は17頭)立てでも波乱は起こっていない。

一方、3連単配当は4640円、1万円台、1万円台、3660円、23万円台、1万円台、8万円台、9万円台、1万円台、5600円。こちらも13年の23万馬券を除くと、ほぼ落ち着いた配当となっている。ちなみに3着は1、2、1、6、15、4、8、8、5、3番人気だった。

クラス別は重賞組が17頭、オープン特別組1頭、1000万下組2頭。重賞組が20頭中17頭を占めている。なお、3着馬を見ても8頭までが重賞組。オープン特別組以下からの臨戦馬には厳しいデータとなっている。

ステップは12連対のローズS組が他路線を圧倒。次いで、4連対で紫苑S(15年まではオープン特別)組の順。ローズS組は10回中8回で連対し、連を外した年も3着は確保。この組が馬券圏から消えたことはなく、馬券対象として無視できない存在となっている。

また、連対馬20頭の前走成績は【9.5.2.2.2.0】(1〜5着、着外)。掲示板を外した馬の巻き返しはなく、14頭が前走でも連対を果たしている。

出走間隔は中2週組1頭、中3週組12頭、1カ月組4頭、2カ月以上組3頭。最多12連対のローズS組が中3週のローテーションで、4連対の紫苑S組も1カ月。2カ月以上休養して参戦する馬は苦戦している。


◎……カレンブーケドールは前走の紫苑Sで0秒1差の3着。1番人気に応えることができなかったが、久々のせいか道中力んで走っていたようだ。スタートですっと好位に付けられる立ち回りの上手さは京都内回り向き。オークス2着のうっ憤を晴らしてラスト1冠を勝ち取る。

○……パッシングスルーは前走の紫苑Sで重賞初制覇。大外枠から二の脚を使って3番手で折り合い、直線のたたき合いを制した。春のG1に参戦はかなわなかったが、世代トップ級の能力を秘めている。

▲……前走のローズSをダノンファンタジーはレース最速の上がり33秒1で差し切り勝ち。クビ差の勝利だったが、前が止まらない高速馬場で差し切れたのは力の証だ。春のG1は4、5着だったが、ラスト1冠獲りに全力投球する。

△1……コントラチェックの前走オークスは、道中折り合い、余裕の走りに見えたが直線失速して9着。息の入らない流れで、距離2400Mも長かったか。全3勝が逃げ切り勝ち。ハナをたたければ簡単に止まらない粘りを発揮する。

△2……ブランノワールは3走前のチューリップ賞で0秒6差の6着。スローの流れに末脚を封じられ、敗退を喫した。その後は1、2勝クラスを連勝中で、特に前走の夕月特別は後続を3馬身ちぎる圧勝。人気薄だが、流れひとつで上位争いになる。

△3……前走の紫苑Sでフェアリーポルカは好位のインを追走。直線で鋭く伸びて2着を確保した。オークスで16着と大敗したが、そのうっ憤を晴らした。馬込みを苦にしない精神力は京都内回り向き。大駆けが期待できる。

Yahoo! toto

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 ダノンファンタジー
1 2 メイショウショウブ        
2 3 ブランノワール      
2 4 トゥーフラッシー        
3 5 クロノジェネシス  
3 6 ローズテソーロ        
4 7 ビーチサンバ    
4 8 カレンブーケドール    
5 9 シャドウディーヴァ      
5 10 シェーングランツ      
6 11 フェアリーポルカ      
6 12 レッドアネモス        
7 13 サトノダムゼル        
7 14 シゲルピンクダイヤ      
7 15 コントラチェック    
8 16 パッシングスルー      
8 17 エスポワール      
8 18 シングフォーユー        

買い目

大多1=5 1=8 1-7 1-15 5=8
綾恵5=9 5=1 5-10 5-17 9=1
山田1=5 1=7 1=14 5=7 5=14 7=14
たま8=16 8=1 8=3 8=11 8=15
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。