IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2019年1月13日(日)

11R

2019年1月13日(日) | 1回京都4日 | 15:45発走

第66回日経新春杯(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

予想

◎本命はムイトオブリガード。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:良・2.22.9

芝の長距離に狙いを定め、昨年だけで4勝と充実一途。崩れたのは格上挑戦した阪神大賞典(G2)のみで、前走・アルゼンチン共和国杯(G2)では0秒1差2着の接戦を演じている。脚質自在の器用なタイプで、コンスタントに上がり最速をマークするなど末脚も堅実。得意の2400M(3戦3勝)でタイトル奪取に期待がかかる。

○対抗はグローリーヴェイズ。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★  順調度:★★★★★★★  時計:(初距離)

前走・菊花賞(G1)は12番人気の低評価ながら0秒5差5着に健闘。終始外を回りながらも後方から鋭く追い込み、初の長距離戦でステイヤーの資質を感じさせた。小柄なだけに、斤量2キロ減のハンデ55キロはプラスに働きそう。傑出馬不在のメンバー構成となっているため、勝機は十分にありそうだ。

▲単穴はアフリカンゴールド。

実績:★★★★★★  距離・コース:★★★★★★★  順調度:★★★★★★  時計:良・2.26.8

2400Mの前々走・兵庫特別(1000万下)が圧巻の内容。離れた2番手でスムーズに折り合うと、直線では余力十分に4馬身突き抜けた。前走・菊花賞(G1)後は休養を挟んで立て直しを図り、仕上がりも上々。格上挑戦とはいえ、軽ハンデ52キロなら無視できない。

△抑えはルックトゥワイス。△穴はシュペルミエール。


たまちゃんの今週のワンポイントアドバイス

一気の逃げ切り、メイショウテッコン

過去10年、連対馬は11-3、2-1、2-3、1-3、10-1、2-1、6-10、2-1、1-2、1-4番人気で決まった。上位1〜3番人気は7、5、3連対と上々の成績だが、6番人気以下からも4頭が連対している。

馬連配当は
3 け た……6回
1000円台…1回
4000円台…1回
万 馬 券……2回

1万5190円と1万150円の万馬券が2009年と15年に出ているが、2000円未満の堅い配当も7回。荒れるか堅いかの見極めが必要となっている。

一方、3着に4、12、1、8、4、4、7、4、4、7番人気が入線した3連単配当は、21万円台、8万円台、3250円、9250円、6万円台、4700円、20万円台、6550円、5040円、3万円台。こちらも馬連万馬券の年に20万円台の高配当で決着しているが、4けた配当も5回あり、波乱と堅い配当が混在している。

連対馬20頭のクラス別は、重賞組14頭、準オープン組4頭、1000万下組2頭。格上の重賞組が70%を占めているが、条件組からも6頭が連対している。なお、前哨戦の成績を見ると、条件組はすべて1着からの臨戦馬。一方、重賞組は前走成績に関係なく巻き返しが可能となっている。

路線別はオリオンS組が3連対でトップ。これに2連対で有馬記念組、菊花賞組、中日新聞杯組が続いている。

年齢別は4〜7歳以上馬が11、6、3、0連対。連対率は33、19、10、0%。明け4歳馬が強く、7歳以上馬は苦戦している。


◎……今年は荒れるとみて本命にメイショウテッコンを推す。前走の菊花賞はスタートで後手に回り自分の競馬にならなかった。2走前の神戸新聞杯はダービー馬を相手に0秒1差の3着。ハナさえ切れば簡単には止まらない。

○……ムイトオブリガードは昨年の青嵐賞を差し切り勝ち。走破タイムは同日のダービーよりも0秒7速かった。前走のアルゼンチン共和国杯は2着だったが、長距離戦は得意中の得意。3戦3勝の2400M戦で重賞初勝利を狙う。

▲……初重賞挑戦だった2走前のアルゼンチン共和国杯でルックトゥワイスは8着。出遅れて後方に置かれ、スローペースでは仕方なかったか。前走は準オープンだったとはいえ、後続を3馬身突き放す圧勝。スタート五分ならチャンスはある。

△1……グローリーヴェイズは2走前に佐渡Sを1分56秒6で勝ち、前走の菊花賞でも5着。ハイレベルの4歳世代だが、新潟2000Mの勝利を見ると、本質的には中距離向きで、たたき良化型。馬券的には狙いを下げたい。

△2……アフリカンゴールドは先行して抜け出す競馬で500万下、1000万下と連勝。前走の菊花賞では良さを出せなかったが、2走前の2400M勝ちはラスト2ハロンを余裕の11秒台でまとめた。準オープンの身だが、52キロなら大駆けもある。

△3……シュペルミエールは約1年8カ月の休み明けを使われ、2走目の前走で準オープンを勝利した。復帰戦で2着に敗れた時の勝ち馬アドマイヤエイカンは次走ステイヤーズSで2着。潜在能力の高さは明らか。57.5キロから2.5キロ減のハンデを生かせれば上位争いに浮上する。

予想印

馬名 大多 綾恵 山田 たま
1 1 マサハヤドリーム        
1 2 グローリーヴェイズ
2 3 エーティーサンダー        
2 4 アフリカンゴールド    
3 5 シュペルミエール  
3 6 サラス        
4 7 ガンコ        
4 8 ウインテンダネス    
5 9 ケントオー        
5 10 ルックトゥワイス    
6 11 ノーブルマーズ      
6 12 メイショウテッコン    
7 13 ダッシングブレイズ        
7 14 アイトーン        
8 15 ロードヴァンドール        
8 16 ムイトオブリガード

買い目

大多16=2 16=4 16-5 16-10 2=4
綾恵16=12 16=2 16-5 16-8 12=2
山田2=16 2=8 2=11 16=8 16=11 8=11
たま12=16 12=10 12=2 12=4 12=5
※「=」は馬番連単の表裏買い、「-」は一方のみ買いです
結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。