2019年4月28日(日)

11R

2019年4月28日(日) | 3回京都3日 | 15:40発走

第159回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はフィエールマン。

実績:★★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

昨年の菊花賞(G1)をデビュー4戦目の歴代最少キャリアで制した逸材。前走・アメリカJCC(G2)は2着に敗れたものの、熱発明けで一頓挫あったこと思えば悲観する結果ではない。この中間は順調にメニューを消化しており、仕上がりは万全。久々でも評価を下げる必要はない。クラシックホースに輝いた京都の長丁場で2つ目のG1タイトルを奪取する。

○対抗はエタリオウ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走・日経賞(G2)はマイペースで逃げたメイショウテッコンに届かず2着。これで7度目の2着と勝ち味に遅いが、いずれのレースも舞台不問で差のない競馬をしている。昨年の菊花賞(G1)ではフィエールマンとハナ差の接戦を演じ、長距離に対応。ステイゴールド産駒は当レース過去6年で4勝を挙げており、血統的な適性も高い。ステイヤーの血が騒げば、逆転の可能性もありそうだ。

▲単穴はユーキャンスマイル。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:(初距離)

前走・ダイヤモンドS(G3)を制し、初の重賞制覇。直線で馬群を割って力強く突き抜け、本格化をアピールした。折り合い面に不安がなく、スタミナも豊富。昨年の菊花賞(G1)は上記2頭に0秒2差及ばず3着に敗れたが、今の充実ぶりなら一角崩し以上の場面も。

△抑えはメイショウテッコン。△穴はクリンチャー。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

態勢万全、フィエールマン

平成最後のG1を締めくくるのは「第159回天皇賞(春)」。JRAのG1競走の中でも、長い歴史と伝統を誇る最高峰レースとして知られている。

平成最初の天皇賞・春(1989年)は武豊騎手が騎乗したイナリワンが優勝した。その後、平成2、3、4年と勝ち続けて4連覇し、「平成の盾男」と称された。その後もディープインパクト、キタサンブラックなどで勝利を重ねて8勝。ほかのジョッキーの追随を許さない強さを見せている。

しかし、平成最後のレースは香港遠征で参戦できない。ではどの騎手が「春」を制覇するのか。過去10年のデータからレース傾向を探ってみたい。

レースは12-4、2-4、7-3、14-3、2-3、4-3、2-7、2-13、1-4、2-1番人気の組み合わせで決まった。上位1〜3番人気の2、5、4連対は胸を張れる成績とはいえないが、上位人気が総崩れとなったのは09年の1回だけ。

馬連配当は
1000円台…2回
2000円台…2回
3000円台…1回
6000円台…2回
万 馬 券……3回

一昨年、昨年と1番人気が期待に応えて1000円台で堅く収まっているが、2けた人気が連対した09、12、16年には1万、6万、2万円台の高配当が出る波乱となっている。

一方、3着に5、16、5、2、6、12、10、3、2、4番人気が入線した3連単配当は、22万、91万、18万、145万、11万、21万、23万、24万円、3780円、1万円台。こちらも145万馬券が飛び出すなど、大荒れとなっている。

連対馬のステップは6連対で大阪杯組と日経賞組が並び、阪神大賞典組5連対、京都記念組2連対、ダイヤモンドS組1連対の順。G1組とG2組が20頭中19頭を占め、G3組以下からの連対は厳しくなっている。

また、前走成績は【10.4.2.4】(左から1〜3着、着外)。連対馬の80%が3着以内に好走し、着外の4頭は5、6、10、13着からの臨戦。前走で馬券対象となっていることが連対への理想となっている。

東西対決は関東馬が45頭出走して6連対(連対率13%)、関西馬は128頭で14連対(同11%)、地方馬・外国馬は4頭で連対なし。関東馬は連対数で関西馬に見劣るものの、率で逆転している。

年齢別は4〜8歳上馬が4、8、6、1、1連対。連対率はそれぞれ9、17、17、5、4%。7歳以上の高齢馬は割り引きが必要となる。

最後に前走の斤量を見ると、
59キロ………2頭
58キロ………5頭
57キロ………7頭
56キロ………6頭
55キロ以下…0頭

55キロ以下の斤量で連対はなく、3着を見てみても10頭中8頭がこの条件をクリア。エタリオウなど4頭には気になるデータとなっている。


◎……本命にフィエールマンを推す。年明け初戦のアメリカJCCはレース最速の上がりで追い込んだものの、アタマ差の2着。やや物足りない結果となったが、熱発の影響で体調がひと息だったことを思えば、悲観する競馬ではない。3カ月ぶりの実戦は菊花賞とほぼ同じ間隔。2個目のG1奪取に態勢は万全だ。

○……ここ2戦のリッジマンは12、6着に敗退。有馬記念は相手が強く、前走は3カ月ぶり、緩い馬場も合わなかった。昨年のステイヤーズSは好位追走から先行勢を一気に2馬身半突き放した。一度使われて前進は確実。良馬場なら、ここでも通用する。

▲……エタリオウはデビューから10戦して【1.7.0.2】。1勝馬ながら、昨年の菊花賞では勝ち馬と同じ上がりでハナ差の2着とG1級の末脚を発揮した。今年初戦の日経賞は勝ち馬に逃げ切られたが、2着は確保した。そろそろ「最強の1勝馬」の呼び名を返上したい。

△1……前走のグローリーヴェイズは直線で馬群をさばいて抜け出し、持久力戦の流れにも対応した。関東馬ながら京都の外回りコースで4戦して、2、4、5、1着。ここ4戦はすべて3カ月ぶり。今回も1月以来の実戦となるが、久々に不安はない。

△2……ユーキャンスマイルは前走のダイヤモンドSをレース最速の33秒4の末脚で追い込んで2馬身半差の快勝。勝ちっぷりが良く、成長力を感じる内容だった。ここ3戦の3000M以上戦で3、2、1着。スタミナ戦は得意だ。

△3……メイショウテッコンは強さともろさが同居するが、前走の日経賞を堂々と逃げ切り勝ち。以前と比べると、精神面での成長がうかがえる内容だった。同型馬との兼ね合い次第だが、現在は充実一途。この舞台でも十分押し切りは可能だ。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 チェスナットコート      
2 2 エタリオウ
3 3 リッジマン      
4 4 ヴォージュ        
4 5 メイショウテッコン    
5 6 カフジプリンス        
5 7 グローリーヴェイズ  
6 8 パフォーマプロミス      
6 9 ユーキャンスマイル  
7 10 フィエールマン
7 11 ケントオー        
8 12 クリンチャー      
8 13 ロードヴァンドール        

買い目

大多10=2 10=9 10-5 10-12 2=9
綾恵7=2 7=10 7-1 7-9 2=10
山田7=10 7=2 7=8 10=2 10=8 2=8
たま10=3 10=2 10=5 10=7 10=9
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。